リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    職務能力

    [画像:360a410f-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/11/15 17:52:58.14 ID:CAP_USER.net
    行動遺伝学の知見には、世の中のタブーにふれるものが少なくない。

    その最たるものが知能と学業成績に関する残酷な事実だ。行動遺伝学が扱ってきた心理学的な特徴の中で、知能と学業成績は、最も遺伝の影響が大きい特徴のひとつである。
    http://gendai.ismcdn.jp/mwimgs/1/e/640m/img_1ea5e742ec432d38088cf9113ed1cfeb125991.png

    遺伝率(後述)は60~70%ほど。身長や体重の遺伝率が90%くらいだから、そこまでは高くないものの、パーソナリティや喫煙や飲酒などが50%程度と比べると明らかに高い。

    遺伝が60%なら環境も40%はあるのだから、そこに救いがあるだろうと思いたくなるだろう。

    確かに環境の影響もほぼ遺伝の影響に拮抗する。ふつう双生児のデータを分析すると、あらかたの形質でこの環境の影響の由来は、一人ひとりがたまたま出くわす偶然の環境に帰することができる場合が多く、それは家族内で共有されない。
    http://gendai.ismcdn.jp/mwimgs/e/a/640m/img_ea24e940a8cdfc7a2910b3547d4d2ac8109133.png

    それどころか一卵性双生児のきょうだいですら、一人ひとりに異なる個性的な環境であることが大きいことが明らかにされている。しかしこの知能と学力に関しては、家庭環境によるきょうだいの類似性も大きく、その割合は20~30%程度になる。

    これはたとえば遺伝的資質は同じでも、親が子どもに知的な刺激や勉強に集中できる環境を与えているかどうかで、大きく変わることを意味する。だから親にとってみれば、まだまだ子どもの知能や学力をなんとかする可能性の余地がある。

    だがそれはあくまでも親しだいだ。

    遺伝要因は子ども自身にはどうすることもできない。その上、親も家庭環境も子どもが自由に選ぶことはできない。子ども自身にどうしようもない要因で、学業成績の80~90%が説明されてしまうのである。

    にもかかわらず、学校でも塾でも親からも「できないのはおまえのせいだ。努力不足だ、勉強の工夫が足りない、やる気がない。だから成績が伸びないのだ」と成績の出来不出来の責任を子ども本人に押しつけている。こんな不条理があるだろうか。

    実のところ知能と学業成績に関するこの知見は、1963年にそのときすでに30以上あったさまざまなの知能の血縁相関に関する研究をまとめた先駆的論文(Erlenmeyer-Kimling & Jarvik, 1963)以来、行動遺伝学の歴史の中で常に明らかにされつづけている頑健な知見だ。私たちの行った双生児研究はじめ、日本の研究でも再現されている。

    しかしこの知見が世の常識にはなっていない。むしろその正反対の知識観や学習観、つまり「学力は努力と環境しだいでどこまでも向上できる」という考え方のほうが一般的だろう。

    スポーツや音楽などの特殊な才能で頭角を現すことのできない一般庶民にとって、万人に開かれた成功への手形は「学歴」しかない。そこに希望を託すには環境信仰と努力信仰にすがるほかないのだ。行動遺伝学の知見は、庶民の希望の光に分厚い暗雲をもたらす。

    行動遺伝学者であり教育学者でもある私も、この知見には打ちのめされた。そしていまも打ちのめされ続けている。この知見は二重の意味で残酷だからだ。

    つまりまず第一に、今述べたように、これを知らせれば、学力不振に悩みながらも努力を続ける多くの国民の希望を奪うという残酷さ。

    そして第二に、もしこれを知らせなければ、学力や学歴の差からくるさまざまな社会格差が、かなりの部分遺伝による(これも事実だ)にもかかわらず、その優生学的状況に気づかされずに、ひたすら苦しい学力向上のための「努力」を、国民は無知のままに強いられ続けるという残酷さである。

