リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    仕事効率化

    [画像:5a55a9fb-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/10/14 05:53:39.77 ID:CAP_USER.net
    神奈川県に住む人の通勤コストが年間100万円に達するという話がネットで話題となっている。これは現実の通勤コストではなく機会費用の話なのだが、長い通勤時間が日本人の生活にマイナスの影響を与えているのは確かだ。通勤時間の問題は、生産性の問題と直結しており、働き方改革そのものといってよい。

    給料が高くてもコストが高すぎると効率が悪くなる
    内閣府がまとめた報告書によると、都道府県別の通勤コストがもっとも高かったのは神奈川県で年間97.7万円だった。もっとも安かった県は31.2万円だったので、神奈川県とは年間60万円の差がついている。

    通勤費が100万円と聞くと、ちょっとびっくりしてしまうが、落ち着いて考えてみれば、実際の通勤費がここまで高額でないことは、自身の定期代などから想像できるだろう。

    この調査は、通勤費を直接調べたものではなく、平均的な通勤時間に時給をかけてコストを算出し、さらに追加の住宅コスト(家賃が他と比べて高い部分の追加費用)を加えたもので、あくまで理論的な数値である。

    通勤がなければその時間を仕事に費やすことができるので、もっと多くのお金を稼ぐことができる。つまり、通勤は一種の機会損失ということになるが、経済学的にはその金額を機会費用と呼ぶ。神奈川県民の(機会費用としての)通勤コストが100万円ということは、神奈川県民が現在の所得を得るためには、100万円の機会費用をかけなければならないという意味になる。

    通勤に関する機会費用は、平均時給が高ければ高いほど、通勤時間が長いほど、多く算出されることになるので、通勤がどれだけの負担になっているのかを知る有益な指標であることは間違いない。

    実際、総務省が行っている社会生活基本調査(2011年)では、神奈川県の平均通勤時間は1時間40分で全国トップだった。1人あたりの県民所得も292万円と比較的高い部類に入るので、両者を掛け合わせた理論的な通勤コストは当然のことながら高く計算される。

    神奈川県に限らず、日本人の通勤時間が世界でも突出して長いことはよく知られている。日本人の平均的な通勤時間は米国や英国の2倍近くもあるが、これが生活全般を圧迫し、生産性にもマイナスの影響を与えているのは間違いない。

    日本は土地が狭く人口密度が高いのでやむを得ないのだという意見もあるが、これは単なるイメージに過ぎない。算定の方法にもよるが、東京の人口密度は諸外国と比較して特別に高いわけではない。

    人口密度はどの範囲で算定するのかで結果が大きく変わってくる。東京の人口密度が高いと算定されるのは、単純な行政区分での比較や、周辺都市を加えたケースがほとんどである。東京都心やロンドン中心部、マンハッタン、パリ市といった中枢エリアで比較した場合、東京の人口密度はパリやニューヨークの半分しかない。実際、パリやニューヨークの中心部には多数の市民が住んでいるが、東京都心の夜間人口は激減してしまう。

    諸外国の例を見れば、長時間の通勤が人口密度の問題ではないことが分かるのだが、なぜ日本ではこのようなライフスタイルが定着してしまったのだろうか。様々な理由があるので単純化することは難しいが、日本の宅地開発のあり方が大きく影響していることは間違いない。

    昭和の時代はまだ貧しく、経済全体として住宅の整備にかけられる余裕はあまりなかった。コストが圧倒的に安い郊外を中心に宅地開発をせざるを得なかったというのが実情だろう。鉄道を使って郊外の家から長距離通勤するというライフスタイルはこうして確立したのである。

    本来であれば、生活水準がある程度、向上した段階で、都市部の住宅整備を進めるべきであった。だが、昭和型の低コストな宅地開発はその後も続き、都市部の住宅整備は一向に進まなかった。これが通勤時間が長くなってしまった最大の原因である。

    このところ郊外から都市部に転居する人が増えているが、こうした動きは、通勤コストのムダが強く意識されてきた結果と考えられる。今後は人口減少が本格化することを考えると、都市部への人口シフトはさらに加速する可能性が高い。

    通勤時間を生産的な業務に充当する効果は計り知れない
    このところ働き方改革が社会的な課題となっているが、通勤時間の削減は、労働者の生産性を向上させる有力な手段となる。都市部における安価で良質な住宅の提供を促していけば、経済全体の生産性も大きく改善するはずだ。
    http://www.newsweekjapan.jp/kaya/2017/10/post-39.php

    【通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は劇的に向上する??】の続きを読む

    [画像:5ca882d7-s.jpg]

    1: ノチラ ★ 2017/10/04 17:14:45.34 ID:CAP_USER.net
    皆さんが大嫌いな「計算」の話です。私が担当する企業研修やセミナーにおいても、計算が出てくると途端に皆さんがストレスフルな表情をするものですが、どうやったら計算嫌いを克服できるでしょうか。最大のポイントは「%」の計算をどう攻略するかです。

