リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    ファッション

    no title
    1: 海江田三郎 ★ 2016/08/28 17:09:15.65 ID:CAP_USER.net
    http://gori.me/news/culture/89258

    http://gori.me/wp-content/uploads/2016/08/suit-jersey.jpg http://gori.me/wp-content/uploads/2016/08/suit-jersey-2.jpg


    デザイナー森永邦彦氏が手がけるブランド「ANREALAGE(アンリアレイジ)」が8月26日に新店舗
    「ANREALAGE AOYAMA」を出店。オープンを記念して「keisuke kanda(ケイスケカンダ)」と「asics(アシックス)」と協業し、
    スーツとジャージーのコラボレーションアイテムを発表した。

    このジャージー型スーツがどう見てもジャージーだと話題だったので、紹介する!
    コンセプトは「サラリーマンをスーツから解放する」
    軽量感、吸汗速乾、UVカット加工を施したアシックスの多機能素材、アンリアレイジが得意とするテーラリング、
    ケイスケカンダが得意とするリメイクワーク、それぞれの長所がひとつに凝縮されたアイテムとなっていて、
    ジャージーのストライプには3社のロゴが並んでいる。

    コンセプトは「サラリーマンをスーツから解放する」。特設ページには「スポーツとファッションが結びついて
    新しい景色がみれることを願っています」 と書かれている。

    モデルが着用した写真を見てみよう。僕はアシックスの靴は大好きだが、
    ジャージーは無駄にロゴが主張するのであまり好みではない。今回のコラボ商品もなぜかアシックスのロゴに
    残り2社のロゴを加えてしまったため、必要以上にジャージー感が出てしまっている。これ、ストライプがなかったらもう少しスーツに見えるかもしれないのに……。

    スーツ型ジャージー
    ジャケットは64,800円、パンツは38,880円、スニーカーは35,640円。シャツは30,240円、ネクタイは10,582円、
    靴下は2,700円で販売されている。山田孝之が主演の極めてシュールなPVが公開されているので、併せてどうぞ!
    【【アシックス】ジャージ型スーツが発売されるwwwwww】の続きを読む

    gori0I9A3276_TP_V


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/02 23:12:22.10 ID:0hoBd+Qi0.net
    予算は10万前後
    【【教えて】30代ビジネスマンにふさわしい腕時計は何?】の続きを読む

    suzu201606080I9A6741_1_TP_V


    1: 海江田三郎 ★ 2016/11/21 10:03:34.34 ID:CAP_USER.net
    http://diamond.jp/articles/-/105468

    ?ビジネスマンの装いは、相手に「信頼感」を与えることを徹底的に追及しなければなりません。
    つまり、スーツの着こなしがNGだと出世もおぼつかなくなることもあるのです。スーツの着こなしで人生を棒に振らないよう、
    『永久保存版「スーツ」着こなし事典』(朝日新聞出版刊)で紹介した、ビジネスマンの基本中の基本と呼べる10の鉄則をお教えしましょう。


    (抜粋)
    1.大は小をかねないと認識すべし
    「窮屈は嫌い!」と、ついつい大きめのスーツを選んでいませんか??あるいはモードなテイストを意識して、
    ピタピタに細いスーツを着てみたり……。これ、ふつうのビジネスシーンでは絶対にNG

    2.ボタンを全部とめるのはヤボの極み

    3.紺か灰色、柄はストライプさえあればいい
    実は欧米のエグゼクティブたちは「黒いスーツ」をまず着ません。こと日本においては黒が完全にNGというわけではありませんが、品の良さでは紺か灰色に軍配があがります。

    4.シャツ選びはミリ単位までこだわるべし
    スーツと同じくシャツにも適正サイズがあります。MとかLといったサイズ表記ではなく、首周りの長さでサイズを識別するのが基本です

    5.タイはコンパクトにギュッと結ぶ
    6.Vゾーンの柄は2つまで
    7.ポケットチーフでスーツ姿を格上げ
    8.靴は黒のストレートチップが必携
    9.ベルトの色は靴の色とそろえなければならない
    10.靴下は紺か灰色で、スーツと合わせるべし
    【【必見】スーツの着こなしと出世の密接な関係、ビジネスマン10の鉄則】の続きを読む