    しかもこの状況を不条理と非難したところで、それを解決する方法は遺伝子を変えるか、親を変えるしかなく、現実的にはありえない。

    その上、この事実を受け入れたとたん、もともと勉強のできる人は「なぁんだ、じゃあがんばって勉強する必要なんかないんだ」と慢心し、できない人もやはり「なぁんだ、じゃあ努力しても仕方ないんだ」とあきらめるだけである。

    かくして、この知見が世の常識になると、日本人はだれも努力しなくなってしまう。
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53474

    【残酷な「遺伝の真実」あなたの努力はなぜ報われないのか】の続きを読む

    [画像:01bbbc78-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/11/02 15:26:39.64 ID:CAP_USER.net
    これからのキャリア形成では、なにが正解なのか。マーケティング戦略アドバイザーの永井孝尚さんは「『あなたという商品』の価値を高める方法を考えるべき」といいます。永井さんの知人に「お金さえもらえばいい」といって、受け身の仕事を続けてきた55歳の男性がいます。49歳で子会社に転籍。給与減を補うために転職を志しましたが、まったくうまくいきません。どこで間違ったのか。教訓とあわせてお伝えしましょう――。
    「もっと要領よくやればいいじゃないか……」
    今どきのキャリアをどう考えたらいいのか。失敗から学ぶことはたくさんあります。今回は「仕事ではお金をもらえばいい」と割り切ってきた55歳の現在を紹介しましょう。落合タクミ(仮名)が新卒入社したのは、中堅メーカーC社でした。「上司に従っていれば、失敗しても上司の責任。自分でわざわざリスクを取る必要はない」が彼の持論です。だから仕事で自発的に提案をすることはほとんどありませんでした。常に受け身で仕事をしていたのです。

    彼は上司の言うことには忠実だったので、上司のウケはとてもよいものでした。入社後の10年間は高度成長期の最後の時代です。自発的に考えなくても、仕事は次々と向こうからやってきました。

    一方、職場の中に今風に言えば「意識高い系」の同僚・山田がいました。落合から見ると山田はイタい男にしか見えません。「山田さんはストイックだなぁ(笑)」と揶揄した感じでちゃかすことも多く、本音では(仕事なんかに本気になって……)とイラッとしていました。

    (山田みたいに頑張って新しい提案しても、余計な仕事を抱えるだけだし、給料なんてほとんど変わらない。わざわざ失敗して後ろ指をさされるリスクが増えるだけだし、周りにいるオレたちの仕事も増えるし、はっきり言って迷惑なんだよ。もっと要領よくやればいいじゃないか……)

    昇進も給与も、基本的に年功序列の時代です。新しい提案をして失敗しようものなら、責任問題にもなります。それならば、上司の指示通りに受け身で動いて、できるかぎりリスクを取らない方がはるかに賢い選択。仕事なんてお金がもらえればじゅうぶん。それが落合の考え方でした。

    転職斡旋会社には登録したが…
    そして現在。彼は55歳になっていました。

    49歳のときに積み増しの退職金をもらい子会社に転籍して、すでに6年が経過していました。仕事は元いた親会社への派遣です。元勤務先である親会社で、会社裏口の受付窓口応対をしています。給与は親会社にいたときから半減していました。一方で、新入社員時代にバカにしていた同期の「意識高い系男」の山田は、親会社で本部長として活躍しています。

    落合の目下の悩みは、5年後の60歳でやってくる定年退職です。年金支給は65歳から。年金支給まで5年間、生活費をどうやって工面すればいいのか? 彼は思い悩み、転職斡旋会社に登録しました。

    ある日、転職斡旋会社からC社と同じ業界の中小企業社長と面接がセットされました。2代目社長は30代前半で落合より20歳以上も年下です。転職斡旋会社からは「小さい会社だが成長中で将来性がある」と紹介されました。「成長中の会社ならば給与がいい仕事があるかもしれない」と、彼は淡い期待を持ち面接にのぞみました。

