リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    休み

    Max_EzakiDSC_0310_TP_V (1)


    1: 名無しさん@引く手あまた 2016/05/18 09:51:51.69 ID:Z0IFl6EP0.net
    年間休日150日、それ以上休んでいる人もいるとか。
    日本もそれくらい有ったら良いのにね。
    【【羨ましい】ドイツの年間休日って150日らしいなwwww】の続きを読む

    SEPsts_TP_V
    1: ノチラ ★ 2017/07/12 14:59:46.96 ID:CAP_USER.net
    働いた時間ではなく、成果で年収が決まるいわゆる「残業代ゼロ」制度の導入をめぐり政府が、年間104日以上の休日の確保を義務づける方針であることが明らかになった。

     「残業代ゼロ」制度は、年収1075万円以上で高度な専門知識を持つ人を対象とするもの。政府は2015年、この制度の導入を柱とする、労働基準法改正案を国会に提出しているが、野党や労働組合の全国組織「連合」は、「長時間労働を助長しかねない」と反発していた。

     そのため政府は、年間104日以上の休日の確保を企業に義務づけることや、一般的な営業職を明確に対象外とすることなど修正する方向で調整を進めている。

     「連合」の神津会長が週内にも安倍首相と協議する予定で、政府は秋の臨時国会で成立を目指す方針。
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170711-00000053-nnn-pol
    【年間休日104日以上義務へ「残業代ゼロ」制度】の続きを読む

    COW121035339_TP_V


    1: イセモル ★ 2017/04/30 20:42:41.34 ID:CAP_USER9.net
    寝る。趣味へ没頭。体を動かす。休日の過ごし方は人それぞれだと思うが、世界各国の人々はどのような休暇の過ごし方を好むのだろうか――。ドイツに本拠地を置く世界有数のマーケティングリサーチ会社「GfK」が世界17カ国、15歳以上の男女2万2千名のネットユーザーに向けて、お気に入りの休暇について調査を行った。

    調査対象国は、 アルゼンチン、オーストラリア、 ベルギー、ブラジル、 カナダ、中国、フランス、ドイツ、イタリア、日本、メキシコ、オランダ、ロシア、韓国、スペイン、イギリス、アメリカ合衆国の17カ国。

    質問内容は、「ゆったりのんびりする休暇」と「体を動かしアクティブに活動する休暇」のどちらが好みか尋ねたところ、59%が「リラックスできる休暇」を好むと回答し、「活動的な休暇」(35%)を上回る結果となった。「どちらか分からない」と答えた人は6%だった。


    「リラックス休暇」を好む国の上位3カ国は、ブラジル(71%)、韓国(66%)、日本(66%)。「アクティブ休暇」を好む国の上位3カ国は、イタリア(45%)、フランス(44%)、スペイン(43%)だった。

    就労時間が長い日本と韓国の人々がリラックスしたいというのは身をもって実感できる人は多いだろうが、リラックス休日トップがブラジルというのは驚きだ。欧州ではアクティブな休暇のために仕事を頑張るという人の割合が多いことがうかがえる。

    私たちが住む日本においては、「リラックスできる休暇」を好む割合が66%と調査国の中では高かった。だが、小さい子供がいるか、いないかでその傾向に変化あり。5歳以下の子供を持つ人は、「リラックスできる休暇」を好むとした割合は57%、「活動的な休暇」を好む割合が40%に上昇。つまり、小さな子供がいる家庭では子供のためにアクティブな休日を過ごし、一方、年齢が上がるにつれてその傾向は減少している。

    子供に合わせて休暇のタイプを変えているのが日本人の特徴だ。日本のお父さんたちは家族・子供のために働き、そして子供たちの笑顔のために休日もフル活動。お父さんの働きぶりに敬意を払いたい。お父さん側から言わせれば、「家族があるから私は頑張れるという声も」。家族を持つことはまさにwin-winの関係なのかもしれない。(久保圭大郎)

    http://www.zaikei.co.jp/sp/article/20170430/367502.html
    【世界各国の休日の過ごし方は?日本のパパの特徴とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