    ビジネスで使う数字は大きく分けると2種類しかありません。「実数」と「割合」です。

    実数は文字通りリアルな数字。たとえば売上高100万円、社員数70人といったものです。一方で割合は前年比90%、男性従業員が60%といったものです。

    私たちは実数を使って実数をつくる計算は比較的簡単にできるはずです。たとえば男性従業員30人、女性従業員40人なら、全従業員は足し算して70人。誰でもストレスなくできます。ところが「%」が出てくると計算が一気に面倒くさくなる。たとえば消費税8%の計算、面倒くさく感じませんか。

    さて、この連載をお読みいただいた方なら、「マイ電卓」を持っているはずですので、正確な「%」の計算をすべき局面なら、迷わず電卓を取り出しましょう。

    しかし、もし正確な数字でなくても問題ない場合、わざわざ電卓を取り出さなくても「だいたいこのくらい」が頭の中でつかめたら完璧です。

    「1200円の64%はだいたいどのくらいか」といった割合を使った計算をするとき、頭の中で素早く計算をしてしまうコツがあります。実は、その割合を「◯人のうち△人」と置き換えてみると、ほとんどの「%」がだいたいどのくらいかをつかめるのです。

    たとえば、10%というのは100人のうち10人、つまり10人のうち1人という意味の数字です。25%なら4人のうち1人ですね。

    さて、「3人のうち1人」だと、およそ33%です。ということは「3人のうち2人」はおよそ66%。ですから先ほどの「1200円の64%はだいたいどのくらいか」は、1200円を3で割り算して(400円)その答えを2倍すれば、だいたい近い数字がつかめます(800円)。

    実際、電卓で正確に計算してみると768円で、誤差はわずか32円。ざっくり数字がわかればOKな局面ではこれで十分でしょう。

    「%」の計算はわずらわしいものです。ならば「◯人のうち△人」という考え方に変換してしまい、シンプルな割り算や掛け算だけでざっくり計算できるようにしておくとよいでしょう。時間があるときに、右表を使って頭の中でざっくり計算し、その後にマイ電卓で正確な数字を確認してみてください。少しエクササイズするだけで、「%」の計算が体に(脳に)馴染んでくるはずです。
    http://president.jp/articles/-/23205

    【【統計】ビジネス数学は「実数と%」の2つで十分】の続きを読む

    [画像:28b6299e-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/09/25 12:15:11.05 ID:CAP_USER.net
    AIとロボットの進化で2035年までには仕事の半分が消滅する可能性が高い。そのとき、日本の企業が維持してきた終身雇用という岩盤規制はどう崩壊するのか。また、それに備えて個人はどう生き方を変えるべきなのか。

    経営コンサルタントで『仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること』の著者・鈴木貴博氏と人事コンサルタントの城繁之氏が9月1日東京・八重洲ブックセンターでのトークイベントで激論を戦わせた。

    付加価値の高い仕事が危ない

    城 『仕事消滅』はすごく衝撃的な本ですね。帯には生存率51%、つまり49%の仕事がなくなるかもしれない、とあります。これ自体ショッキングですが、それ以上に意外だったのは、付加価値の低い仕事から順にAIに取って代わられると想像していたが、実はそうではないらしい。むしろAIやロボットが一番苦手なのが手や指を使う作業だという指摘でした。

    たしかにパテシエのような繊細な仕事は今のロボットには難しいと思うし、もっと言えばマックでパテを焼きながら盛り付けも同時並行的に行うのはロボットやAIにとって簡単ではないだろうな、と。

    鈴木 そうなんです、AIは過去の膨大な情報の中から必要なものを取り出して正解を導き出す作業ならなんなくこなせますからね。

    城 そこで直感的に思ったのは、今企業の中で既得権益を握っている正社員が抵抗するだろう、ということ。例えば2000年前後、大手製造業では海外移転や自動化で余った製造ラインの職員をシステムエンジニアとして教育しようとした。しかしまったくの畑違いですから、成果が出ませんでした。

    なぜそんなことをするのかというと、日本企業はまず人を採用し、それを前提に仕事を作ろうとするんです。企業の体質改善や組織の見直しがうまくいかないのもそのため。アメリカは仕事があって、そのために人を雇うのとでは対極です。

    だとすれば、AIで作業が置き換えられたとしても、正社員という既得権益を持つ人たちは死に物狂いの抵抗する可能性が高いのではないでしょうか。

    鈴木 経営のコンサルの立場で言えば、既得権を持っている人の立場を守ることはとても重要なんです。私に依頼してくるのは既得権を持っている人たちだから(笑)。その観点で言えば、城さんの指摘に異議はありません。

    ただし、その状態は長くないと思っています。例えば、自動運転技術が確立しました→長距離ドライバーとタクシー運転手の仕事を守ろうとする→運転席には必ず人間が座る必要があるという法律ができる、ということですね。ただ、こんなことをしても、世界の他の国はそこをスルーして無人のクルマを走らせた場合、運輸にかかるコストで日本とそれらの国で大きな差が生じる。