    YUKA160322000I9A4287_TP_V


    1: 野良ハムスター ★ 2017/05/08 08:09:58.10 ID:CAP_USER9.net
    働く女性の活躍を企業に促す女性活躍推進法の施行から1年。

    ファッションの面でも、働く女性の目線で企画されたパンツやジャケットなど使い勝手のいいアイテムが充実してきた。

    おしゃれ心に加え、女性ならではの発想から生まれた機能性が特徴だ。(高橋天地)

    ■透けないパンツ

    東武百貨店(東京都豊島区)に出店する婦人服ブランド「LAUTREAMONT(ロートレアモン)」では、
    20~40代の働く女性をターゲットにした白の新作パンツ「エアリードライパンツ」(1万7280円)が好評だという。

    夏へと向かうこの時期、女性は白などの涼しげな色のパンツをはきたくなっても、下着のラインや色の透け、
    座ったときの汗ジミが気になり、敬遠することも多いようだ。この新作はそんな悩みを解決した。

    素材はポリエステル80%、綿14%、麻6%。

    ドライなタッチながらも、程よくソフトな風合いで、軽いはき心地。黒い下着をはいても透けない透け防止も施されている。
    膝下のラインははり感を軽減させる仕上げで、すっきりとしたシルエットを実現した。

    このほか、しゃがんだときの腰浮きで下着を他人に見られてしまう悩みも、ゴムを使った独特な加工で解消することができた。

    同店婦人服部の川村みゆきさんは「女性が抱きがちな悩みを、一つずつうまく解消できたことが好評の理由ではないか」とみている。

    http://www.sankeibiz.jp/images/news/170507/ecc1705071312002-p1.jpg
    http://www.sankeibiz.jp/econome/news/170507/ecc1705071312002-n1.htm

    ★1の立った日時:2017/05/07(日) 19:16:26.69
    前スレ https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1494152186/
    【【働く女性】「夏はパンツが透ける、しゃがむと下着が見える」を解決した商品が大人気!】の続きを読む

    0I9A356715032124yuuki2_TP_V
    1: ののの ★ 2017/05/26 23:06:43.41 ID:CAP_USER.net
    http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170526-OYT8T50014.html?from=y10


    経済ジャーナリスト 高井尚之、メディア局編集部
    2017年05月26日 18時30分

    仕事用のカバンとしてリュックサック(ビジネスリュック)を利用する男性が急増している。かつては20~30代が多かったが、最近は中高年の利用者も目立つ。ついにはビジネス向けのランドセルまで登場し、大人気となっている。男たちがカバンを背負って通勤するようになった事情や、ビジネスリュックの最新トレンドをリポートする。
    即日完売「大人ランドセル」

    土屋鞄製造所が数量限定販売している「OTONA RANDSEL(大人ランドセル)」

     「OTONA RANDSEL(大人ランドセル)」。東京のランドセルメーカー・土屋鞄製造所が発売したバッグが今、そのものズバリのネーミングも手伝って、ビジネスマンらの間で絶大な人気を博している。

     素材は本革で、子供用ランドセルだと約18センチある厚さ(マチ幅)を、大人ランドセルでは約10~11センチまで薄くした一方、A4サイズのファイルやノートパソコンなどがピッタリ入るよう、縦長(縦37センチ、横27センチ)の形状にした。子供用は全体的に丸みを帯びたデザインなのに対し、大人ランドセルはシャープな印象を与える箱形に仕上げ、高級感を演出した。また、通勤中などにわざわざフタ(かぶせ)を開けなくてもカードケースや財布などが出し入れできるように「前ポケット」を設けるなど、ビジネスバッグとしての使い勝手も追求している。価格は10万円(税込み)だ。

     同社は、1965年から子供向けにランドセルの製造を手掛けてきたが、「丈夫で機能的という長所を大人向けのバッグにも生かしたいという思いで、数年前に開発を始めた」(同社広報室・清野智子さん)。創業50周年の2015年11月に記念商品として発売し、以来、約2か月ごとに数量限定で受注販売している。いずれも注文の受け付け開始とともに予約が殺到し、今年4月に注文を受け付けた際には、約200個が即日完売した。購買層は20代から70代までと幅広いが、中心は30~40代だという。

    http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170526-OYT8T50014.html?page_no=2&from=yartcl_page

