リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    年収

    [画像:467e49bc-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/09/10 03:21:25.58 ID:CAP_USER.net
    芸人・厚切りジェイソンが日本語の勉強を始めたのは、就職した後のこと。さらに日本支社長をしながらお笑いの勉強をしてデビューしたといいます。今も芸人としてだけでなく、IT企業の副社長としても活躍中。勉強で人生を切り開いてきたというジェイソン氏に、社会人の勉強法(と、60kgものダイエット法)について聞きました。

    PRESIDENT誌では、年収2000万円超の人と年収500万円台の人それぞれ500人に、「勉強」をテーマにアンケートを取りました。両者は何が違うのか。年収を上げるためにはどのように勉強すればいいのか? アンケートの結果について、17歳で飛び級でミシガン州立大学に入学し、日本語能力検定1級を取得するなど、勉強で人生を切り開いてきたジェイソン・デイビッド・ダニエルソン氏に解説をお願いします。ジェイソンさんは、IT企業TerraSky Inc.の副社長と、同社日本法人「株式会社テラスカイ」のグローバルアライアンス事業部長という重役をこなしながら、芸人“厚切りジェイソン”としても大活躍。社会人にとって真に役にたつ勉強の仕方について、ジェイソンさんに聞きました。

    【ジェイソン】どうもー! 厚切りジェイソンです。アメリカからやってきました。よろしくお願いします!

    ――よろしくお願いします。いきなりですが、「あなたは勉強していますか」と社会人1000人に聞いたところ、「はい」と答えたのは年収2000万円超の人の約7割、年収500万円台の人では約4割でした。社会人が自分の「本業」の仕事以外に勉強することの大切さについて、どうお考えでしょうか。
    http://president.ismcdn.jp/mwimgs/e/1/528/img_e1dd172cf4f1108226946a5d7082794523658.jpg

    【ジェイソン】僕は「お笑い芸人とIT企業の役員のどちらが本業ですか」という質問が嫌だから、本業という言葉が嫌いなんだけど……。すごく単純な話だけど、給料というのは自分の価値が相手にどれほど貢献できているかで決まるから、勉強して自分の価値を高めないと、給料も増えない。それがすべてですよね。

    ――日本で IT企業の役員をされながら、お笑い芸人の養成学校に通い、卒業と同時にデビューされましたね。

    【ジェイソン】そうです。でも僕はそれより前から、ずっと2つ以上のことをしてきました。アメリカで初めて就職して新入社員だった時にコンピューターサイエンスの修士号を取ったし、その後で日本語能力検定1級も取ったし。日本に来てからはMBAエッセンシャルズというコースでビジネスの勉強をしたし、仕事以外に、常に何かを並行して勉強してきましたね。

    ――まさに、勉強で人生を切り開いてきたわけですね。仕事以外の勉強をしたのはなぜですか?

    【ジェイソン】とにかく出世したかったんです。若いころの僕は、もっとお金欲しい、もっと名誉欲しい、もっと力欲しい、もっと権力が欲しい……それだけです(笑)。社長になることしか考えていなかった。そしてそのためには、自分の仕事のスキルだけを高めるよりも、仕事以外の勉強をした方が早い。そう考えたからです。

    ――その勉強の成果を、どう生かしてこられたのでしょうか。
    【ジェイソン】最初の会社(GEヘルスケア)に入社して3年間ぐらいは職能が一番下の等級でした。仕事をしながら勉強して修士号を取ったら、等級がようやく1つ上がりました。でも僕は修士号によって自分の価値がすごく上がったことをわかっていたから、自分の価値をより高く評価してくれる会社を探して、転職して自分の給料をかなり上げましたね。そこで2年働いている間にまた自分で勉強して自分の価値を高め、自分の能力を全部使える会社を見つけて交渉して、転職しました。そして、日本支社長として日本に来た。こうやって数段跳びで給料を上げてきました。

    ――日本語能力検定もその一つだった?

