リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    結婚・交際・家族

    MAX87_burankodekodoku20140531_TP_V


    1: ノチラ ★ 2018/04/10(火) 03:49:18.82 ID:CAP_USER
    日本の子育てが大変なのはなぜ? 母親がだらしないのか? 育児不安をもたらすものは何か? 家族社会学が専門の落合恵美子・京都大学教授が、この半世紀に起きた変化を指摘する。

    子育てが大変なのは日本だけ?
    子育ては大変だ。

    その責任と負担の重さに、育児不安や育児ノイローゼと呼ばれる精神状態に陥る母親も少なくない。しかし子育てという重要任務を担う以上、それはある程度やむをえないことだ、逃れえないことだ――という「常識」を信じ込まされてはいないだろうか。

    わたしもかつてはそう思っていた。

    そこで、海外調査を始めた。他の国の母親たちはどのようにしてこの問題に対処しているのか、と。

    しかし、「育児不安ってありますよね?」と質問を始めようとしたとたん、つまずいてしまった。

    育児不安とか育児ノイローゼという状態を理解してもらえない。

    日本では子育てに専念している母親が孤立感と重圧で苦しんでいると説明しても、育児と仕事の両立で忙しくて悩んでいる例はあるけれど、子育てだけをしていて苦しいなんて聞いたことがない、という反応しか返ってこない。

    アメリカでも、ヨーロッパでもそうだった。東アジアや東南アジアの国々でも。中国では、「だって子育てって楽しいことでしょう? みんな子育てがしたくて、両方のおじいさんもおばあさんも子どもの取り合いしてますよ」と笑い話になった。

    そんな経験を重ねるうち、わたしの中で「常識」が逆転した。

    そうだ、子育ては楽しいことだった。子育ては大変だ、とここまで思い詰めているのは日本だけじゃないか。

    日本は世界の特異点なんじゃないかと。日本ではなぜこれほど子育てが大変になってしまったのか、その原因を解明することが、新たなプロジェクトとなった。

    「昔の母親は偉かった」という決まり文句
    さあ、ここで考えてみよう。日本の子育てはなぜ大変なのだろうか?

    「それは日本の母親がだらしないからさ」

    どこからか、そんな声が聞こえてくるような気がする。

    遡れば1980年代、わたし自身が子育てで一生懸命だった頃、「育児ノイローゼ」が社会問題になった。

    その時、沸き起こったのが、若い母親世代へのバッシングだった。都会育ちで苦労を知らないからそんなことになる。偏差値世代は育児書に頼りすぎるからだ。

    そして決まり文句の「昔の母親は偉かった」。昔は家族だけで立派に子育てしていたのだから、今もできないはずはない、と言われた。

    自分が批判される立場の若い母親であり、社会学者の卵でもあったわたしは、なにかおかしいと思った。そこで兵庫県の委託調査をさせていただいた機会に、自分と同じ2歳児を抱える家族の調査を実施した。

    そしてその結果を、1960年代に社会学者の森岡清美先生たちが東京郊外で実施した調査結果と比べた。立派だったと言って引き合いに出されるのは、だいたい1960年代の母親や家族だったからだ。

    そして二つのことを発見した。

    第一に、1960年代の幼児を抱えた母親たちは、近隣の人たちとあまり付き合わず「家族だけで」子育てしていたように見えるが、実は別世帯に住む自分の姉妹たちと頻繁に協力し合っていた。

    これはわたし自身の子ども時代の経験とも合致する。田舎から出てきて東京各地に住み着いた母の姉妹たち4人は、毎週のように互いを訪問し合っていた。そのたび、わたしもいとこたちと顔を合わせ、きょうだいのように遊んだ。

    「家族だけで」と言っても、その「家族」の範囲が今よりずっと大きかったのだ。正確に言えば、「家族」というより、「親族ネットワーク」だった。

    しかし、1980年代に母親になったわたしたち世代では、4人や5人きょうだいのいる人はめったになかった。せいぜい2人。頼ろうにも、きょうだいがいない。

    親族による育児サポートとして、きょうだいの支援をあげる人はほとんどおらず、親族で頼れるのは子どもにとっての祖父母だけになっていた。

    祖父母はいくらがんばってくれても、体力に限界がある。こんなに条件が違うのに1960年代の母親は偉かったと言われてもね、と反論できる根拠が見つかった。

    しかし、1980年代の母親たちも、黙って耐えていたわけではない。

    縮小した親族の絆の代わりに、近くに住む母親どうしで協力し合う育児ネットワークを作りあげていた。これがわたしの調査の第二の発見だった。
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55108

    引用元: ・【社会】日本はなぜ子育てが世界一難しい国になったか?50年で変わったこと

    【日本はなぜ子育てが世界一難しい国になったか?50年で変わったこと】の続きを読む

    FCFG100143000-thumb-autox1600-23835


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/13(金)21:50:58 ID:D0Y
    俺「今の時代ボタン一つでやればいいじゃん」