    自転車通勤、スマホの普及で需要増える

     大人ランドセルが世に出たのは、ビジネスマンらの間で、リュックを背負って通勤するスタイルが浸透したことと大いに関係がある。

     2000年代に入る頃から、ノートパソコンの持ち運びが楽なリュックを利用するビジネスマンが増えたが、その傾向が顕著となったのはここ数年だ。11年の東日本大震災以降、自転車通勤をする人が増えたことや、スマートフォンが普及したことなどから、両手が空くリュックのニーズが高まった。また、クールビズの定着とともにビジネスファッションのカジュアル化が進み、通勤時などにリュックを背負うスタイルへの違和感が薄れたことも一因とされる。

    エースの「EVL-3.0」リュックタイプ(左)と3WAYタイプ
    エースの「EVL-3.0」リュックタイプ(左)と3WAYタイプ
     ビジネスリュックの需要の急拡大を受けて、大手バッグメーカーのエース(本社・東京)も、「品ぞろえを増やすなどして販売に力を入れている」(同社マーケティング部・森川泉さん)と話している。同社は、11年から16年までの5年間で、ビジネスリュックの販売個数が約5倍に増えた。

     今年2月には、背負った時の快適さを追求したビジネスリュックの新商品「EVL(イーヴイエル)-3.0」(価格・2万3000~3万5000円=税別)を発売した。肩に掛ける部分(ショルダーハーネス)の裏面に帝人が開発した特殊な繊維素材を使用しており、背負った時に肩からずれにくく、摩擦による服の傷みも起きにくいという。

    (続きはソースで)
    【ビジネスマンがランドセルで通勤し始めた理由】の続きを読む

    ZOM93_nekutaidanshi20140503_TP_V
    1: ののの ★ 2017/05/31 14:03:36.07 ID:CAP_USER.net
    http://style.nikkei.com/article/DGXMZO16216550R10C17A5000000?channel=DF060420172333

    ファッションコンサルタント / 評論家 黒部和夫
    2017/5/31

    https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2Fcontent%2Fpic%2F20170531%2F96958A9F889DE3E4E0E3E4E7E7E2E3E3E2E7E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXZZO1621657011052017000000-PB1-40.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&ixlib=php-1.1.0&w=630&s=1b9a4ba30dd82895c153c5657bcd1ded
    イタリアファッション界の著名人、リーノ・イエルッツィさん(左)と筆者
     人の第一印象は最初の5秒程度で決まると言われています。この短い瞬間にできることといえば、(1)口角を上げた笑顔、(2)元気な挨拶、(3)身に着けている服装、くらいでしょう。

     またアメリカの心理学者、アルバート・メラビアン氏の研究によると、人の印象が影響を受ける比率は、(1)視覚情報(外見、表情)55%、(2)聴覚情報(話し方、声の大きさ)38%、(3)言語情報(話しの内容)7%――という結果でした。実際の話しの中身ではなく、外見やしゃべり方が9割以上の影響を与えているのです。まさに「人は見かけによる」といえるでしょう。

     私がアパレル会社に勤めていた当時、出張先のアメリカでのぞいた書店では、すでに1980年代から、ビジネスで成功するためのハウツー本が多く店頭に並んでいました。仕事のできるビジネスエリートやキャリアウーマンは当然、戦略的に服装に気を配るべきである――という意識が当時から非常に高かったのです。日本の書店でも近年、「外見力」「パーソナルスタイリング」というテーマの本が目につくようになりました。

     パーソナルスタイリングサービスも相次いで登場しています。これはファッションの購入時にスタイリストが同行して個々にアドバイスする新しいビジネスです。ヘアスタイルやグルーミングもトータルに見てくれるものや、自宅のワードローブチェックをしてくれるものなど、非常に進化をしています。東京・銀座に4月20日開業して話題を呼んでいる商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」にある上顧客のためのプレミアムラウンジ「LOUNGE SIX」でも、パーソナルスタイリングのサービスを提供しています。

    https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2Fcontent%2Fpic%2F20170531%2F96958A9F889DE3E4E0E3E4E7E7E2E3E3E2E7E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXZZO1621658011052017000000-PN1-40.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&ixlib=php-1.1.0&w=378&s=47ea89ba11e23cfceec3834b580e2c8d
    筆者も愛用するラボ・シリーズの男性用スキンケア用品
     男性用スキンケアでも「LAB SERIES(ラボ シリーズ)」の「マックスLS Vセラム」のように高額でも肌にハリを与える効果をうたう美容液が注目されています。女性に比べて男性の皮膚は厚く皮脂も多いのが特徴で、男性に特化した商品開発が進んでいるのです。

