リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    ブラック

    [画像:551554c9-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/11/27 13:57:09.52 ID:CAP_USER.net
     「一括借り上げで長期の家賃保証」などを売り文句に、賃貸アパート建築を勧めるサブリース業界。最大手で9期連続の増収増益をとげる「大東建託」(本社東京都)で、過酷なノルマを背景にした労働者とのトラブルが続いています。(取材班)

     「大東建託は、成果主義の極限です」。同社に14年間勤め、東京都の練馬支店長を務めていた古橋治人さんは実態を語ります。

    その一つが“2年間アパート建築の契約を取れなかったら、社員の身分を失う”という内規です。入社後1年間、契約が取れなかったら月給から6万5000円をカット、さらに半年で4万3000円をカットという内規まで。契約が取れなければボーナスもなし。「成果が上がらなければ手取りは10万円台前半。生活できない」

     同社の経営手法は、土地の所有者にアパート建築を勧めるというもの。“飛び込み営業”が基本です。2017年3月期の売上高は1兆4971億円、管理戸数は100万戸を超えています。

     この数年、アパートの過剰供給が問題視され、銀行の融資も厳しくなりつつあります。首都圏では他社との競合も激化。一方で上層部は「ただひたすら『飛び込め』『契約をとれ』と迫るだけ。創業から40年以上まったく変わっていない。顧客からのクレームも絶えない」といいます。

     「1日12時間を超える勤務、土日出勤は当たり前」。会社が行った未申告労働時間調査では、月10~30時間が57%、30~50時間が18%、50時間以上が5%です。社長も社内報で「労働基準監督署による改善指導が後を絶ちません」と認めるほどです。

     離職率も高く、1カ月で111人が入社し、137人が退社する(4月)事態です。

     残った社員は追い詰められています。

    15年には建築営業社員が顧客をハンマーで殴打する事件も起きました。裁判の冒頭陳述で検察側は、営業成績を上げるため、契約書の偽造や架空契約、融資の安請け合いなどをした末の犯行であったと指摘しました。

     12年には架空契約トラブルで支店の社員約20人が一斉に解雇されたことも。自殺者も相次いでいます。古橋さんは「明るみに出た事件は氷山の一角」といいます。

     社員管理も徹底しています。

     管理職は13日間もの「管理者養成学校」に通います。夜間に山中を歩行する「夜間歩行訓練」という研修も。古橋さんも06年に参加し道に迷った末に約80キロメートルを歩き、参加者の多くが両膝にけがを負ったといいます。

    労組を結成

     上層部に意見することもあった古橋さんは、部下のミスを理由に、支店長からヒラ社員まで6段階降格させられました。処分取り消しなどを求め現在、訴訟中です。

     古橋さんを委員長に今年4月、創業以来初となる労働組合「全日本建設交運一般労働組合(建交労)東京都本部 大東建託支部」を結成しました。労組へは社員からの相談が絶えず、組合員も続々と増えています。

     建交労都本部の遠藤晃書記長は「労組への会社の圧力も激しい。人間らしい働き方ができる職場にするため、私たちも全面的に支援し、たたかいます」と語ります。

     大東建託は本紙の取材に期日までに回答しませんでした。
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-11-27/2017112701_01_1.html

    【【大東建託】「契約取れないとクビ」成果主義の極限】の続きを読む

    [画像:8b4acd3c-s.jpg]


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/27 12:23:25.371 ID:OsGA/FCs0.net
    ブラック企業と世間から言われてる会社に勤めてても難なく仕事してる人たくさんいるよね?
    それって個人の能力の差じゃん?だから能力が低い人間は無理して働くか辞めるしか道はないよね?
    企業側が底辺に合わせる必要なんてどこにもなくない?

    【すぐに社畜とかブラック企業とかお前ら言うけどさ それって全部自分のメンタルの弱さの言い訳だよね?】の続きを読む

    [画像:be711918-s.jpg]


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/26 12:30:24.81 ID:SiH/YfGS0.net
    1(右) 皆昼飯後に歯磨きをする
    2(二) 社内にマッサージ室があり無料で40分フルマッサージができる
    3(遊) 有休が取れる
    4(中) 給与がいい
    5(三) 残業代が出る
    6(一) 年間休日120以上
    7(左) 飲み会が少なく芸や飲み物の強要がない
    8(捕) 男女問わず優しい(質問も嫌な顔せず答えてくれる)
    9(投) 圧倒的に巨〇美人が多い

    やっぱり大企業やな

    【ブラックからホワイトに行って驚いた事で打線組んだwwww】の続きを読む

    [画像:a5377319-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/08/07 11:40:26.96 ID:CAP_USER.net
    労働関係の法令違反で書類送検された企業を、都道府県や違反法令別などで一覧・検索できるWebサイト「ブラック・ブラック企業」が登場した。

