リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    年齢・性別

    max16011518-2_TP_V

    1: ムヒタ ★ 2018/06/27(水) 15:09:23.08 ID:CAP_USER
     親の年収や学歴が高い家庭の子供ほど学力が高い傾向が続いていることが27日、文部科学省の調査でわかった。2013年に初めて実施した前回調査と同様の結果で、家庭の経済状況が学力の格差に影響している状況が鮮明になった。一方、子供に自制心や忍耐力などをつけるよう親が働きかけることで、年収などにかかわらず、学力を高められる可能性があることも指摘された。

     調査は、文科省の委託を受けた浜野隆・お茶の水女子大教授(教育社会学)らのグループが実施。昨年4月に小学6年生と中学3年生計約203万人が受けた全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)について、抽出した参加校約1850校の保護者約12万人へのアンケートと合わせて分析した。

    (ここまで309文字 / 残り609文字)
    2018年06月27日 13時38分
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20180627-OYT1T50044.html

    引用元: ・【社会】続く「高収入ほど高学力」自制心や忍耐力もカギ


    【【社会】続く「高収入ほど高学力」自制心や忍耐力もカギ 】の続きを読む

    TSUCH160130520I9A6560_TP_V


    1: ノチラ ★ 2018/03/07(水) 22:58:10.07 ID:CAP_USER
    3月8日は国連が定めた国際女性デー。英誌がこの日にあわせ発表した「ガラスの天井」ランキング(2018年版)で、日本は主要29カ国中28位とワースト2位に甘んじた。経済協力開発機構(OECD)によると、大卒女性の就業率が日本は諸外国に比べ低く、高学歴女性を生かしきれていない。労働力人口が縮むなか、「眠れる宝」の掘り起こしは急務だ。

     英エコノミスト誌のランキングは、女性管理職比率や所得の男女差など1…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27824790X00C18A3EA1000/

    引用元: ・【社会】大卒女性、生かせぬ日本 先進国で就業率の低さ顕著

    【大卒女性を生かせぬ日本 先進国で就業率の低さ顕著 】の続きを読む

    suzu201606080I9A6741_1_TP_V


    1: ノチラ ★ 2018/02/14 04:29:20.92 ID:CAP_USER.net
    パーソルキャリア(東京都千代田区)は、2017年7~12月の間に転職サービス「DODA(デューダ)」を利用した約15万人の転職動向をまとめた。

     それによると転職に成功した人の平均年齢は32.1歳で17年上半期と同様の結果になったが、10年前の07年下半期に比べると3歳上昇していることが分かった。

     年齢別の内訳をみると、上半期同様にミドル層の健闘が目立っている。具体的には35~39歳が10年前に比べ5.1ポイント上昇の13.1%、40歳以上は12.6ポイント増の15.5%だった。

     一昔前までは、35歳以上になると転職が難しくなる「35歳限界説」があったが、こうした“常識”は希薄になりつつあるようだ。

     その理由の一つについて、DODAの大浦征也編集長は「10年前には存在しなかった技術や企業構造の急速な変化により、経験に基づいた実績重視の即戦力採用や、管理職経験の有無にとらわれないミドル層の採用など、従来の採用案件とは異なるケースが増えているため」と指摘している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000015-fsi-bus_all

    【転職の「35歳限界説」のが変わる!転職成功者の年齢が3歳上昇か!?】の続きを読む

    YOTAKA160328450I9A9298_TP_V


    1: ノチラ ★ 2018/01/15 17:35:56.08 ID:CAP_USER.net
    東証1部上場企業の6人に1人がバブル入社組
    30年前のバブル期(1988~1992年)に大量採用された世代が、今年48~52歳という「リストラの適齢期」を迎えはじめた。

    当時は例年の定員枠の2倍増で採用する企業も珍しくなかった。採用担当者は大学名に関係なく、学生の確保に駆けずり回ったものだ。

    その結果、バブル崩壊後の採用減などによって「バブル入社組」は社員の人口構成上、突出したボリュームゾーンになってしまった。『日経ビジネス』(2015年8月3日号)の調査によると、売上高1兆円を超える東証1部上場企業の6人に1人がバブル入社組だという。

    ▼キャリア30年 貴重な戦力だが「余剰だから切ろう」
    とはいえ現在は人材不足が顕著であり、経験豊富なこの世代は貴重な戦力のはずだ。50歳といえば、定年後再雇用を含めて65歳まで15年もある。彼ら・彼女らを再活性化し、企業の成長に貢献してもらうかを考えるのが経営者の役割でもある。

    ところが、この世代を「お荷物扱い」する企業もある。中高年世代のキャリア開発研修を手がけるコンサルタントはこう語る。

    「業界によって違いますが、総論としてはバブル世代を活かさなければいけないという認識が広まり、活性化に取り組む企業が増えています。しかし、各論ではモチベーションや能力が停滞している人をどうするのかという問題が論点になると、『余剰だから切ろう』という会社もあるのが現実です」

    三越伊勢丹HD「退職金に最大5000万加算」の背景
    実際、リストラに着手する企業が続出している。

    百貨店大手の三越伊勢丹ホールディングスは、昨年11月7日、中期経営計画の柱の一つとして同社の早期退職制度である「ネクストキャリア制度」を充実させ、今後3年間で800~1200人の応募を想定していると公表した。

    ポイントは応募対象者の年齢を従来の50歳から48歳に引き下げたことだ。その年齢の社員には通常の退職金に最大で4000万~5000万円を加算するという大盤振る舞いだ。

    これは、明らかにバブル入社組をターゲットにしたものだが、同社の杉江俊彦社長は記者会見で「不安を感じる社員に選択肢を示すのが会社の義務」とし、「最終赤字を覚悟してもやり遂げることがV字回復につながる」と語ったと報道されている。