     「外見力」とは文字通り、見かけや服装の印象を向上させる力のことをいいます。企業間大競争時代を迎え、社員の営業力向上のために「外見力」の研修や社内セミナーの開催も増えています。国際的な仕事の舞台でも有力な「ノンバーバル(非言語)コミュニケーション」として重要性を増しています。顧客様の好感 → 共感 → 信頼 →リピート に結び付けるスパイラルは、あらゆる企業に共通する目標なのです。

    ■「外見力」を高めれば、楽しい人生が待っている

     また異性にも好感を持たれた方が人生を楽しめるのは当然のことでしょう。イタリアの男性はこの点で徹底していると思います。仕事でもプライベートでも「外見力」の向上はライバルに勝つ強力な味方になってくれるのです。

     ではどのようにすれば「外見力」は向上するのでしょうか?

     難しくはないのですが、いくつかの知識やスキルを身に付ける必要があります。

     まず手っ取り早く効果が極めて高いのが正しいサイズのスーツを身に着けることです。ビジネスパーソンにとってスーツは鎧(よろい)であって、本来男性を最も魅力的に見せるアイテムだと私は思います。

    (続きはソースで)
    【【メラビアンの法則】ライバルに勝つ「外見力」を身につけろ!】の続きを読む

    PAK86_kuzureochiru20140713_TP_V


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17 09:35:50.530 ID:ANjuoF9U0.net
    5日間着る用に4着を着まわしてるんだが1週間で4,500円かかるwwwww

    なんとかならんかこれ…
    一ヶ月何もせんでも1.8万円wwww
    【みんなどうしてる?スーツのクリーニング代が高いおwwww】の続きを読む

    150711389552_TP_V


    2: 40代メタボ 2016/08/11 17:09:15.56 ID:S+2VYNMI.net
    ここ数年健康診断で毎年引っかかってる40代のメタボおやじです。
    要観察から検査検査になるようになりました。
    主に肝機能のとこで毎年ひっかかってます。
    【【健康診断】40代メタボなサラリーマンの挑戦【怖い】】の続きを読む

    suzu201606080I9A6744_1_TP_V


    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/22 11:56:36.16 ID:CAP_USER.net
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20160717-00060054/

    2005年から始まった「クールビズ」は、10年以上が過ぎました。室温「摂氏28度」でも能率的に仕事ができるようにと考えられた
    「ノーネクタイ、ノージャケット」のクールビズの発想は、多くのサラリーマンに受け入れられ、瞬く間に普及しました。
    おそらく誰もがお気づきでしょうが、クールビズが普及したのは、その服装のほうが「ラク」だからです。エコ対策というのは建前であり、
    室温を28度以上にしないオフィスでも、ラクな服装をしているサラリーマンが大半です。

    とはいえ、見かけの「強さ」は、説得効果に大きく影響します。
    「権威の原理」という言葉をご存知でしょうか。権威のある人(ありそうな人)には説得されやすいという心理現象を指しています。
    たとえば、ある30代の男性に何か頼まれたと仮定します。その男性の服装が、