    こうした事態がさまざまな業界で起きれば、国と国との経済格差が劇的に広がってしまうでしょう。要するに日本の競争力は低下するわけです。

    城 それを日本人がどう考えるのか、ということですね。

    鈴木 ウーバーという便利なものがあってアメリカはもちろん中国でも急速に普及しています。一度使うとわかるのですが、きわめて便利ですが、日本ではウーバーがちゃんと仕事ができないような法律ができてしまった。

    世界の人はAIの恩恵を受けて低コストで快適な暮らしをしているのに、日本だけはタクシー運転手を守るために多くの人はそれを享受できない。それってとても恐ろしい未来ではないでしょうか。

    城 雇用を守る代わりに国民全体が不幸になる。ほとんどブラックジョークですね

    城 AIと終身雇用の関係は大きな課題ですが、いまのお話を聞いてますます疑問が大きくなりました。日本企業の頑固さ、打たれ強さにはほんとうに頭が下がります。ただ、本書に書かれたAIの未来はまさに革命で、それが現実になれば、さすがに変わらざるをえないでしょうね。

    日本企業が「いや、担当部長は必要だ」と抵抗し、名前だけは部長を遺すことに成功したとしても、そうしたしがらみや組織文化を持たない外資系企業がこれからはどんどん攻めてくるからです。

    彼らとの戦いは日本企業の論理など通用しない無階級サバイバル。いずれどこかで終身雇用のシンギュラリティが起きることになるのでしょう。

    鈴木 そうした中で個人がどう生きるかは大変難しい課題ですね。
    以下ソース
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52902

    【日本だけが「AI仕事革命」に乗り遅れる理由は、雇用制度だった】の続きを読む

    [画像:802f8d5b-s.jpg]


    1: (名前は掃除されました) 2009/03/03 12:19:33 ID:dol9JTVA.net
    職場に汚机の同僚が3人いるんだけど、
    締め切りは守らないわ、指示されたことを分からないなら
    分からないままにして手をつけないわ、そもそも仕事しないわ。
    ミスを指摘されるとなぜか逆切れか言い訳のオンパレード。
    汚机=仕事ができない は定説だと思う。

    【【整理整頓】デスクが汚い奴は仕事ができない??】の続きを読む

    CAT9V9A9145_TP_V


    1: 和三盆 ★ 2017/05/01 20:06:13.64 ID:CAP_USER9.net
     保険業界で人工知能(AI)の導入が相次いでいる。営業力の強化や事務の効率化が狙いで、日本生命保険は優秀な営業職員のノウハウを共有できるシステムの運用を4月に始めた。保険業界は人手不足感が強く、生産性やサービスの向上の切り札としてAIの利用がさらに広がりそうだ。

     日本生命は、契約者情報など約4000万人分のデータを蓄積。成績優秀者の営業パターンをAIが分析し、全国の営業職員が顧客に新たな商品を提案する最適なタイミングなどを、携帯端末を通じてAIが助言する。経験の浅い職員からは「営業に必要なことを気付かされ、とても参考になる」との声が多いという。

     富国生命保険は1月、医療保険の給付金支払いの査定業務にAIを導入した。医師の診断書から病気や手術の内容を読み取って整理する。事務負担が軽減され、導入後、査定担当者を約30人減らすことができた。

    2017年05月01日16時45分 時事通信

    http://www.jiji.com/article?k=2017050100691&g=eco
    【【人員削減?】AI導入相次ぐ保険業界 営業力や事務効率アップへ】の続きを読む

    2inone0I9A7532_TP_V


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/02 19:58:37.478 ID:85sx8VUw0.net
    俺「(終わった。余りにも早く終わりすぎたからまだやってるフリしとこ)」

    上司「…!?何違うことやってんだ!頼んだ物終わったのか!!!」

    俺「終わりました」

    上司「…ありえない」

    俺「wwwwwwwwwwwwwwwww」
    【上司「これやっといて」俺「はい(マクロで仕事効率化しよ)」】の続きを読む

    PAK86_pennotekakikomi20140312_TP_V


    1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)18:31:08 ID:WpSf8jQ85
    第二新卒で入ったんだが仕事全然覚えられないです
    みなさんメモとかとってますか?
    それをノートとかにまとめてますか?
    なんでもいいのでみなさんの仕事術教えてください

    引用元: ・お前らの仕事術教えてくださいや

    【お前らの仕事術教えてくださいや】の続きを読む

    MAX85_yarukimanman14100131-thumb-autox1600-12451


    1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)13:26:15 ID:SGw
    定時過ぎ(~30分)
    ワイ「(今日分は片付いたし、帰ろ)お先です」
    上司「...」

    翌週
    上司「お前、俺が持ってるこの仕事やれ」
    ワイ「ファッ?1.5倍増やんけ」
    上司「ノルマも上乗せな(1.2倍増)」

    ワイ「無理や...終わらへん...」
    上司「お先」
    ワイ、退社が日を跨ぐようになる。

    引用元: ・社畜嫌いなワイが、仕事効率化して定時帰り実践した結果wwwwwwwww

    【社畜嫌いなワイが、仕事効率化して定時帰り実践した結果wwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