    【ジェイソン】周りと区別するためです。なかなかないスキルの組み合わせを持っていれば、必要としている会社は、すごいお金を出すからね。僕は社長を目指していたので、周りとどう区別できるのかを考えながら何を勉強したらいいかを考えていた。周りに僕と同じコンピューターサイエンスの修士号を持っている人はけっこういたけど、その修士号と日本語能力検定1級の両方を持っているのは僕だけ。日本進出を考えていたIT企業が、僕を高く評価したのは自然です。
    以下ソース
    http://president.jp/articles/-/19946

    【【自己啓発】厚切りジェイソンの年収2000万の勉強法】の続きを読む

    [画像:612d9d20-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/08/31 22:00:07.81 ID:CAP_USER.net
    能力・成果主義と年功序列。IT人材にとって、どちらの人事評価制度の給与水準が高いのだろうか――。この実態を把握するのに役立つ調査結果を、経済産業省と情報処理推進機構(IPA)が2017年8月21日に公表した。

     経産省とIPAが実施した調査は、「IT関連産業の給与等に関する実態調査」。IT関連企業368社とIT関連企業に勤務する個人5000人の回答を基に、IT関連企業の給与や人事評価制度の状況を分析したものである。

     経産省はまず企業に対し、給与水準に対する「年功」の影響度を尋ね、「非常に大きい」または「大きい」と回答した企業を「年功型」、「小さい」と回答した企業を「中間型」、「まったくない」と回答した企業を「能力・成果重視型」と分類。その上で、これら三つのタイプごとに25歳、35歳、45歳、55歳時点の年収水準を比較している。

     結果はどうか。能力・成果重視型と年功型の年収水準の推移を見てみよう。
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/082901107/zu1.jpg

    標準水準の年収で見た場合、能力・成果重視型と年功型の年収に大きな差はなかった。それよりも目を引くのは、年収の最高水準と最低水準の数値である。

     まず年収の最高水準を見ると、能力・成果重視型のIT企業に勤める25歳と35歳の年収は、年功型よりも高い。25歳時点の最高水準は498万3000円と、年功型の400万8000円よりも97万5000円高い。同様に、35歳時点の最高水準は708万6000円で、年功型の587万5000円と比べて121万1000円多かった。

     25歳時点と35歳時点では、能力・成果重視型のIT企業で高い評価を受けると、年功型よりも高い報酬を得られることが分かる。

     一方、年収の最低水準を見ると、35歳時点まで能力・成果重視型と年功型で変わりはない。25歳時点の能力・成果重視型の最低水準は323万3000円。年功型は329万7000円で、ほぼ同じだ。35歳時点の能力・成果重視型の最低水準は406万7000円であるのに対し、年功型は412万5000円で大きな差はない。

    生涯年収の差はどれくらい?

     40代以降はどうか。年収の最高水準では、能力・成果重視型と年功型の差が縮まる。最低水準については年功型のほうが上回っている。

     45歳時点の最高水準を見ると、能力・成果重視型(754万2000円)と年功型(753万2000円)はほぼ同じ。55歳時点では、能力・成果重視型(835万7000円)と年功型(807万4000円)の差は約30万円。35歳時点での差(約120万円)と比べると、縮まっていることが分かる。

     一方、最低水準の年収は、能力・成果重視型が45歳時点で454万2000円、年功型は504万円。能力・成果重視型のほうが年功型よりも、約50万円低い。55歳時点ではさらに差が広がり、能力・成果重視型が502万4000円、年功型は587万円。年功型のほうが、能力・成果重視型よりも80万円以上高くなっている。

     ここまでは世代別の傾向を見た。では、一貫して能力・成果重視型に所属する場合と、年功型に所属する場合の生涯年収ではどちらが多いのか。経産省とIPAの調査では、25~55歳までの約30年間の生涯年収も算出している。

     まず、標準水準の年収が続いた場合の生涯年収は、能力・成果重視型が1億6294万円、年功型が1億6252万円だ。その差は約30年で42万円である。

     生涯年収が最も多いのは、能力・成果重視型の最高水準のケースだ。最高水準の年収を維持した場合、2億1298万円となる。年功型で最高水準を続けた場合は1億9448万円。その差は、約30年間で1850万円である。一方、最低水準の収入が25~55歳まで続いた場合、能力・成果重視型は1億2737万円。これは、年功型の1億3748万円よりも1011万円低い値である。

     「IT関連企業が優秀なIT人材にきちんと報いるためには、能力・成果重視型の給与をもう少し高い水準に引き上げるべきではないか」。経産省の宇留賀敬一商務情報政策局ITイノベーション課課長補佐は、調査結果についてこう指摘する。
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/082901107/

