リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    人間関係

    [画像:3fd06af3-s.jpg]


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/10 22:52:14.755 ID:1JYUO4k+d.net
    「雰囲気良い会社だし、辞めるの申し訳ないな」とか悩んでたのが今となってはアホらしいわ

    【【苦悩】退職願出した途端、会社が露骨に俺を使い潰しに来ててワロタ】の続きを読む

    [画像:8857cdf1-s.jpg]


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/29 14:01:44.71 ID:UOsI37FJr.net
    1 根性ないな!
    2 ちゃんと調べてからこいや
    3 なにしにきたん?
    4あ、お前まだおったんか
    5やる気ないやろ、やめてくれる?
    6研究室とかおったら人として終わりよな
    7甘い親やったらよちよち転職しなぁ言うんやろな
    8俺らは悲しいよ、全部水の泡か
    9お前はクズや
    なお、捕手とかはわからん。すまん

    【【嫌味】転職時に言われた言葉で打線組んだ【妬み】】の続きを読む

    [画像:ae1300ce-s.jpg]


    1: ムーンサルトプレス(東日本)@\(^o^)/ [US] 2016/12/18 09:20:49.47 ID:QgpspPrk0.net
    ■A型……疲れる人間関係
    几帳面なA型ですから、整理整頓は得意です。そんなA型が年末に捨てるものは、「人間関係」。真面目なA型ですから、誠実に人と付き合おうとします。
    しかし、会った後に、ぐったり疲れたり、愚痴をこぼしたくなる相手と、いつまでも付き合っているのは運気的にもよくありません。

    ■B型……過去の趣味グッズ
    探求心の強いB型。いろいろなことに興味を持ち、趣味も多いでしょう。ただし、飽きっぽい性格で、長続きしないことも……。年末にB型が捨てるものは、
    「過去の趣味グッズ」。

    ■O型……引き出しの奥にあるもの
    気前がよくて、楽天的なO型。細かい整理が苦手です。そんなO型が年末に捨てるものは、「すっかり忘れている、いらないもの」。おおざっぱなO型は、
    引き出しや収納庫の奥に、いらないものがいっぱい潜んでいるはず。「まだ、使えるかも」は禁句!スパッと捨てましょう。

    ■AB型……最近着ていない服
    美的センスのあるAB型。オシャレについては、こだわりが強いでしょう。整理整頓も好きなはずです。そんなAB型が年末に捨てるものは、「最近着ていない服」。
    時代はどんどん変化していきます。ぜひ、ファッションの断捨離をして、新たな服を探しましょう。

    http://news.ameba.jp/20161216-846/

    【【血液型別】断捨離すべきことは何?】の続きを読む

    [画像:2d90a877-s.jpg]

    1: ノチラ ★ 2017/08/19 16:24:55.37 ID:CAP_USER.net
    ビジネスメールの文面に「スマイリー(絵文字)」を入れることは、一般的には良い考えではないことが確認された。メールに絵文字を入れた場合、受信者が送信者から受ける印象は悪くなる可能性があり、情報を共有したい気持ちもそがれるという。

    イスラエルのネゲヴ・ベン・グリオン大学のエラ・グリクソン博士が複数の大学と共同で実施したこの調査は、「仮想世界での行動が現実世界での行動といかに関連付けられているか」というまだあまり理解されていない部分を探るものであり、興味深い調査だといえる。

    「能力」が低く見られる?

    グリクソン博士らが率いるチームは、複数の実験を行った。そのうちの一つでは、参加者たちにいくつかのメールの文面を読んでもらった。メールは新たに採用された従業員が、自分が加わることになるチームのメンバーに宛てたものとして作成。絵文字を入れたものとそうでないものを用意した。

    参加者たちに送信者の「温かさ」と「能力」について評価してもらったところ、絵文字があることで「温かさ」の評価は高まったものの、違いはごくわずかにとどまった。一方、「能力」がある人だと思うかどうかについては、評価には悪影響が及んでいた。

