リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    女性活躍

    [画像:c532a037-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/10/11 17:13:22.90 ID:CAP_USER.net
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201710/images/PK2017101102100172_size0.jpg
    女性の採用や昇進の機会を増やし、大企業などに数値目標の設定を義務付けた「女性活躍推進法」が施行されて1年半。政府は「2020年までにあらゆる分野で指導的地位に女性が占める割合を少なくとも30%程度」とする目標を掲げるが、女性の登用は進んでいない。背景には家事との両立を難しくする長時間労働がある。これをどう変えていくのか。「働き方改革」は衆院選の争点でもある。 

     「二〇年に30%」の目標は、小泉政権が〇三年六月に男女共同参画推進本部で決定。安倍政権は一五年八月に女性活躍推進法を成立させ、担当相を置いた。

    資生堂は今年一月、国内の女性管理職比率30%を達成。〇五年に目標を設定し、難しい仕事でも女性に任せる風土を根づかせてきた。社長自らが旗振り役となり、部門長が後任を選ぶ際に候補者の一人に女性をいれるよう徹底した。その結果「部門長は男性という従来の意識が変わった」(広報)という。同社は目標を「二〇年に40%」に更新した。

    学生に人気の高い大企業でもこうした事例はまれだ。総務省によると、日本企業の女性管理職の割合は13・0%(一六年)。原因の一つに長時間労働がある。

    子育てのため、長時間働けない女性には優先度の高い仕事を任せることが難しいと判断した管理職が、そうした仕事を男性に任せ、女性は昇進しづらくなり、男女の賃金格差も生まれる。そのため、やりがいを感じられず退職する女性は少なくない。

    海外をみると、女性管理職の割合が39・2%に上るスウェーデンは女性が仕事と家庭を両立できるよう、男女の労働時間の長さに著しい差はみられず、積極的な男性の育児参加にもつながっている。

    女性の就業支援を研究する淑徳大の野村浩子教授は「男性は職場で長時間働く一方、女性は家事・育児・介護などの無償労働が多い」と指摘。女性が活躍できる社会にするには、企業が長時間労働を減らして、女性が昇進しやすい企業にする必要があるという。
    <女性活躍推進法> 2016年4月施行。従業員301人以上の大企業や都道府県・市町村に、女性の採用、管理職の比率、労働時間などの状況を把握し、数値目標や取り組み内容を記した「行動計画」の策定・公表を義務付けた。300人以下の中小企業などは努力義務にとどまる。25年度までの時限立法で、集中的な取り組みを促した。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201710/CK2017101102000282.html

    【【長時間労働】働き方改革でも進まぬ女性活躍】の続きを読む

    [画像:54f56db1-s.jpg]

    1: ノチラ ★ 2017/09/17 11:46:35.51 ID:CAP_USER.net
     男女とも約9割は「女性の職場進出に抵抗感がない」と考えています。ところが女性の課長相当職以上の比率は1割強です。なぜ女性管理職が増えないのか。その背景には、男性管理職に「女性より男性のほうが仕事を振りやすい」という考え方があるようです。しかし女性部下への苦手意識をなくさなければ、自分のクビをしめるだけです。障壁を取り払うには、どうすればいいのでしょうか--。

    中略
    なぜ女性部下に「困難な仕事」を与えないのか?

     【女性部下の育成に必要なこと2:男女別で仕事の難易度を区別しない】
    公益財団法人21世紀職業財団の「若手女性社員の育成とマネジメントに関する調査研究」(2015年)のなかで、困難な仕事の部下への与え方についての調査結果はこうです。

    回答したのはいずれも男性管理職です。

     ●男性部下に、より困難な仕事を与えている(「どちらかといえば男性部下により困難な仕事を与えている」いう回答も含む)と回答した人:31.4%

     ●女性部下に、より困難な仕事を与えている(「どちらかといえば女性部下により困難な仕事を与えている」という回答も含む)と回答した人:19.6%

     「管理職から期待されている」と感じる女性は少数派

     さらに、同調査では「管理職から期待をされていると思いますか」と若手社員(男女)に尋ねた結果を比較しています。

     「そう(期待されていると)思う」と回答した人は、

     若手女性社員:17.6%

     若手男性社員:28.0%

     管理職から期待されていると感じている若手女性社員が少ない現状が指摘できます。

     もし、実際に男性部下に比べて女性部下には難易度の高い仕事が与えられる機会が少ないのであれば、それは女性部下が成長の機会を逸失している可能性があります。仕事を与えられる女性部下の側もモチベーションが低下してしまうことが懸念されます。

