リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    ブラック

    freee151108008528_TP_V


    1: 名も無き被検体774号+ (ワッチョイW 816f-8+0T) 2018/06/17(日) 12:04:08.81 ID:/wkjmuui0
    入社2日目からテレアポ200件打ってるんだけど、とうとう結果が出ないのでペナルティーが課された模様、辞めて構わないですかね?給料は変わらないと思う、ベンチャーだから有給も無いし。

    引用元: ・新卒ワイ、毎日テレアポ200件が辛すぎて辞めたい

    【【不動産】新卒ワイ、毎日テレアポ200件が辛すぎて辞めたい 】の続きを読む

    00_PP23_PP_TP_V


    1: 名も無き被検体774号+ (ワッチョイWW e3db-kIKm) 2018/05/11(金) 22:33:15.09 ID:3AzmNkh40
    運送業って本当にブラックだ
    半年やったけどもう限界
    バックレ以外の方法で、即効で辞められる方法を教えて下さい

    引用元: ・仕事辞めたい 助けてください


    【【ブラック】仕事辞めたい 助けてください 】の続きを読む

    DSCF5792_TP_V


    1: 1984 ★ 2018/02/02 11:10:20.38 ID:CAP_USER.net
    <ヘイセイデータ>数字で振り返る平成経済

    この30年で日本の雇用は大きく変わりました。非正社員が4割弱に増え、長時間労働が問題になり、各企業で働き方改革が進んでいます。リクルートグループで20年間以上雇用の現場を見てきた、雇用ジャーナリストの海老原嗣生さんは、背景に働く方も働かせる方も「便利な仕組み」と機能してきた雇用制度があると指摘します。ブラック企業はなぜ生まれてしまったのか? 雇用の「平成30年史」を振り返ります。
    長時間労働を生んだ日本型雇用

    ――日本ではなぜ長時間労働が問題になるのでしょうか。

    「雇用の仕組みに理由があると考えています。欧米では会社にポストがあり、そのポストに人を当てはめるという考え方が一般的です。一方で日本は、ポストではなくて会社に入るという契約です。これは労使にとって便利な仕組みなんです」


    ――会社にとっての利点は?

    「社員を自由に異動させられる点です。例えば、新規事業を始めるときに人を集めやすくなる。もう一点はポストが空いたときの対応です。欧米はポストで雇用するので、ポストが空いたら基本的には同業同職の競合他社という狭い範囲から適当な人を探さないといけない。俗にいう引き抜きですね。引き抜かれた方は人材不足になるから、引き抜き返しがおこります。日本は、同じ会社で下から引き上げれば良いと考えますよね。役員が抜けたら事業部長から上げる。結果、事業部長が今度は空席になるが、そこには部長が、部長の空席には課長が、課長の席には係長が……といった具合です。もちろん、下以外にも左右の同僚で埋めることも可能です」

    ――でもそれがなぜ長時間労働につながるのですか?

    「内部昇進すると仕事内容が変わりますよね。慣れたころに次の仕事に変わる。これが続くことが長時間労働の一因だと思います。左右から異動させた場合でも、地域や顧客、メンバーが新しくなるためにやはり、労働時間は増えるでしょう。逆に欧米のポスト採用の社員は本人の同意がない限り、仕事の内容が変わらないので、年を重ねるほど習熟していき、むしろ働く時間が短くなる」

    「日本は立場が上がって、大企業の正社員であれば年収700、800万近くまで給料が上がる。その結果、男性は長時間労働をいとわずに滅私奉公で働き、女性は家事育児、という家庭内分業が進んでいった。これが長い間続いてきた日本型雇用の特徴でした」


    女性の総合職が増えたワケは?


    続きはソース
    https://withnews.jp/article/f0180202001qq000000000000000W00j10301qq000016669A

    【ブラック企業の犯人は「終身雇用」だった? 働き方の「平成30年史」】の続きを読む

    KAZUP1030713_TP_V


    1: 名無しさん@引く手あまた 2014/05/18 10:47:12.21 ID:0AMtDTkm0.net
    私が見出した方法です。皆さんの見分け方も良かったら教えてください。
    ジョブセンスリンクとその他のサイト(日経キャリアNET、マイナビ、リクナビ、エンジャパン)のどちらに求人広告が掲載されているかでだいたいわかります。
    ただし、あくまで中途採用での判定基準です(ブラック企業でも新卒募集はマイナビやリクナビを利用します)。
    安全圏・・その他のサイトにはあるが、ジョブセンスリンクにはない。または、その他のサイトにもない。
      ●ブラック企業は排除しきれないが、優良企業が最も多く生息するパターン。
    要注意圏・・ジョブセンスリンクとその他のサイト、両方にある。
      ●もしかしたらブラックの可能性。念のため、調べた方がいい。
    デンジャラス圏・・ジョブセンスリンクだけにある(途中からジョブセンスリンク一本になったケースも)。
      ●ブラック企業の可能性が非常に高い。疑った方がいい。
      【レベル1】ライト ブラック
      ジョブセンスリンクに掲載されてから3ケ月以内
      【レベル2】ブラック
      ジョブセンスリンクに掲載されてから3ケ月以上半年以内
      【レベル2】ブラック オブ ブラック
      ジョブセンスリンクに掲載されてから半年超1年以内
      【レベル3】超絶ブラック
      ジョブセンスリンクに掲載されてから1年超1年半以内
      【レベル4】悶絶ブラック
      ジョブセンスリンクに掲載されてから1年半超