     長時間労働など労働基準法違反や、職場の安全対策を怠る労働安全法違反など、労働関係の法令違反で書類送検された企業を、都道府県や違反法令別などで一覧・検索できるWebサイト「ブラック・ブラック企業」が登場した。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1708/07/yx_black.jpg

    厚生労働省が公表したPDF形式のリスト(平成2016年10月~17年6月公表分)からデータを抽出し、都道府県や公表年月、違反法条別にデータベース化。「大阪府」などの地域や「平成29年」「3月」など公表年月、「労働安全衛生法」「労働基準法」など違反法条別に、対象の企業数をグラフで確認したり、企業名を一覧できる。「平成29年3月公表の労働安全衛生法違反」など、絞り込み検索も可能だ。

     グラフ化により、摘発された企業が大阪府・愛知県に多いことや、公表月が3月に偏っていること、労働安全衛生法・労働安全衛生規則違反での摘発が多いこと――などが一目で分かる。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1708/07/yx_black_02.jpg

     飯田哲さんがPDFからデータを抽出し、CSV化してGitHubで公開しているリストを、コード・フォー・トウキョウ代表で、データビジュアライゼーション(データの可視化)普及活動を行っている矢崎裕一さんがWebサイト化した。黒バックに灰色の文字で見づらいが、「ブラックな」サイトなのでこのデザインにしたという。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/07/news055.html

    【厚労省の“ブラック企業リスト”をグラフで可視化!「ブラック・ブラック企業」登場】の続きを読む

    BL008-cyottomatteyo20140810_TP_V


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/04 06:55:38.551 ID:uGUc6Yxx0.net
    なぜこうも違うのか
    【ホワイト企業「残業するのは無能」 ブラック企業「早く帰る奴は無能」】の続きを読む

    HW20160702310016_TP_V


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/30 06:56:46.787 ID:JyesqhI30.net
    ・風邪ひいたら普通に休めるか
    ・きちんと年次休暇が毎年20日間付与されるか
    ・年次休暇取得に理由を求められないか
    ・土日祝日は当然休めるか
    ・仮に土日祝日に出勤した場合、代休と割増分の給料をもらえるか
    ・盆暮れ正月GWSWはきちんと休めるか
    ・食事休憩は1時間取れるか
    ・残業代は100%出るか
    ・サービス残業が50時間以上ないか
    ・残業代単価は割増されるか
    ・ボーナスは月給の2倍以上はもらえるか
    ・ボーナスは2回以上あるか
    ・愛社精神を植え付けようと洗脳してこないか
    ・人間ドック補助はきちんとあるか
    ・人間ドックで休ませてくれるか
    ・通勤補助が満額支給されるか
    ・家賃補助が3万円以上支給されるか
    ・離職率が3%以下か
    ・労働組合がしっかり機能しているか
    ・保養所施設が充実しているか
    ・プロパー社員がトップまで出世することは可能か(親族経営または役員が出向組などではないか)
    【ホワイト企業とブラック企業の境目を教えてやるwwww】の続きを読む

    MIYA_DSC_4039_TP_V


    1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/08 11:50:18 ID:vhY
    たまにそういう話聞いてたけどまさか自分もそうだとは思わなかった
    来年引っ越ししてでも前と同じ職に転職するつもり
    【ブラック企業→ホワイト企業に転職→ブラック企業に戻りたい病発症】の続きを読む

    PAK92_tsuukinrash20150107071516-thumb-autox1600-17999

    ブラックを考える前に、外部環境について考える

    昔、人材業界に身を投じていたこともあり、よく聞いていたフレーズ、”ブラック”、”ホワイト”。最近このブラック・ホワイトって何なんだろうと考えることがよくあります。ちなみに私の現職は、一般的に考えてかなりのブラックに入ると思います。なんやかんやで何とか勤務できていますが、やはり大変です。。。辛いと思うこともあります。


    このブラックについて考える前に、社会の仕組み・外部環境から大きな視野で見る必要があると思います。日本は、そして世界は、資本主義社会であること。とても重要なことだと思います。

    つまり、企業は売り上げを伸ばさなければ消滅していく。消滅することはイコール、従業員も路頭に迷ってしまうことになります。消滅しないために、当然競争が発生します。

    競争に勝つためには、営業活動量を増やすか、質を高めるかの2点でしょうか。この2点を追求したときに、競争に勝とうとした時に、無理なやり方をして従業員を痛みつける会社が出てきます。よくないことです。しかし、この利益を追求する資本主義社会からすれば、ありえる流れだと思います。