     筆者が過去に実施をした男性管理職研修のなかでも、新しいプロジェクトが発生したときに、リーダーとサブリーダーのアサイン状況の性別を尋ねると、多くの男性管理職がリーダーは男性、サブリーダーは女性と回答し、その逆はほとんどありませんでした。

     前述したように、「女性の管理職がもっと増えること」にほとんどの男性社員が「抵抗感がない」と回答しています。そうであれば、女性部下に現時点でリーダー的役割までを任せることが困難であっても、男性管理職は難易度の高い仕事であっても、それを女性部下に割り振るような工夫や努力はもっとあってもいいように思われます。

     ただし、現状、なかなかそうはできない「環境」があるようです。

    http://www.sankeibiz.jp/econome/news/170916/ecd1709161600001-n3.htm

    【【事勿れ主義】難しい仕事は男性部下へ…管理職の本音は「女性部下はやりづらい」】の続きを読む

    [画像:d13e6f11-s.jpg]

    1: qQDmM1OH5Q46 2016/03/04 15:30:55 ID:PiM
    週刊現代 「資生堂ショック」いまだ収まらず ~「産まない女子」と「産んだ女子」が職場で大ゲンカ「逆マタハラ」という恐怖

    (略)

    「また産むの!」

    つまり、「産まない女子」が「産んだ女子」の優遇に反旗を翻したという構図である。もとより少子化の時代。
    子供を産み育てることが大事なことは分かっているが、「産まない」自分が「産んだ」人のために身を削るのはやるせない――。

    この問題提起に、「産まない」側からの共感、「産んだ」側からの反感が入り乱れて、女子同士の大論争に発展した。
    それだけ、同様の構図を抱えた企業が多いということだろう。

    育休や子育て支援制度を利用する社員が増えることで、残る社員たちにしわ寄せがくる事態は、
    一般に「逆マタハラ」と言われる。制度を利用しない社員にとって、同僚が妊娠を理由に突然職場からいなくなったり、
    似たような給与で働いているにもかかわらず、子育て中の同僚にだけ時短勤務が許可されていたりする
    状況は耐えがたい、という気持ちも分かる。

    本来ならこれは会社側が人の増員やノルマを減らすことなどで対処すべき問題だが、
    現実は企業にそこまでの余裕も体力もない。結果、「産まない女子」のやり場のない憤懣が、
    子宝を得て幸せオーラを全開させているように映る「産んだ女子」に向けられ、
    険悪な雰囲気になっている職場は少なくないというわけだ。

    いったい現場にはどのような諍いが渦巻いているのか。小売りの企業で経理を担当する
    古田美咲さん(34歳・独身・仮名)が「産まない女子」側から「産んだ女子」たちへの不満を述べる。

    「時短勤務の人が増えると、私が計算しなければいけない伝票の量が1.5倍に増えるんです。
    決算前の夕方、こっちが忙しく電卓を叩いている時に、子育て中の同僚が『お先に失礼します』とちゃっかり帰っていると、
    『なんで私が、結婚も出産もして家庭での幸せを手に入れた人の尻拭いをしなくちゃいけないの?
    私、あなたの召し使いとか母親じゃないんだよ』と怒りが沸き上がってくる。

    私がデートしたくても帰れないけど、彼女の子育ては許される。両方、プライベートなのにおかしいです。
    これで私の婚期が遅れて子供を持てなかったら、あの人が責任取ってくれるんですか」

    さらに、「産んだ女子」が、育休が明けてすぐ、再び妊娠して産休に入るようなことがあると
    「産まない女子」たちには、ますます怨念が込み上げてくるという。
    アパレルメーカーに勤める板野由美子さん(43歳・独身・仮名)はこう言う。

    「職場の若い女の子が妊娠して、1年ほど休職しました。その時はちょっとこっちの仕事が増えて大変だな、
    くらいの気持ちだったのですが、彼女が戻ってきて1年少し経った頃、
    『やだぁ、また子供ができちゃって……』と言い出したんです。

    その悪びれない言い方にカチンときて、つい『ずいぶん妊娠するのが得意なのね。大変ね、そんなにいつも……』
    と嫌味を言ってしまいました。自分でも情けなくなりますが、やってられなくて」

    以下略 全文 現代ビジネス 全4ページ
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48039

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 38◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1456306524/793