    個人的には、ジョブセンスリンクはブラック企業の濃度が非常に濃い印象です。

    【転職サイトからブラック企業を見分ける方法】の続きを読む

    PAK_OO0I9A4245_TP_V


    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/17 05:43:03.161 ID:bo0Qj8VAp.net
    ストレスには耐えないといけないけどできるだけ限界を超えようにしないといけないとか馬鹿じゃねーの
    死ね死ね

    【精神病って理不尽じゃね?我慢して頑張った人間がなんで潰れないといけないんだ??】の続きを読む

    N112_warudakumiwosurukinyuu_TP_V


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/11/13 08:04:09.740 ID:t7bfnv8e0.net
    いやまじで

    【決まり文句「転職したら待遇下がる」「どこ行っても同じ」←真に受けてブラック企業から動けない奴ってバカなの?】の続きを読む

    [画像:551554c9-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/11/27 13:57:09.52 ID:CAP_USER.net
     「一括借り上げで長期の家賃保証」などを売り文句に、賃貸アパート建築を勧めるサブリース業界。最大手で9期連続の増収増益をとげる「大東建託」(本社東京都)で、過酷なノルマを背景にした労働者とのトラブルが続いています。(取材班)

     「大東建託は、成果主義の極限です」。同社に14年間勤め、東京都の練馬支店長を務めていた古橋治人さんは実態を語ります。

    その一つが“2年間アパート建築の契約を取れなかったら、社員の身分を失う”という内規です。入社後1年間、契約が取れなかったら月給から6万5000円をカット、さらに半年で4万3000円をカットという内規まで。契約が取れなければボーナスもなし。「成果が上がらなければ手取りは10万円台前半。生活できない」

     同社の経営手法は、土地の所有者にアパート建築を勧めるというもの。“飛び込み営業”が基本です。2017年3月期の売上高は1兆4971億円、管理戸数は100万戸を超えています。

     この数年、アパートの過剰供給が問題視され、銀行の融資も厳しくなりつつあります。首都圏では他社との競合も激化。一方で上層部は「ただひたすら『飛び込め』『契約をとれ』と迫るだけ。創業から40年以上まったく変わっていない。顧客からのクレームも絶えない」といいます。

     「1日12時間を超える勤務、土日出勤は当たり前」。会社が行った未申告労働時間調査では、月10~30時間が57%、30~50時間が18%、50時間以上が5%です。社長も社内報で「労働基準監督署による改善指導が後を絶ちません」と認めるほどです。

     離職率も高く、1カ月で111人が入社し、137人が退社する(4月)事態です。

     残った社員は追い詰められています。

    15年には建築営業社員が顧客をハンマーで殴打する事件も起きました。裁判の冒頭陳述で検察側は、営業成績を上げるため、契約書の偽造や架空契約、融資の安請け合いなどをした末の犯行であったと指摘しました。

     12年には架空契約トラブルで支店の社員約20人が一斉に解雇されたことも。自殺者も相次いでいます。古橋さんは「明るみに出た事件は氷山の一角」といいます。

     社員管理も徹底しています。

     管理職は13日間もの「管理者養成学校」に通います。夜間に山中を歩行する「夜間歩行訓練」という研修も。古橋さんも06年に参加し道に迷った末に約80キロメートルを歩き、参加者の多くが両膝にけがを負ったといいます。

    労組を結成

     上層部に意見することもあった古橋さんは、部下のミスを理由に、支店長からヒラ社員まで6段階降格させられました。処分取り消しなどを求め現在、訴訟中です。

     古橋さんを委員長に今年4月、創業以来初となる労働組合「全日本建設交運一般労働組合(建交労)東京都本部 大東建託支部」を結成しました。労組へは社員からの相談が絶えず、組合員も続々と増えています。

     建交労都本部の遠藤晃書記長は「労組への会社の圧力も激しい。人間らしい働き方ができる職場にするため、私たちも全面的に支援し、たたかいます」と語ります。

     大東建託は本紙の取材に期日までに回答しませんでした。
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-11-27/2017112701_01_1.html

    【【大東建託】「契約取れないとクビ」成果主義の極限】の続きを読む

    このページのトップヘ