    「言われたことならできる」という人はいらない
    社長「はじめまして。ご足労いただきありがとうございます。お時間もないのでさっそく面接に入らせてください。落合さんはC社さんにおられたんですよね。当社ではどんなことができると考えていますか?」
    本人「言われたことは何でもできます。仕事ですから」
    社長「……落合さん、言われたとおりにやるだけなら、うちに仕事はありません。単純な仕事ならばITやAIを使えばスピードも人間よりも速く、正確で、しかも低コストです。コンビニでも無人レジが登場している時代ですよ」
    本人「……そうですね……」
    社長「当社はまだまだ零細企業ですが、これからは世界で戦えるように大きくしていきたいと考えています。そのためにITやAIなどの先端技術をフル活用していきます。私たちが欲しい人材は、ITやAIで代替できない、AIを仕事の武器として活用できる人材です。『言われたことならできる』という人を抱える余裕は当社にはありません。ご理解ください。お互いにこのまま話を続けても時間のムダだと思います」

    最近、落合と話をする機会がありました。面接でのやり取りで若社長が言った言葉に思い悩んでいるようでした。彼は私にこうぶちまけました。「そもそも仕事は言われたことをやってお金をもらうものじゃないのか!? なんでこうなるんだ……」。
    以下ソース
    http://president.jp/articles/-/22798

    【"意識高い系"をバカにしてきた50代の末路】の続きを読む

    [画像:74f32a7f-s.jpg]


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/04 20:54:38.150 ID:iOnRkZh0d.net
    全くの初心者で訳が解らないわ
    関数もちょっとしか知らないし
    どっか初心者でも分かりやすいサイトとか知らないか?

    【【無茶ぶり】上司から見積書のVBAとマクロ作れって言われたんだが】の続きを読む

    [画像:3b572cb7-s.jpg]

    1: ノチラ ★ 2017/08/09 11:37:30.06 ID:CAP_USER.net
    40歳をすぎると、学生時代の英語力はすっかり錆びつき、記憶力も減退。英語の勉強が苦痛で、不安にかられる人が多い。しかし「やり方次第では、40代でも英語は上達する」と、英語の達人たちは異口同音に指摘する。ジーエルアカデミア代表取締役の塚本亮さんは、「海外留学や大学院進学の夢を実現するため、英語の勉強を中高年から再び始め、実力をメキメキ伸ばした人は大勢います」と明かす。

    また、児童英語研究所社長の船津洋さんは「英語は“学習”するのではなくて“獲得”するものです」と力説する。いうなれば、体のなかに英語の感覚を染み込ませない限り、英語は身につかないというわけだ。人間が言語を操る仕組みについて、脳科学を長年研究してきた元帝京平成大学教授の後藤秀機さんは、下の図の「脳の地図」を見ながら次のように説明する。
    http://president.ismcdn.jp/mwimgs/c/4/670mn/img_c4679b8ace174cf75655adf30e4ee4f2131813.jpg

    「耳から脳の聴覚野(41/42)に入った言葉は、感覚性言語中枢のウェルニッケ野(22)で意味づけされ、記憶されます。会話をする場合、ウェルニッケ野で相手の言葉を理解し、前頭前野で文章を組み立ててから、運動性言語中枢のブローカ野(45)を通じて言葉を発します。私たちが言語を身につけるのは、言葉のやり取りを長期間にわたって繰り返しているうちに、脳に言語の回路ができるから。脳が同じ刺激を受けていると、神経細胞同士が強く結合して、情報伝達がスムーズになります。これを『ヘッブの法則』と呼びます」

    後藤さんによれば、英文法問題を解く場合、英語の初心者は、脳のさまざまな部位を使うが、英語の上級者は、前頭前野など脳の一部しか使わないことが実験でわかったという。英語の上級者は、英語の回路ができており、効率的に答えを導き出せるのだ。ただし、言語の回路は、長期間使っていないと、脳が“廃用”にしてしまうそうだ。

    つまり、英語の勉強を日頃から継続していれば、40代になっても、英語力は十分アップできるといえそうなのだ。
    http://president.jp/articles/-/22723

    【【目指せ】40代の英語習得は遅すぎるか?【バイリンガル】】の続きを読む

    [画像:2e058244-s.jpg]