    主婦「でも君結婚してないんでしょ?」

    俺「育児が大変ならベビーシッターや家族にも」

    主婦「子育ての相場をわかってないんだね」(はいエアプ)

    俺「一人暮らしでも家事をするし、主婦の家事も一人暮らしと同じ」

    主婦「どう同じなの?」

    俺「 」(駄目だこいつ)

    俺「1人やっても2人やってもやることが同じだから同じ 時間が2,3倍になるだけで大変ではない」

    主婦「でも君子育てしたことないんでしょ?」

    俺(駄目だこいつさっきからほならね理論ばかりで話にならない…)

    引用元: ・主婦「家事育児は大変!仕事と同じ!」俺「ほーん」


    【主婦「家事育児は大変!仕事と同じ!」俺「ほーん」】の続きを読む

    LGTM_dandast17_TP_V


    1: 名も無き被検体774号+ (ワッチョイWW 93b4-Yu/e) 2018/04/01(日) 17:47:02.54 ID:a1W8JJ5t0
    こんなに人を憎いと思ったことは初めてだし
    いい奴を憎んでる自分が嫌だ

    引用元: ・職場の同期がいい奴なんだけどしばきたいほど憎い


    【職場の同期がいい奴なんだけどしばきたいほど憎い 】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/03/17(土) 12:57:26.185 ID:LusVYtMJd
    しずかちゃん「うーん」

    引用元: ・しずかちゃん「身体能力のたけしさんか、経済力のスネ夫か、人格と頭脳の出来杉さんか、ドラえもんののび太か…」

    【結婚相手のスペック「身体能力のたけしさん、経済力のスネ夫、人格と頭脳の出来杉さん、ドラえもんののび太…」】の続きを読む

    Lalatel0I9A9560_TP_V


    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/18 05:26:59.571 ID:MC8TEJFT0.net
    結婚前から専業主婦はダメと言ってあるのにこれは離婚事由になるよな?
    子供ができなければただの寄生虫だし
    子供できても働きながらでも立派に子供を育ててる人もいる
    結局幼少期に親であることを植え付けることと面倒を見てくれる人の手腕
    それと学校教育
    これが子供の人格やらなんやらを形成する
    1歳や2歳の出来事なんてほぼ覚えてないんだから親の自己満でしかない

    【結婚した途端嫁が専業主婦になりたいと言ってるんだが】の続きを読む

    yotaka160328330I9A9332_TP_V


    1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/09/19 07:53:53.94 ID:iYvh01k5.net
    超暇だけどけっこう自由、けど不安・・・
    いつも孤独で先行き不安なジリ貧の町工場。
    ここで情報交換、叱咤激励、傷の舐めあいをして、互いに頑張りましょう。


    【【ジリ貧】超零細 親子二人または一人の町工場】の続きを読む

    TSU856_kawamuraageru_TP_V


    1: 名無しさん@涙目です。 2018/01/29 20:16:27.80 ID:tZxg4mGM0.net
    全文はソース元で
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-10000001-mbsnews-l27
    2組に1組が「ナシ婚」

    「(結婚式は)挙げたいですけど(金額が)高いので、挙げない可能性のほうが高い」(20代女性)
    「結婚式挙げてないです。お金がなかった」(結婚歴10年の男性)

    結婚式を挙げない人たちです。1970年代前半には年間100万件を超えていた婚姻件数は、最近では約40万件も減少しています。さらにその約2組に1組が式を挙げていないいわゆる「ナシ婚」で、その理由はやはり結婚式や披露宴にかかる費用の高さです。

    そんななか安さで注目されているのが、ウェディング情報サイト「ハナユメ」です。
    例えば、大阪市のホテルモントレグループの式場の場合、普通に申し込むと264万円かかるという日でも、ハナユメサイトを通じて申し込むと163万円となんと101万円も安くなることがあるそうです(1月26日時点)。その秘密は?

    「皆さん1年先を予約されるので、半年を切ると結婚式の空きってなかなか埋まりにくい。
    式場としては1組でも多く挙げていただきたい、お客様としては賢く挙げたい、というところがマッチングして、半年以内となると同じクオリティでも最大100万円くらいお値打ちになったりします」(エイチームブライズ店舗運営部 若曽根由貴統括マネージャー)
    「会場側がディスカウントセールをすればいいじゃないですか?」(山中真アナウンサー)
    「公に値下げしてしまうとブランド価値を下げてしまうので、通常の価格でも挙げてくれる客を逃してしまう可能性がある」

    【ブライダル業界「結婚式挙げない人が多すぎる」】の続きを読む

    このページのトップヘ