    【【誰得?】成果主義と年功序列、給与はどちらが高い?】の続きを読む

    [画像:b37e0a00-s.jpg]


    1: 名無しさん@涙目です。 2017/08/28 10:19:17.09 ID:S85d5NyG0.net
    大学無償化は「所得の逆分配」である

    このところマスコミで「奨学金が返せない」という報道が繰り返されている。
    これは「教育無償化」キャンペーンの一環だろうが、それに対する反論は簡単だ。
    大卒の生涯賃金は高卒より平均6000万円ぐらい高いので、大学の私的収益率はきわめて高い。
    借金も返せないような大学に行くのは間違っている。

    所得を再分配して「貧しくて大学に行けない優秀な子」を無償化で支援したいという気持ちはわかるが、これは錯覚だ。
    少なくとも再分配政策としては、大学無償化は逆効果である――と書いたら、橋下徹氏が意味不明の反論をしている。

    @hashimoto_lo
    高卒家庭に大学を目指す子どもがいないとでもいうのか。政策を考える上で中長期の視点が欠ける典型。
    税制一般に累進性があれば逆分配にはならない。高卒家庭が大卒家庭の分を負担するというのは抽象的思考の典型。

    「高卒家庭」を「大学生のいない平均的な家庭」と定義すると、大学生(短大・大学院を含む)をもつ家庭の平均年収は824万円。
    これは全国平均の世帯年収546万円の1.5倍だから、一律の大学無償化は貧しい(平均的な)家庭から豊かな家庭への所得逆分配になる。
    これは税制がどうだろうと同じだ。大学を義務教育にして全員が大学に入ると逆分配効果は(同世代では)なくなるが、
    さすがに橋下氏もそれは考えていないようだ。

    1
    大学生をもつ家庭の平均世帯年収(独立行政法人学生支援機構調べ)

    http://agora-web.jp/archives/2027931.html

    【大学生をもつ世帯の年収820万>>全国平均550万 大学無償化するとどうなるかわかるよな??】の続きを読む

    [画像:d551ebce-s.jpg]


    1: 野良ハムスター ★ 2017/08/26 00:10:53.52 ID:CAP_USER.net
    ビールを飲むだけで年収1000万円以上を稼いでいる男性の存在が発覚し、大きな話題になっている。毎晩プシュッと晩酌している我々からすれば、こんなにもビール以上に“美味しい”仕事は羨ましいかぎり。

    この話題の主人公は、英国サウサンプトンに住むハイウェル・エバンスさん(25歳)。そんな彼の職業は「ビールテスター」。全世界で夢の職業と言われている職業の一つだ。

    ビールテスターは、世界各国のビールを飲んで、レポートを作成するというもの。誰よりも速く新しく発売されたビールを飲むことができ、月に100万円以上を稼ぐため、ビールマニアの間では羨望の職業なのだ。

    元々ハイウェルさんは、小規模な醸造所で生産されているクラフトビールに関心があり、毎日のように新しい銘柄を探してきては飲んでいた。また途中からはその味などの情報をインターネット上で公開して、好事家の間で注目を集めるようになっていた。

    そんな中、米国リーズに本社がある大型スーパーマーケットチェーンASDAが、ハイウェルさんに目をつけ、彼をスカウトした。業務内容は、カリフォルニア州のビールを試飲してレポートするというものだった。

    ハイウェルさんはメディアのインタビューに対して「クラフトビール好きがこうじてこのような幸福な機会を得た」「友達みんなから羨ましがられている」と答えている。

    文/関本尚子

    http://mogumogunews.com/wp-content/uploads/2017/08/beertaster-01.jpg
    http://mogumogunews.com/2017/08/topic_16837/

    【ビール飲むだけのお仕事で年収1000万円wwwwwwww】の続きを読む

    [画像:5ca882d7-s.jpg]


    1: ニライカナイφ ★ 2017/08/11 02:58:57.80 ID:CAP_USER.net
    ビズリーチは8月10日、同社の提供する検索エンジン「スタンバイ」内のデータを元に、開発言語別平均年収ランキングを発表した。
    調査は7月19日時点で同サービスに掲載されていた正社員の求人が対象に実施。
    なお、平均年収200万円未満、2000万円以上の求人と、100件未満の求人言語、「C++」「C#」などC言語派生系は対象外とした。