    【「資生堂ショック」いまだ収まらず~「産まない女子」と「産んだ女子」が職場で大ゲンカ】の続きを読む

    [画像:d888a7cc-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/08/17 11:10:44.50 ID:CAP_USER.net
    出産後も働き続ける女性が増える中、育児で働く時間に制約があっても、管理職や営業職などに積極的に起用する企業の動きが広がっている。補助的な仕事しか与えない「過剰な配慮」型の両立支援策を方向転換。ペアを組んでカバーし合ったり、時短勤務でも管理職にしたりするなど、キャリアアップを後押しする形に流れが変わりつつある。

    ◆ペア組みカバー
    大手日用品メーカー「ライオン」の東海北陸支店(名古屋市)で働く福原裕子(ゆうこ)さん(33)は二〇一五年九月に長男を出産し、今年四月に復帰した。入社以来、営業一筋。同社では育休からの復帰後は内勤に変わるのが一般的だが、福原さんは「営業スキルをもっと高めたい」と続投を希望した。

    ドラッグストアなどを回り、商品の売り場展開や販売戦略を練るが、午後六時以降の商談を希望されることもある。「育児のために諦めたくない」と、ペアを組むことを上司に提案、実現した。

    パートナーは入社三年目の森田千瑛(ちあき)さん(24)。日中は二人で商談に回り、福原さんが退社する午後五時十五分以降の仕事は森田さんが対応、必要があればメールや電話でやりとりする。「森田さんのおかげで、やりがいも失わず、育児と両立することができる」と福原さん。森田さんも「実践的に学べるし、子育てしながら働き続けるイメージも湧いてきた」。

    「出産後も働き続ける女性はほぼ100%で、営業職で復帰できる環境整備も必要」と人事担当者。ペアワークは制度化していないが「やる気を支える効果的な方法を柔軟に考えていきたい」。

    両立支援策といえば育児休業の延長や短時間勤務、残業免除などが中心だ。だが周囲が責任ある仕事を任せず、本人もやる気を失う「マミートラック」という課題もある。

    ◆時短勤務で役員
    大手菓子メーカーのカルビーは、トップダウンで女性の登用を進めてきた。女性管理職比率は5・9%(一〇年)から24・3%(一七年)と四倍に。課長職以上の女性六十六人中二十五人は子どもがおり、うち六人は時短勤務だ。

    同社でも当初は男性管理職の働き方を見て、昇進を諦める女性が多かった。そこで仕事へのモチベーションを高めるためのキャリア研修を実施。一三年には小学生二人の子どもがおり、時短で午後四時に退社する女性を初めて執行役員に起用した。無駄な会議や長時間労働を減らす取り組みも並行して進め、「子育て中も工夫して頑張ろう」と後に続く女性が出てきた。

    一五年には、産後一年以内に復帰する社員に子どもが二歳になるまで毎月早期復帰感謝金を支給したり、時短からフルタイムに戻る際に一時金を支払ったりする制度も導入。同社ダイバーシティ委員会の新谷英子(しんたにひでこ)委員長は「制度で優しくするだけではもう古い。やる気があり早く戻って活躍してくれる人を後押しすることも大切だ」と話している。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201708/CK2017081702000128.html

    【【女性活躍】ママも管理職や営業職へ】の続きを読む

    TAKEBE160224580I9A0715_TP_V

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2017/07/17 10:32:58.82 ID:CAP_USER.net
     女性は「入社2年目」で管理職になる意欲を失う--。独立行政法人が先月、こんな調査結果を発表した。入社1年目に「管理職を目指す」と答えていたのに2年目でその意欲を失う女性の割合が、男性の倍に上るという。女性活躍推進の時代に、なぜ女性の意欲はそがれてしまうのか。管理職志向の有無の決め手は何なのか。「入社2年目」の女性にホンネを聞いてみた。あなたは管理職になりたくない? それはなぜ?【小国綾子/統合デジタル取材センター、古川幸奈/静岡支局】

     ◇「スーパーウーマン」の姿に「私には無理」

     「入社した時は、仕事で活躍するには管理職になるのが絶対と思っていたんです」

     住宅設備機器会社に勤める女性(24)は1年前をそう振り返った。ところが働くうちに、次第に昇進に魅力を感じなくなったという。

     大きかったのは身近な女性管理職の存在だ。「幼い子を持つ管理職ママを見ていると、本当に大変そう。映画やドラマでキャリアウーマンが輝いて見え、バリバリと働く女性にあこがれていたけれど自分には無理かな、と。管理職で社内政治に巻き込まれるのも面倒くさいし」