    絵文字でなく「笑顔の写真」を見せた場合、写っている人に対する上記2つの基準に関する評価は、高まることが分かっている。これは、対面でのやり取りに関する過去の調査結果と一致する。だが、これは同時に、仮想世界で受ける印象が、現実世界で受けるものとは異なるものになり得ることを示すものであるともいえる。

    仕事のメールに絵文字が使われていた場合、受信者があまり要素の多い文章を返信しなくなったことについて研究チームは、「能力が低い相手だという印象は、情報を共有したという気持ちを損なわせる」との見方を示している。

    グリクソン博士によれば、「仕事のメールでは、スマイリーは笑顔を意味しない」のだ。

    面識のある間柄では有効か

    また、メールの送信者を明らかにせずに読んでもらった場合、絵文字の入ったメールは女性が送ったものだと考える参加者が多かった。これは注目すべきジェンダー問題であり、個別に研究を行うべきだと考えられる。

    博士は今回の調査結果を受けて、次のように述べている。「スマイリーをバーチャルな笑顔と考える人が多いようだが、仕事の場合、少なくともその仕事に就いた最初のやり取りの段階においては、この考え方は間違いだといえる」

    「現時点では、スマイリーが実際の笑顔の代役を果たせるのは、メールの送信者と受信者がすでに面識のある間柄の場合だけだ。送信者の年齢や性別に関係なく、最初のやり取りにおいては、絵文字の使用は避けるべきだ」
    https://forbesjapan.com/articles/detail/17382

    【ビジネスメールで「絵文字」使用はよくないの?】の続きを読む

    [画像:0689e525-s.jpg]


    1: ニライカナイφ ★ 2017/08/10 07:43:12.84 ID:CAP_USER.net
    ■「働き方改革」には三つの敵がいる

    みなさんこんにちは、澤です。
    「働き方改革」がキーワードになった今年、このテーマで講演することがとても多く、私が所属する日本マイクロソフトの働き方改革の事例をあちこちで紹介しています。
    いろいろな人とこのトピックについて話をするうちに、たくさんの気づきを得ることができました。

    特に気になるのは、日本企業特有の様々な習慣やルールなどが、「働き方改革」の大きな障害になっていることです。
    今回は、そんな「働き方改革の敵」といかにして対峙すればいいのか、皆さんと考える機会にしたいと思います。

    ●第一の敵:「不要なルール」

    皆さんの会社には、「理由は不明だけどずっと続いているルール」は存在しませんか? 
    なぜそんなルールがあるのか、もはや誰も理由も何もわからないけど、とにかく存在しているルールのことです。
    ある会社では「スマートフォンを机の上に出して仕事をしてはならない」というルールがあり、別の会社では顧客対応するわけでもないのに「ワイシャツは白無地でパターン織のものは不可」というルールがあるそうです。
    上記の例は、あまり生産性には影響がありませんが、ある企業の若手社員が話してくれた内容は、少々問題であると感じました。

    「うちの会社はフレックス制度があって、11時から15時のコアタイムを守れば、勤務時間を前後させてもよい、と就業規則に書いてあります。
    ただ、なぜか私の部署は9時出社が強制されていて、フレックス出勤が認められていません。
    理由を誰に聞いても『昔からそうなっているから』の一点張り。
    私の乗る路線は9時に出社をしようとすると非常に混雑するので、できれば少し後ろ倒しにしたいのですが、それは認められません。
    ぎゅうぎゅう詰めの電車に乗って出勤すると、疲れてしまって午前中は仕事に集中できません。
    じゃあ、早く来ればその分早く帰れるか、というとそういうわけでもない。
    さらに、早出しても出勤は9時からの扱いになるので、1時間はそのままサービス残業と同じことになってしまうのです。
    こんなルール、本当に納得できません」

    実は、このような話は非常にたくさんの人から聞きます。
    特に、問題だと感じているのは、若手社員や外国人の方です。
    説明がつかないルールを愚直に守ることに、意味があるでしょうか。
    それも、少し出勤をずらせばフレッシュな状態で仕事ができ、生産性が上がる可能性は大いにあるのに、わざわざそれを否定するとは。
    これはまさに「働き方改革の敵」にほかなりません。