    ■ 1位は米ツイッター社や米リンクトイン社で使われる「Scala」

    1位は「Scala」の626万円だった。
    2003年にスイスで生まれたScalaは、オブジェクト指向言語と関数型言語の特徴を併せ持ち、高い生産性と堅牢性を実現できると言われており、アメリカツイッター社やリンクトイン社でも利用されている。
    インターネット企業を中心に今後普及が予想されているが、リリースでは「扱える人材が少ないことから年収が高い言語」と説明されている。

    2位は、データ分析や機械学習などの分野で多く使われている「Python」で、平均年収は601万円。
    人工知能への注目が集まっていることもあり、需要が高まっているという。
    求人の分布幅を見ると最大値は1750万円で、1位の「Scala」の最大値1400万円を上回っている。
    平均年収では1位になれなかったが、「Scala」よりも稼げるチャンスが多くある言語のようだ。

    3位は「Kotlin」の577万円。
    2011年に出来た新しい言語だが、今年5月にAndroidの開発言語として正式に追加されたこともあり、ニーズの高まりが予想されている。
    今後平均年収が上昇する可能性がある。

    3位以下10位までは順に、4位「Swift」「Ruby」(562万円)、6位「Java」(552万円)、7位「Perl」(551万円)、
    8位「C言語」(538万円)、9位「JavaScript」(536万円)、10位「PHP」(522万円)と続いた。

    「化石の言語」と揶揄されるCOBOLは11位と健闘

    誕生から50年以上の歴史を持ち、「化石の言語」とも呼ばれるCOBOLは、トップ10にこそ入らなかったものの11位(509万円)だった。
    銀行や生命保険会社などの金融機関で未だ使われているためか、求人は絶えないようだ。
    「Groovy」(平均680万円)や「Haskell」(平均670万円)、「Erlang」(平均604万円)、「LISP」(平均581万円)などは求人数が少なかったためランキングの算出対象外になったが、平均年収は上位の言語とほぼ同等だった。

    調査を実施したみんなのスタンバイはこれらの関数型言語について、
    「モジュール化やバグの発生しにくいコーディングが可能とされ注目を集めていますが、学習難度が高いため、これらを扱えるプログラマーが少ないことから平均年収が高くなっていると考えられます」
    と分析している。

    キャリコネニュース 2017.8.10
    https://news.careerconnection.jp/?p=39436

    【プログラミング言語別平均年収発表 1位は??】の続きを読む

    [画像:fdc7077f-s.jpg]


    1: サーバル ★(★W 99a5-araH) 2017/07/29 06:00:03.12 ID:CAP_USER9.net

    ランキング1位は、総合商社の三菱商事で、時給6742.9円。平均年収は1445.9万円、平均年齢は42.6歳だ。同社は上場企業の中でも高収入企業として有名である。さらに国内・海外留学制度や各種教育制度、FA制度など、従業員の能力向上の制度は充実している。

    育児や介護との両立支援、有給休暇の積極取得など、ワーク・ライフ・バランスの面でも整備が進む。「よく働きよく休む」。魅力的な職場環境のようだ。

    続いて、2位三井物産6388.5円、3位住友商事6185.3円、4位伊藤忠商事5978.7円と、同業のライバル企業がズラリと並ぶ。土日祝日もすべて休みで、残業時間も回答どおりだとすると、非常に高い金額だ。逆に言うと、平均的な従業員には、このレベルのアウトプットが求められるということでもあり、プレッシャーもかかりそうである。

    5位は野村総合研究所の5950.2円になった。IT、コンサルのプロフェッショナル集団であり、時給換算でも高水準である。6位は不動産業のヒューリック5653.3円、7位大和証券グループ本社5641.0円、8位丸紅5526.5円、9位エーザイ5494.2円、10位三菱地所5350.4円と続く。
    http://toyokeizai.net/articles/-/181993?display=b

    【正社員の時給が高い企業100社ランキング】の続きを読む

    PAK85_sumahoman20141123104549_TP_V
    1: ノチラ ★ 2017/07/24 22:05:41.35 ID:CAP_USER.net
    中略
    では、通常の会社で大谷選手のように若くして活躍したトップクラス社員が登場したらどうなるのでしょうか?