    1: テンバガー ★ 2016/05/24 23:18:26.17 ID:CAP_USER.net
    「仕事中なんだから眠っちゃダメ!」と思っていても、おかまいなしに襲ってくる睡魔。日中に襲われると、本当につらくて、仕事が進まなくなってしまいますよね。
    この厄介者を振り払うために、みなさんはどんな工夫をしているのでしょうか?そこで今回は働く女性たちに、日中の睡魔を追い払う方法について教えてもらいました。

    <日中の眠気を覚ます方法>■カフェインをゴクゴク!
    ・「濃いコーヒーを飲む。シャキッとする気がするから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

    ・「栄養ドリンクを飲むのが一番効果があります。常に会社のデスクにストックしてあります」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

    ・「コーヒーや緑茶など、カフェインを含む飲み物を飲んでみる」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

    ・「ミンティアと、苦い緑茶で無理やり起こす」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

    コーヒーや緑茶、エナジードリンクなど、カフェインが多く含まれているものでシャッキリ目を覚ますのはやはり王道ですね。ただし、飲みすぎには注意です!

    ■体を動かして目を覚ます!
    ・「体を動かす仕事をすること。体を動かすので、目をあけていないと仕事にならないから」(26歳/自動車関連/技術職)

    ・「トイレに行ったり、場所を少し移動したり、環境を少し変える」(28歳/ソフトウェア/技術職)

    ・「歯磨きをする。

    軽く体を動かす」(33歳/その他/クリエイティブ職)

    ・「どうしても眠いときはトイレに行くふりをして会社内をぐるっと歩く」(32歳/自動車関連/技術職)

    オフィスの中なので、筋トレをしたり、走りまわったりすることはもちろん難しいですが、簡単なストレッチやマッサージ、ちょっと歩くだけでも、脳に刺激が加わって、目がさえていきそうですね。

    ■ほんの少しだけ仮眠!
    ・「仮眠を取る。10分前後でもすっきりします」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

    ・「なんだかんだカフェインは効きます。あとはトイレでちょっとだけ寝るのは効果的」(31歳/その他/クリエイティブ職)

    ・「昼寝する」(22歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

    ・「ちょっとだけ寝る」(26歳/情報・IT/技術職)
    どうしても耐えられない睡魔なら、いっそ一瞬だけ眠ってしまうほうが、その後の仕事の効率もアップしそうですよね。デスクで仮眠が取れないのなら、トイレの個室で5~10分寝るだけで頭がすっきりするはず。

    <まとめ>
    日中の睡魔は本当にやっかいですが、対処法を講じれば、仕事もすっきりした気持ちで取り組めます。眠いと感じたときは、すぐに行動を起こして、睡魔を追い払っていきたいですね。

    http://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_Escala_20160523_5799334/

    【仕事中に襲ってくる睡魔…日中の眠気を覚ます3つの方法】の続きを読む

    [画像:802f8d5b-s.jpg]


    1: (名前は掃除されました) 2009/03/03 12:19:33 ID:dol9JTVA.net
    職場に汚机の同僚が3人いるんだけど、
    締め切りは守らないわ、指示されたことを分からないなら
    分からないままにして手をつけないわ、そもそも仕事しないわ。
    ミスを指摘されるとなぜか逆切れか言い訳のオンパレード。
    汚机=仕事ができない は定説だと思う。

    【【整理整頓】デスクが汚い奴は仕事ができない??】の続きを読む

    [画像:2d90a877-s.jpg]

    1: ノチラ ★ 2017/08/19 16:24:55.37 ID:CAP_USER.net
    ビジネスメールの文面に「スマイリー(絵文字)」を入れることは、一般的には良い考えではないことが確認された。メールに絵文字を入れた場合、受信者が送信者から受ける印象は悪くなる可能性があり、情報を共有したい気持ちもそがれるという。

    イスラエルのネゲヴ・ベン・グリオン大学のエラ・グリクソン博士が複数の大学と共同で実施したこの調査は、「仮想世界での行動が現実世界での行動といかに関連付けられているか」というまだあまり理解されていない部分を探るものであり、興味深い調査だといえる。

    「能力」が低く見られる?

