リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    社内制度

    OOK161104147_TP_V


    1: ばーど ★ 2017/07/15 07:04:24.99 ID:CAP_USER9.net
    契約社員やパート・アルバイトなど期間を定めて雇用する非正規社員を、無期雇用の契約に切り替える企業が増えている。
    2018年4月から勤続年数で5年を超える非正規社員は無期雇用を申し入れできるようになり、対象は400万人以上に上る。

    18年4月を待たずに無期雇用を認めることで有能な人材を囲い込む動きが加速してきた。

    13年4月に施行された改正労働契約法に基づき、企業は無期雇用を希望…(続きは会員登録をしてお読みいただけます)

    配信2017/7/14 2:21
    日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18859070U7A710C1MM8000/

    ★1が立った時間 2017/07/14(金) 07:20:39.94
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1499984439/
    【【労働契約法】非正規→無期雇用に切り替える企業増加 有能な人材をつなぎ留め】の続きを読む

    PAK85_sumahoman20141123104549_TP_V
    1: ノチラ ★ 2017/07/10 22:07:20.78 ID:CAP_USER.net
    毎月末の金曜日の仕事を早く切り上げるプレミアムフライデー。朝日新聞社が8、9日に実施した全国世論調査(電話)で、期待された個人消費の盛り上がりについて尋ねると、「効果をあげていない」が76%で、「あげている」はわずか11%だった。

     職業別では、事務・技術職層の85%、製造・サービス従事者層の83%が「効果をあげていない」と答え、主婦層の72%などと比べ、より冷ややかな目を向けていた。

     この官民挙げた取り組みは2月に始まったばかり。今後について聞くと、「やめた方がよい」が49%で、「続けた方がよい」32%より多かった。年代別では18~29歳だけは「続けた方がよい」が53%と多数派だったが、30代以上のすべての年代で「やめた方がよい」の方が多かった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00000091-asahi-soci
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170710-00000091-asahi-000-3-view.jpg
    【プレミアムフライデー「効果なし」76% 朝日世論調査】の続きを読む

    PAK85_oyakudachisimasu20140830_TP_V
    1: ノチラ ★ 2017/07/10 14:36:08.81 ID:CAP_USER.net
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170707005327_comm.jpg
    オフィスで終業時刻に音楽を流し、帰宅を促す試みが広がりつつある。お店が閉店まぎわに「蛍の光」のメロディーを流すのと同じ手法だ。長時間労働を減らす「働き方改革」は、待ったなしの課題。はたして効果はあるのだろうか。

     東京・新宿のオフィスビルに入居する三井ホーム本社。社員約100人が机を並べるフロア。ゆったりとしたピアノ曲が流れる。

     午後6時に突然、映画「ロッキー」のテーマ曲に切り替わった。終業時刻を告げる合図だ。

     社員が次々と立ち上がり、「私は7時までかかります」「私はこれで帰ります」。机を接する同じ班で順番に宣言していく。残業が長くなりそうな社員には、上司がアドバイスしたり、周りが手伝いを申し出たりして、早く帰宅できるよう協力し合う。

     オフィスで決まった時間帯に音楽を流す取り組みは、総務、経理、人事などの部署で2014年10月から始めた。社員のリラックスや、メリハリをつけて働いてもらうのが狙いだった。最後が「ロッキー」なのは、勇壮な曲調で「残りの仕事もがんばろう!」と奮い立たせるためだ。残業は「減ってくれたらよい」ぐらいの期待感だった。

     昨年10月に対象部署の勤務時間を調べたところ、「意外な効果の大きさに仰天した」(人事部の町山誠人事グループ長)。取り組みを始めて残業時間の合計が2~3割ほど減った。

     総務部の加藤卓郎さん(34)は「音楽が区切りになってだらだらと職場に残らなくなり、帰りやすい雰囲気になった。帰宅は2時間ぐらい早くなった」と喜ぶ。経理部の若林敏行さん(35)は「常に『ロッキー』から逆算して段取りなどを考えるようになった」。オフィス外でも「ロッキー」を聞くと無意識に「仕事は何が残っているか」と考え出すという。

     流す音楽は、USENが企業向…
    http://www.asahi.com/articles/ASK774HGHK77ULFA00W.html
    【驚きの残業対策!帰りの合図は「ロッキー」】の続きを読む

    FUKUOKA0I9A2759_TP_V


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/10 14:24:10.212 ID:lDTrChg1p.net
    たとえば定番の東京福岡間の場合

    往復で70000円の航空チケットを購入

    領収書を発行し経費精算

    航空チケットを払い戻し

    往復45000円の新幹線チケットを購入

    差額の25000円がポケットに入る

    ワイにんまり


    どや?おまえらも使ってええんやで?
    【社畜ワイがついに出張で荒稼ぎする技を発見wwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    MIYAKO85_suikawaribatugame20140726_TP_V


    1: トペ コンヒーロ(愛知県)@\(^o^)/ 2016/05/17 22:44:30.89 ID:bJa2Nc8k0.net

    社員全員参加の運動会にBBQ――ウンザリするような社内イベントはなぜ企画されるのか

    ときおり昔の嫌な思い出を夢で見る。この前は僕が若い頃に3年ほど働いていた、地元のレンタルビデオチェーンの、レクリエーションに参加していた日の夢だ。

    社員とアルバイトが30人ぐらいいただろうか。全員ムサいおっさん。この30人でボウリングをしたんだけど、盛り上がるわけがない。
    企画した奴は頭がおかしいのかと思った。