    多くの企業では「等級」と呼ばれる能力・職務・役割に基づいた区分けが決まっています。この等級のメッシュ(きめ細かさ)は会社によって相当違います。なかには100等級くらい緻密であったり、ざっくりと3つくらいしかない会社もあります。いずれにしても社員は等級で区分けされており、その等級で定められた給与が支給されます。

    大抵の社員はその等級を一定の期間で卒業して、上の等級に上がり、給与が上がります。ただ、年齢を重ねると徐々に差が出るようになり、同じ世代や入社時期が同じでも等級に違いが出るようになります。

    筆者も大企業に勤務していたので等級に区分されて、同期社員との比較で早く上の等級に上がることで喜んだ記憶があります。おそらく同世代の社員の中で、業績のいい社員数%が早く等級を上げられるとか、逆に悪い社員は等級上昇がやや遅くなるなど、人事制度で決まっていました。

    でも、大谷選手のように、若くしてぶっちぎりの活躍ができる人材が登場したらどうか??のんびりとしか等級アップ、昇給ができないとなれば、おそらく耐えがたく感じることでしょう。

    残念ながら大抵の会社は若くしてトップクラスの活躍をしたときに、それに報いる仕組みがありません。仕事における大きな成果を若手が上げることを想定していないからです。よって、大谷選手のように急激に年棒が上がることがありません。あくまで、同期社員と比較して「やや早い」くらいのペース。仮に社内的に抜きんでた成果を出している社員がいれば、存在は認知されていることでしょうが、人事的な評価では大きな差がついてはいないのです。

    では、抜きんでた成果はどのような扱いになるのか??人事部や上司や役員たちの“記憶”で申し送りされることになります。将来的な管理職への抜擢等で誰かが思い出して、

    「彼は若手社員のときに抜きんでた成果を出していましたね。それも勘案したらどうでしょうか?」

    とコメントされて活かされる可能性があるくらい。給与における大きな差は生まれません。

    過去の会社の歴史を踏まえれば、仕方ない?

    こうした処遇に対して先輩社員や役員たちは、「自分たちも若手時代は我慢してきた」と言いたいかもしれませんが、時代が変わろうとしています。新たなテクノロジーが登場して、若手社員の活躍が会社の収益を担う可能性が出てきているのです。

    たとえば、大ヒットゲームを開発。あるいは新サービスを海外で探して、日本で提供開始するなどです。取材した教育系の会社では、動画配信の新サービスを入社2年目の社員が開発。会社の収益の半分ほどを稼ぎ出す大きな事業となっているとのこと。

    あるいは、あるエンターテインメント系企業。アーティストによるコンサート事業は大赤字。ところが、タレントを活用したアプリ事業が大きな収益を出して、会社の業績を牽引。その仕事をしているのは20代前半の若手社員数人だそうです。この事業がなければ倒産していた可能性もあるとのこと。ところが、会社ではアーティスト事業の社員が高給取り。アプリ事業の若手は同世代で比較しても安いくらいの待遇だということです。過去の会社の歴史を踏まえれば、仕方ない……と人事部は語りますが、抜群の成果を上げている若手社員たちはそれで納得しているのでしょうか??本音を聞くと、

    「この待遇には納得していません。近く、退職、独立を考えています」

    と答えてくれました。会社は「昔からうちはそうだから」と軽く考えているかもしれませんが、優秀な若手社員は将来のために我慢する気などないと覚悟すべきでしょう。

    さて、数十年前は大谷選手のようなトップクラスの活躍で会社を支える成果を出すまでの若手社員はめったにいませんでした。ところが、現在は、その可能性がたくさんあるのです。若くして活躍、それなりの報酬を得て、別のキャリアを目指す……大谷選手のような若手社員を当たり前のように容認する会社が、これからは必要なのかもしれません。
    http://toyokeizai.net/articles/-/181160?page=3
    【「大活躍しても低年収」残念すぎる日本の賃金】の続きを読む

    TSURU17623019_TP_V


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/04 18:13:54.446 ID:KVwuLyfb0.net
    面接<試用期間は三ヶ月時給900円

    僕<試用期間終わったらいくらですか?

    面接<能力によるよ

    僕<はい!頑張ります!(でも23もらえたらいいや

    4ヶ月後

    会社<はい、給料ね。19万

    僕<あれ?23万じゃ?

    会社<能力によるって言ったよね
    【あれ、おかしくね?求人票<給与a+b=230,000円~300,000円】の続きを読む

    このページのトップヘ