    日本全体の労働規制強化という流れ

    では、労働量の観点で、競争や無理な働き方を日本社会全体で抑制すればいいのではという議論が起こります。しかし、あまりにも規制を強化すると、今度はグローバル競争で負けてしまうリスクもあります。難しいところですね、複雑にメリット・デメリットが絡み合ってます。

    例えになるかあれですが、学校のテストで考えてみます。通常の授業のみで受けることって抵抗ありますよね。陰で努力をしたり、たくさんの時間をかけて勉強をして、こういった努力が、結果として、得点の差になって現れます。

    様々な職業観を持った個が存在しており、中には、プラスアルファをして自分のキャリアつなげたい!自分の成績を上げたい!という人もいます。より頑張ろうという個人の芽を、規制によってつぶしすぎてしまうことは、よいことではないと思います。今の日本の流れがさらに加速すると、個人の頑張るやる気を削ぐ流れに向いているような気がします。単純労働の場合は、また別の議論になるとおもいますが。

    国は、無理な働き方を変え、今まで社会に出ていない、女性や高齢者を社会進出させ、その埋め合わせをする政策を実行中です。別の点でまた議論もありますが、労働量という点では、全体の負担を減らすことができる可能性を秘めており、良いことではないかと私は思います。

    ブラック企業の定義

    ブラック企業の特徴について厚生労働省は下記の曖昧な記載をしています。

    厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として、① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す、② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い、③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う、などと言われています。
    このような企業に就職してしまった場合の対応としては、第一義的には会社に対して問題点の改善を求めていくことが考えられます。しかしながら、新入社員が単独で会社に問題点の改善を求めて交渉等をするのは現実的には非常に難しいと考えられます。したがって、問題点に応じて、外部の関係機関や労働組合に相談することも有効な手段と考えられます。

    極端な長時間労働、極端なノルマ。やめてもらいたいですね。切実に。賃金不払い・・・論外です。パワハラ、、、何がパワハラかの基準があいまいですが、社会通念上明らかなパワハラはふざけんなです。

    この中の、極端なノルマ、パワハラは、感じ方によってずいぶん変わるのかなと思います。言い換えると、主体的に取り組んでいる人なのか、指示されたことだけを忠実にこなしている人なのか、自分の責任と捉えるか、人の責任と捉えるか、によって、その受け取りは変わってくると思います。


    ブラックを口にする人の傾向・ブラックとの向き合い方

    昔、人材業界にいたので、ものすごい数の方の就職支援をさせていただいてました。就職や転職でうまくいく人ほど、ブラックというワードを口に出さない人です。

    極端なブラック企業の例は除きますが、やはり先ほどの資本主義社会・競争社会におけるある程度のブラック要素は、どこの企業にもあると思います。残念ですが色んな会社を見てきましたが事実です。よくはないと思いますが、仕方がないと割り切って、自分が何がしたいかを考えて就職・転職活動をする人は成功しやすいです。

    ブラックというワードを口にする人は、転職回数が多く、退職理由がマイナスな傾向が、かなり顕著にあらわれていました。

    ブラック企業はよくないですが、自分の今まで人生やキャリア、また日本の置かれている外部環境をまずは理解し受け入れた上で、どうするかを戦略的に考えることが大事ではないかと思います。

    キャリア戦略を考え抜くこと・ブラック要素と向き合うこと

    自分のやりたい方向性と、就職先との方向性をなるべく一致させる。そのために、個人として何をしたいかを、突き詰めて考えることでしょうか。ここが一致しているとブラックと感じにくくなります(笑)

    どうしてもブラック要素を受け入れることができない場合は、公務員・まったり系職種・競争の少ない業界など、早いうちに方向性を切り替えることが重要です。公務員は条件もあり、またたくさんの勉強が必要ですが。。。そしてパワハラ・セクハラ系のブラック要素は、上司や配属部署によっても変わるので一概にいえませんが。

    あとは情報収集です、口コミサイトや離職率、年収などを徹底的に調べてみてください。

    それから、やはり大手企業の方が、安定して働ける可能性が高いです。企業体力がない会社は、パワープレーに走りやすいです。残念ながら。。。

    私も、ブラック企業に属していますが、それなりに仕事内容については、満足しています。だから何とか頑張れるのです。また自分の下した決断に、きちんと自分として責任を持とうと覚悟をきめています。

    まだまだブラックな世の中で、何でも自己責任になってしまいますが、主体的にキャリアを考え・構築しつづけることを忘れずに頑張っていきましょう。でも~ホワイト企業にいきたい。。。。


    このページのトップヘ