    その後はこのメンバーで食事をとったんだけど、なぜか自然食がウリのレストラン。
    野菜のバイキングだの麦飯だの、当時20代前半の僕にとっては、なんの楽しみもないメニューだった。
    社長行きつけの店らしいが、マズかった。当時は「修行なの?」と100回近く愚痴っていた記憶がある。そんな嫌な思い出を、夢に見た。(文:松本ミゾレ)

    ■「楽しいことを社員みんなでやれば仲良くなれるはず」という浅はかな考え

    5月15日、2ちゃんねるに「会社のイベント参加したくないランキング」というスレッドが立った。スレ主が投稿した内容はこんな感じだ。

    SS:社員旅行
    S:BBQ
    ―――死んでも参加したくない壁―――
    A:ゴルフ
    B:三次会
    C:二次会

    この手のイベントの特徴は、どれもこれも会社以外のメンバーでやればそこそこ面白いというところにある。
    「楽しいことを会社のみんなでやれば、社員も仲良しになって、やる気もアップするのではないか?」と、企画をする人間が浅はかな考えを持っているのだろう。

    バカの発想である。巻き込まれる側からしたら、勘弁してくれって話だ。
    さらにこのスレッド、読み進めていくと、他にも社員運動会やら社会人野球なども評判が悪いようで、嫌悪感のこもった書き込みが見られた。

    (続く)
    https://news.careerconnection.jp/?p=23978
    【【運動会】社員全員参加の社内イベントはなぜ企画されるのか?【BBQ】】の続きを読む

    AL204kusukusu320140830152421_TP_V


    1: ばーど ★ 2017/05/04 16:36:39.32 ID:CAP_USER9.net
    プレミアムフライデーで、金曜日の15時以降に、社内イベントを企画し社員を参加させる取り組みに、私は耳を疑った。30年変わらぬその発想に、社員の消費行動を阻害するだけではない、社員の自律性を損ない続けてきたトンデモ人事部の元凶を見た。

    社員の個人生活に干渉せずにいられない会社

    今年2月から導入されたプレミアムフライデー。経済産業省流通政策課が旗振り役になり、経団連をはじめとする各経済団体が名を連ねるプレミアムフライデー推進協議会が設立され、生活スタイルの変革、地域コミュニティの一体感醸成、デフレ的傾向からの克服を目指していくという。いわゆる個人消費拡大運動だ。

    百貨店のイベント、飲食店の割引、ホテルの宿泊プラン、スーパーやコンビニの企画商品、旅行会社のツアー、鉄道の割引、遊園地の入園パス、ネット通販の特典など、協賛企業が目白押しだ。画期的なアイデアで、消費を劇的に拡大するヒット企画が打ち出されることが期待される。

    私には、こうした企画のヒット度合いが、プレミアムフライデーの成否を左右するように思えてならない。降って湧いた、給与日後だろう月末金曜の午後の自由な時間を使ってみたいと思わせる、ビジネスパーソンを誘引するアイデアだ。

    そのような中で、耳を疑う取り組みに直面した。就職人気企業トップになったこともある、わが国を代表する某企業が、プレミアムフライデー導入に呼応して、社員向けの社内イベントの実施を打ち出したのだ。

    社員のために、金曜日の15時以降、趣味の会、スポーツサークル、勉強会、読書会、社内ネットワーク会合、社内情報交換会などの会合を会社主導で企画して実施するというのだ。

    顧客向けのイベントも実施すれば、社内向けの社員への対応も行う…読者の中には、ごく自然な取り組みだろう、何が悪いのか、と思う人もいるに違いない。しかし、私は、とても大きな危惧を持っている。15時退社ということは、15時からは会社の制約から離れて、自由なプライベートの時間を過ごしてくださいということだ。にもかかわらず、これでは社員に、業務からは解放したが会社にいてくださいというメッセージを送っているようなものだ。それでは消費は拡大できない。

    会社が社員の個人生活に、なぜ、そこまで干渉しなければならないのか。生活スタイルの変革、地域コミュニティの一体感醸成、デフレ的傾向からの克服に貢献しないどころか、逆行していると言わざるを得ない。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/ダイヤモンドオンライン
    http://diamond.jp/articles/-/126449

    ★1が立った時間 2017/05/02(火) 07:24:54.14
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493677494/
    【【効果】「プレ金」の意味が無い・・結局社内行事の企業も【無い】】の続きを読む

    TSUCH160130520I9A6560_TP_V


    1: 名無しさん@明日があるさ 2012/06/02 08:32:38.02 ID:???
    男女平等とはいうけど、未だに改善されないスーツ社会。
    今はクールビズが叫ばれているけど、まだまだスーツ着用は続きそうだ。
    このスレは今時、男性には黒髪短髪スーツ着用義務(or職場の雰囲気がそうしろと暗黙の了解になっている)
    で、女性は自由という「古臭い」企業名を挙げていくスレ。
    転職活動される方は目安にして頂ければと思います。
    【男性は黒髪短髪スーツ着用、女性は自由という会社】の続きを読む

    このページのトップヘ