    何やら社員のためを思った施策のようにも見えるが、結果として会社の収益重視の姿勢があぶりだされた形だ。

    ▼今は昔「社員のクビを切るなら経営者は腹を切れ」
    リストラに踏み切ったのは同社だけではない。昨年9月から11月にかけ下記の大企業が早期退職者の募集を相次いで発表した。

    ●半導体検査器具製造の日本電子材料。対象は「50歳以上かつ勤続1年以上の社員」。
    ●製紙大手の大王製紙(募集人数:100人)。対象は「40歳以上60歳未満かつ勤続3年以上の総合職一般社員と、60歳未満かつ勤続3年以上の管理職」。
    ●製薬大手の大日本住友製薬。対象者は生産本部に所属する「45歳以上かつ勤続5年以上社員」。*同社は2016年夏にも募集し、295人が退職している。

    1999年にトヨタ自動車の奥田碩元会長が「社員のクビを切るなら経営者は腹を切れ」と述べて経営者の責任を厳しく追及したが、今ではリストラは当たり前になっている。しかも、その対象になるのは決まってバブル世代を含む中高年だ。
    以下ソース
    http://president.jp/articles/-/24176

    【バブル入社組を30年放置した企業のツケ。「お荷物」に退職金5000万加算】の続きを読む

    yotaka160328330I9A9332_TP_V


    1: ノチラ ★ 2018/01/06 18:28:39.81 ID:CAP_USER.net
    定年を過ぎてからも元気に第一線で働くシニアが増えている。戦後すぐの日本人の平均寿命は50代だったのが最近は80代に延び、さらに「人生100年時代」が視野に入りつつある。高齢化が進む中、企業にとってシニアの活用が課題となっているだけでなく、個人にとっても生きがいを持ち続けながら豊かに暮らしていくにはどうすればいいのか手探りだ。お手本となりそうなシニアの働きぶりを追ってみた。

    ■44年の経験武器

     「あ…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25413510W8A100C1905E00/

    【熟年力で生涯現役 定年見直し、企業の戦力に】の続きを読む

    LIG_h_agenttokeiwomiru_TP_V


    6: 名無しさん@引く手あまた 2017/08/05 13:31:55.86 ID:QznpyW1j0.net
    ●労働者は、契約書と違う場合、即時に労働契約を解除できる (労働基準法第15条)
    1.使用者は労働者に、賃金、労働時間等の条件を明示しなければならない。
    2.労働条件が事実と違う場合、労働者は、即時に労働契約を解除できる。
    3.前項の場合の転居で14日以内に帰る場合は、使用者は旅費を負担しなければならない。

    ●賠償予定の禁止 (労働基準法第16条)
    使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、
    又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。
    (予定だけではなく、実際には労働者の故意や、重大な過失でもない限り、損害賠償が認められる事はない。)

    ●1日8時間、週40時間を超えて労働させてはいけない (労働基準法第32条)
    *労使間での協定(36協定)を締結し、行政官庁に届け出た場合は除く。
    (労働組合がない場合は、労働者の過半数を代表する者との書面による協定をし、これを行政官庁に届け出た場合に有効)

    ●時間外、休日及び深夜の割増賃金 (労働基準法第37条)
    残業や休日の労働は、通常の労働時間又は、
    労働日の賃金の25%以上 50%以下の範囲内で、
    それぞれ政令で定める以上で計算した割増賃を、
    使用者は支払わなければならない。
    22時~5時までの間に労働させた場合は、
    通常の労働時間の賃金の25%以上で計算した
    割増賃金を支払わなければならない。

    ●退職の意志を伝えた一定期間後に、雇用契約終了は成立する (民法第627条)
    雇用契約解除は労働者からの通知で成立し、使用者の承諾は不要。
    (また現実的には即時退職でも、相当の理由があり、悪意がある場合でもない限り、退職による損害賠償が認められる事はない。)

    ●強制労働の禁止 (労働基準法第5条)
    使用者は、暴行、脅迫、監禁、その他 、
    精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によって、
    労働者の意思に反して労働を強制してはならない。
    【40代で転職活動をしてみたいのだが・・・】の続きを読む

    150711389552_TP_V


    1: イセモル ★ 2017/06/14 08:11:24.50 ID:CAP_USER9.net
    「LGBTであることに関わらず、自分らしく働ける職場に出会いたい」

    そんなLGBTひとりひとりが輝ける職場選びを応援するため、株式会社JobRainbowはLGBTフレンドリーな企業の求人のみが掲載されたマッチングサービス「ichoose」を6月2日よりオープンいたしました。

    ◆自分らしく働くを叶える「エントリーシート」
    ・レズビアンやトランスジェンダーであること等、自由にセクシュアリティを記入できます。
    ・カミングアウトの範囲について相談できます。(人事にだけ知ってほしい、チームにだけ知ってほしい等)
    ・事前に配慮してもらいたいことを事前に確認できます。(トイレや更衣室、同性パートナーについて等)

    LGBT求人サイト「ichoose」最大の特徴でもあるエントリーシートでは、面接前からLGBT当事者特有の悩みや不安について相談することができるため、その後の面接で「セクシュアリティの説明で自己PRの時間がなくなる」ことも「入社後にミスマッチ」となることもなくせます。実際にLGBTの離職率は6割近く、企業にとっても多様な人材に長く働いてもらうことが可能になります。

    *****
    一部抜粋、全文は下記よりお願いいたします
    https://jinjibu.jp/smp/news/index.php?act=detl&id=13071
    【LGBTの自分らしく働くを叶える~LGBTフレンドリー企業求人情報サイトがオープン】の続きを読む

    このページのトップヘ