    グリクソン博士らが率いるチームは、複数の実験を行った。そのうちの一つでは、参加者たちにいくつかのメールの文面を読んでもらった。メールは新たに採用された従業員が、自分が加わることになるチームのメンバーに宛てたものとして作成。絵文字を入れたものとそうでないものを用意した。

    参加者たちに送信者の「温かさ」と「能力」について評価してもらったところ、絵文字があることで「温かさ」の評価は高まったものの、違いはごくわずかにとどまった。一方、「能力」がある人だと思うかどうかについては、評価には悪影響が及んでいた。

    絵文字でなく「笑顔の写真」を見せた場合、写っている人に対する上記2つの基準に関する評価は、高まることが分かっている。これは、対面でのやり取りに関する過去の調査結果と一致する。だが、これは同時に、仮想世界で受ける印象が、現実世界で受けるものとは異なるものになり得ることを示すものであるともいえる。

    仕事のメールに絵文字が使われていた場合、受信者があまり要素の多い文章を返信しなくなったことについて研究チームは、「能力が低い相手だという印象は、情報を共有したという気持ちを損なわせる」との見方を示している。

    グリクソン博士によれば、「仕事のメールでは、スマイリーは笑顔を意味しない」のだ。

    面識のある間柄では有効か

    また、メールの送信者を明らかにせずに読んでもらった場合、絵文字の入ったメールは女性が送ったものだと考える参加者が多かった。これは注目すべきジェンダー問題であり、個別に研究を行うべきだと考えられる。

    博士は今回の調査結果を受けて、次のように述べている。「スマイリーをバーチャルな笑顔と考える人が多いようだが、仕事の場合、少なくともその仕事に就いた最初のやり取りの段階においては、この考え方は間違いだといえる」

    「現時点では、スマイリーが実際の笑顔の代役を果たせるのは、メールの送信者と受信者がすでに面識のある間柄の場合だけだ。送信者の年齢や性別に関係なく、最初のやり取りにおいては、絵文字の使用は避けるべきだ」
    https://forbesjapan.com/articles/detail/17382

    【ビジネスメールで「絵文字」使用はよくないの?】の続きを読む

    [画像:8aeea401-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/08/15 21:07:15.39 ID:CAP_USER.net
    苦手意識を克服するためのヒントは、ある行為を習慣にすることです。

    ある工場で実際にあった例をご紹介します。その工場の職員は、経営者がいくら「数字を意識せよ」「データを使って考えてみろ」と言っても、自らの経験や勘に頼ってばかり。

    そこで経営者は、今度は職員に対して「やったことを数値で記録するように」と伝えました。最初は面倒くさがっていた職員も、記録すると、その日と前日とが簡単に比較できるようになります。

    すると職員の会話に変化が生まれます。「前日より所要時間が短縮している。なぜ?」「前日より人数は少ないのに今日のほうが出荷数が多い。なぜだろう」と、そんな会話を自発的に職員たちは始めたそうです。そう、まさに「数会話」です。こうなると職員は、次の日も数値で記録してみようと自然に思えるようになります。

    増えた。減った。なぜだ。おそらく◯◯◯だからじゃないだろうか。じゃあ明日は◯◯◯を変えてみよう。翌日もまた……。お気づきのように、これがいわゆる「PDCAサイクル」と呼ばれるものです。たったこれだけで、職員は苦手だと思っていたはずの数字を前のめりで使い、仕事の仕方を変えたのです。

    ▼自分の行動を「定点観測」してみる
    私があなたにお伝えしたいことはたったひとつ。いまの仕事において何でもいいからひとつだけ、数字で記録するテーマをつくってください。そして1日1分でいいので、その日に記録した数値を振り返るのです。つまり、毎日の習慣にするということ。

    営業やマーケティングといった数値化しやすい仕事の方であっても、「コピーを何枚とったか」「電話を何回かけたか」「“ありがとう”を何回言われたか」など、あえてあまり数値化しないテーマを選ぶことがコツです。決して「え、そんなこと?」とは思わないでください。自分は効率よく仕事ができているか、コミュニケーションをサボっていないか、人を大切にして仕事をしているか、そんなことに定点観測することで気づけます。しかし、記録していなければ絶対に気づくことはできません。