     同じく、管理職への意欲を1年で失ったという人材紹介業の女性(23)は「社内で若くして管理職となった女性は圧倒的に未婚、という現実に気付いた」と理由を打ち明けた。

     つまり、本来ロールモデルとなるべき女性管理職の姿を見て、ちゅうちょしたりあきらめたりしていたのだ。

     ◇管理職志向が1年で20ポイントもダウン

     今回、「入社2年目」の女性のホンネが聞きたいと思ったきっかけは、独立行政法人「国立女性教育会館」が先月発表した調査結果だった。

     2015年と16年、正社員800人以上の大企業の社員を対象に実施。両方に答えた男女745人の回答を分析したところ、1年目に「管理職を目指したい」「どちらかというと目指したい」と答えた女性は64.7%だったが、2年目には44.1%まで低下した。一方、男性は1年目、94.1%と極めて高く、2年目に85.2%に落ちるには落ちたが、意欲はなお高い上、落ち方も女性の半分ほどだった。

     管理職志向のない女性に理由(複数回答)を尋ねたところ、「仕事と家庭の両立が困難になる」(64.4%)▽「自分には能力がない」(45.8%)▽「責任が重くなる」(32.2%)▽「もともと長く勤める気がない」(20.3%)などだったという。

     結果からは、女性は入社時点ですでに管理職志向が男性より低く、さらに、働き始めてわずか1年間でさらにその意欲を男性以上に失うことが読み取れる。

     こんな結果に対して、ネットでは「女性活躍といっても、本人たちにやる気がない」などの反響が見られた。でも、管理職志向の有無って、本当に本人のやる気だけの問題なのだろうか。

     そこで、知り合いのつてをたどったり、企業の協力を受けたりしながら、出身大学や業界に偏りが出ないように、「入社2年目」の女性17人に話を聞き、入社1年目と現在で管理職への意欲がどう変わったかをアンケート調査してみた。

     さらに管理職志向の変化に着目し、「あり→なし」派(3人)、「なし→あり」派(4人)、「あり→あり」派(4人)、「なし→なし」派(6人)の4グループに分けたのが、「入社2年目の本音アンケート」の結果だ。

    >>2以降に続きます

    7/17(月) 10:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00000000-maiall-soci
    https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/07/17/20170717ddm003010032000p/9.jpg
    【なぜ女性社員は入社2年目で管理職志向を失うのか?】の続きを読む

    0I9A1231_1_TP_V


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/21 18:41:06.853 ID:PIMii7XGa.net
    台風みたいな暴風雨でもやっぱりブラックのハイヒールだったけどなんでそんな統制されてんのよ

    なら、もし畳の上に靴のまま入るよう促されたらそこでも必ず穿くの?
    【働く女性や就活女子はなぜ黒いパンプスを穿かされるの?】の続きを読む

    TSUCH160130520I9A6560_TP_V


    1: ノチラ ★ 2017/06/28 14:22:58.14 ID:CAP_USER.net
    ロボットやAIによる仕事の自動化は、何百万人もの仕事を奪う。だがそのリスクは、人によって違う。
    そして女性の方が男性よりも2倍、そのリスクが高いことが、Institute for Spatial Economic Analysis(ISEA)の最近の調査で明らかになった。

    女性は、ロボットで代替されやすい職業に就いていることが多く、例えば自動化によって今後数年間で、97%がその仕事を失うと予測されているレジ係は、2016年時点で73%が女性だ。

    しかし、自動化の普及で、特に影響を受けるグループは女性だけでないことも、ISEAの調査で明らかになった。

    ヒスパニック系やアフリカ系アメリカ人は、白人に比べて、自動化により仕事を失う可能性がそれぞれ25%、13%高い。一方で、アジア系は白人と比べ11%低い。

    ISEAは、アメリカ労働統計局の2016年の雇用統計と、オックスフォード大学が行った「どの職種が自動化による影響を受けやすいか」という研究結果をもとに調査を行った。

    同調査によると、最も大きな要因は、教育レベルだ。高卒資格を持たない人は、博士号を持っている人と比べて、自動化によって仕事を失うリスクが約6倍高い。あまり複雑ではなく、自動化が容易な仕事に就いていることが多いためだ。
    https://www.businessinsider.jp/post-34649
    【ロボットに仕事を奪われるリスクは女性は男性の2倍?】の続きを読む

    このページのトップヘ