リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    年齢・性別

    LIG_h_agenttokeiwomiru_TP_V


    6: 名無しさん@引く手あまた 2017/08/05 13:31:55.86 ID:QznpyW1j0.net
    ●労働者は、契約書と違う場合、即時に労働契約を解除できる (労働基準法第15条)
    1.使用者は労働者に、賃金、労働時間等の条件を明示しなければならない。
    2.労働条件が事実と違う場合、労働者は、即時に労働契約を解除できる。
    3.前項の場合の転居で14日以内に帰る場合は、使用者は旅費を負担しなければならない。

    ●賠償予定の禁止 (労働基準法第16条)
    使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、
    又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。
    (予定だけではなく、実際には労働者の故意や、重大な過失でもない限り、損害賠償が認められる事はない。)

    ●1日8時間、週40時間を超えて労働させてはいけない (労働基準法第32条)
    *労使間での協定(36協定)を締結し、行政官庁に届け出た場合は除く。
    (労働組合がない場合は、労働者の過半数を代表する者との書面による協定をし、これを行政官庁に届け出た場合に有効)

    ●時間外、休日及び深夜の割増賃金 (労働基準法第37条)
    残業や休日の労働は、通常の労働時間又は、
    労働日の賃金の25%以上 50%以下の範囲内で、
    それぞれ政令で定める以上で計算した割増賃を、
    使用者は支払わなければならない。
    22時~5時までの間に労働させた場合は、
    通常の労働時間の賃金の25%以上で計算した
    割増賃金を支払わなければならない。

    ●退職の意志を伝えた一定期間後に、雇用契約終了は成立する (民法第627条)
    雇用契約解除は労働者からの通知で成立し、使用者の承諾は不要。
    (また現実的には即時退職でも、相当の理由があり、悪意がある場合でもない限り、退職による損害賠償が認められる事はない。)

    ●強制労働の禁止 (労働基準法第5条)
    使用者は、暴行、脅迫、監禁、その他 、
    精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によって、
    労働者の意思に反して労働を強制してはならない。
    【40代で転職活動をしてみたいのだが・・・】の続きを読む

    150711389552_TP_V


    1: イセモル ★ 2017/06/14 08:11:24.50 ID:CAP_USER9.net
    「LGBTであることに関わらず、自分らしく働ける職場に出会いたい」

    そんなLGBTひとりひとりが輝ける職場選びを応援するため、株式会社JobRainbowはLGBTフレンドリーな企業の求人のみが掲載されたマッチングサービス「ichoose」を6月2日よりオープンいたしました。

    ◆自分らしく働くを叶える「エントリーシート」
    ・レズビアンやトランスジェンダーであること等、自由にセクシュアリティを記入できます。
    ・カミングアウトの範囲について相談できます。(人事にだけ知ってほしい、チームにだけ知ってほしい等)
    ・事前に配慮してもらいたいことを事前に確認できます。(トイレや更衣室、同性パートナーについて等)

    LGBT求人サイト「ichoose」最大の特徴でもあるエントリーシートでは、面接前からLGBT当事者特有の悩みや不安について相談することができるため、その後の面接で「セクシュアリティの説明で自己PRの時間がなくなる」ことも「入社後にミスマッチ」となることもなくせます。実際にLGBTの離職率は6割近く、企業にとっても多様な人材に長く働いてもらうことが可能になります。

    *****
    一部抜粋、全文は下記よりお願いいたします
    https://jinjibu.jp/smp/news/index.php?act=detl&id=13071
    【LGBTの自分らしく働くを叶える~LGBTフレンドリー企業求人情報サイトがオープン】の続きを読む

    このページのトップヘ