    ● くたびれたジャージにスリッパ
    ● ポロシャツにジーンズ
    ● スーツにネクタイ
    ● 警備員の制服
    上記の4種類によって、説得効果は異なります。まったく同じ男性であっても、「警備員の制服」を着用している人から依頼されたほうが断りづらい、
    という統計が出ているのです。要するに人から軽く扱われたくないなら、「軽く見られない服装」をすることが重要です。つまりだらしない服装をすることはご法度。
    (これを「ユニフォーム効果」と呼びます)
    仕事上、人を説得・リーディングすることが多い人(管理職や営業職)にとって、服装はとても重要なアイテムです。
    「ラク」だからといって軽視するわけにはいきません。服装は「ラク」になっても、部下やお客様が動いてくれなければ、本当の「ラク」は手に入らないからです。
    歴史的に見ると、もともと下流階級ほど「薄着」をし、上流階級になるほど「厚着」する傾向があり、これはスーツ発祥の地、
    イギリスをはじめとした西欧のみならず、世界の広範囲で見られるものです。つまり洋服を着込むのはパワーがある証拠とみなされてきたのです。
    人間に対する心理効果は、人間が進化・退化しない限り、不変のもの。服装に対しても、同じことが言えますね。
    「軽く見られる人」というのは、精神的弱さが見える人です。難しい試験を合格することができない。スポーツでも結果を残せない。
    大勢の人前で話すとき緊張してしまう。苦手な人の前ではうまく話すことができない。何をしても長続きしない……。こういう人が、他人から軽く扱われるのです。
    とはいえ、困難なことを乗り越えて何らかの結果を出したり、面倒なことを継続するのは骨が折れます。しかし、スーツを着て、
    ネクタイを締めることは、100%誰でもできます。なぜなら、クールビズの期間以外は誰でもやっていることだからです。

    環境省が設定するクールビズの期間は、現在5月1日~9月30日の【5ヵ月間】。
    5月1日から、ネクタイをとり、ジャケットを脱ぎ、半袖シャツにしなければいいだけの話。夏用の涼しいシャツやスーツに衣替えすることはあっても、
    4月30日までと同じようにネクタイを締め、ジャケットを羽織ればいいのです。たったそれだけのこと。(一度脱いだらダメ。もう一度着こむのは困難でしょう)
    12ヶ月のなかで5ヵ月間、軽く見られる服装に変えるのか。それとも、精神的強さが感じられる服装のままにいるのか、の選択です。
    「精神的強さを見せろ」ということではありません。周りが勝手に精神的弱さをさらけ出す服装をするのを拒否するだけ。簡単なことです。
    とはいえ、オフィスで働いている以上、周囲とのコントラストも気にするでしょうから、お勧めするのはジャケットを脱ぐぐらいはしたほうがいいかもしれません。
    通勤では、必ずジャケットは羽織るか、手に持っていきます。オフィスでは、ジャケットを脱いでもいいでしょう。その代り、
    パリッとした長袖シャツを着て、ネクタイをキチンと締めておきます。ネクタイは、夏に似合う淡い色のピンクやブルーでいいかもしれません。
    長袖シャツとネクタイをすることで、ラクではないでしょうが、暑くて仕事に集中できない、などということはないはずです。

    説得効果を高めるうえでも、ラクではない服装をすることは効果があります。人から軽く見られたくない、という人は、今すぐクールビズをやめてみましょう。

    横山信弘
    経営コンサルタント
    【お客に軽く扱われる「クールビズ」をすぐにやめなさい!】の続きを読む

    suzu201606080I9A6765_1_TP_V


    1: 和三盆 ★ 2017/05/02 02:05:16.21 ID:CAP_USER9.net
    1日から始まった「クールビズ」の商戦が本格化し、百貨店が集客に知恵を絞っている。洗える靴やバッグを販売するなど、需要の掘り起こしに懸命だ。

     高島屋日本橋店(東京都中央区)の目玉は「水洗いできる」商品だ。ジャケット(税込み5万4000円)や革靴(2万円ほど)、牛革バッグ(4万5360円)を取りそろえた。特設売り場では、蛇口から靴の中に水を流す演出も始めた。バイヤーの不破健さんは「臭いや蒸れを解消し、清涼感が生まれる」と話す。

     そごう・西武は、通常より裾を5センチほど上げた紳士用のパンツ(1万~3万円程度)を提案。「足元から涼しさを取り入れて」(広報)と売り込む。京王百貨店は夏でもネクタイを締める機会を想定し、裏地のない軽量ネクタイ(1万800円)の販売に力を入れる。

    (ここまで337文字 / 残り121文字)
    2017年05月01日 21時46分 読売新聞

    続きはWebで
    http://yomiuri.co.jp/economy/20170501-OYT1T50091.html?from=ytop_ylist

    http://yomiuri.co.jp/photo/20170501/20170501-OYT1I50045-1.jpg
    【【商戦本格化】クールビズの目玉は「水洗い」…革靴も洗えます【今年の傾向】】の続きを読む

    このページのトップヘ