    さて、あなたはどんなテーマで「定点観測」を始めますか。記録が楽しくなり、テーマが増えてきたら、数字への苦手意識が消えるとともに、仕事の質も飛躍的にアップしているはずです。
    http://president.ismcdn.jp/mwimgs/2/4/-/img_2479ce238e03b0358491ee9cdf36755545611.jpg
    http://president.jp/articles/-/22782

    【仕事で使う数字への苦手意識が消えるシンプルな習慣】の続きを読む

    [画像:0689e525-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/08/06 14:59:11.69 ID:CAP_USER.net
    『多動力』に続き、最新刊『バカは最強の法則~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方~』で、またしても大胆な提言を連発している堀江貴文氏。同書に記した「仕事や人生で負けないための法則」について、短期集中連載で特別解説! 6回目のテーマは、仕事や商売で成功するのに必要な信用を得る方法について。もらうことばかり考えるのではなく、与える気持ちが大切だ。

     * * *
     仕事やビジネスを進める上で、一番大切なのは「信用」だ。作り方は人それぞれだが、私からアドバイスできることもある。

     一つは人間関係の「断捨離」だ。たいていの人は、会社や学校、地域などの古い人間関係を、腐れ縁で維持している。現状維持した方がラクな一面もあろう。しかし、異なる環境で、古い人脈がそれほど有効に生きるはずはない。

     一定の人間関係や、保っておかなければいけない付き合いもある。けれど、いらないと感じたもの、不愉快なものはためらわず捨てる。嫌いな人、会いたくない人には、はっきりそう言えばいい。

     私の知る限り、好き嫌いをはっきりさせる人は、みんな信用されている。みんなに気に入られようとすると、結果的に誰からも好かれないし、信用もされない。家族でも、仲間でも、不愉快なものは切り捨てよう。情けやしがらみにとらわれて、いらないものを持ち続けていても、いいことは何もない。

     次に大切なのは、「与える気持ち」だ。今の時代、優れた情報は無料で手に入る。ビジネスアイデアはいたるところに落ちているし、ロールモデルになる人も大勢いる。これほど恵まれた環境が整っている社会で、「あなたは信用できる」という評価を得るためには、生半可な才能や知識は役立たない。

     信用を得るためには、相手と「ギブ&テイク」という関係性を築くだけでは足りない。「ギブ&ギブ」、おまけに「ギブ!」くらいの気構えが必要だ。相手に惜しみなく与える。見返りなど期待せず、相手の想像をはるかに超える何かを与えることこそが、信用を得る近道だ。

    人生においても、何ら変わりはない。私が頻繁に会いたい、助けたいと思う人はみんな気前がいい。会うたびに、何かポジティブなものを与えてくれる。ビジネスに使える貴重な情報や抜群に話が面白いなど。一緒にいると気持ちいいとか、人格的なものでも価値になる。

     そういう人たちに囲まれていると、私も何か与えなければという気持ちになる。与えて、与えられて、価値の相乗効果ができていく。理想的な人間関係だ。

     逆に、もらうことばかり期待して、何も与えようとしない人は、遠ざけている。成績が上がらないサラリーマンや儲からない経営者はこのタイプだ。どこかで与える側の発想に変わらないと、状況はいつまでも改善しないだろう。

     与えたくても、与えるものがないという人もいるが、それは違う。相手が喜ぶこと、満たされるものを提供することは、誰だってできる。興味を持ちそうな話を調べてきて話したり、雑用を手伝ったり、一発ギャグでも考えて披露したり。「あなたといると何か楽しい」という気持ちを、相手に感じさせるだけで、充分なギブだ。

     ギブの工夫ができない人は、いつまで経っても信用を得られない。与えれば与えるほど、いずれは何かが返ってくる。それが大きな成果にもつながるはずだ。
    https://www.news-postseven.com/archives/20170806_593523.html

    【ホリエモンが語る仕事で成功する心得「ギブ&ギブおまけにギブ」】の続きを読む

    このページのトップヘ