    このような不要なルールは、徹底的になくしていく必要があります。
    直談判できる相手がいないなら仲間を募って「一週間交代で選抜メンバーが時間差出勤をしてレポートを出す」という提言をしてみるとよいかもしれません。
    もしくは「時間差通勤をすることによって得られる生産性向上の数値化」に挑戦するのもいいですね。
    そのための手段やケーススタディは、いくらでも存在します。
    まずは自分で動けるところから始めてみてはいかがでしょうか。

    ●第二の敵:「時間泥棒」

    働き方改革の2つ目の敵は「時間泥棒」です。
    人生はどんなに長くても100年ちょっと。
    さらにビジネスパーソンとしてバリバリ働けるのは、せいぜい50年といったところではないでしょうか。

    これほどまでに貴重な時間を浪費する「時間泥棒」が皆さんの周りにはいませんか?
    席の横でダラダラと無駄話をしたり、やたらと休憩に誘ってきたりする人は、わかりやすい「時間泥棒」ですね。
    会話によって人間関係がスムーズになるなどの副作用はあることは否定しませんが、無駄話をすることで結果的に残業が増えているとしたら本末転倒です。
    本人たちには悪気はないのでしょうが、時間を無駄にされることを受け入れる必要はありません。
    いきなりすべて拒否すると角が立ちそうであれば、三回に一回は角の立たない言い訳で逃げてみてはどうでしょう。

    「この資料を午前中までに仕上げて部長に見せたいんですよ~。あ、よかったら手伝ってくれませんか?」
    「面白そうな話なんですけど、今どうしても集中してやりたい仕事があるので、あとで私の方から××さんの席に行ってもいいですか?」

    相手に「無駄話をしている」という意識があれば、そのまま退散してくれることもあるでしょう。
    必要であれば、その後に一緒にランチタイムを過ごすなどのフォローをすれば、人間関係を悪くすることなく自分の時間を守ることができますね。

    ダイアモンドオンライン 2017.8.10
    http://diamond.jp/articles/-/138208

    ※続きです

    【働き方改革の3つの敵「社内ルール・時間泥棒・年功序列」の倒し方】の続きを読む

    [画像:dad174e1-s.jpg]


    1: trick ★ 2017/08/17 06:35:01.04 ID:CAP_USER.net
    会社でのお土産の菓子配りにもマナーがある (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170817-00184656-toyo-bus_all
    8/17(木) 6:00配信


     仕事中に小腹が空いたとき、リラックスしたいとき、気分転換したいとき、お菓子でちょっと一息入れる若手ビジネスパーソンはけっこういる。また、休暇明けに職場で配るお土産として、選びやすいのもお菓子だ。

     しかし、ほかの人に迷惑になるような食べ方や、仕事中に食べるにはふさわしくないお菓子もある。

    ■適切なのは「汚れない・音やにおいがしない」お菓子

     お菓子をオフィスで食べるとき、あるいはお土産として買ってくるとき、さらにはお菓子の買い出しを頼まれたとき、どんなことに気をつければいのだろうか。今回は、職場でのお菓子のマナーについてまとめた。

    ?1.席で食べるお菓子は食べきりサイズを
     「『食べきりサイズ・デスクや手を汚さない・音がしない・においがしない』お菓子を中心にそろえています」と話すのは、オフィスグリコを担当しているグリコチャネルクリエイトの本社事業企画室の藤尾和英氏。

     オフィスグリコとは、「富山の置き薬」のお菓子版のサービスだ。B5ノートサイズ程度の3段の小さな箱に10種類24個ほどの菓子が入っており、中身は定期的に入れ替わる。お菓子を食べたいときには、箱からお菓子を取り出し、回収箱に料金を入れる仕組みだ。現在、8万カ所以上の事業所が利用しているという。

     オフィスでは、いつ電話が来るのか、もしくは来客があるかわからない。仮に、電話がかかってきたときに、口をモグモグさせていれば失礼だ。そこで、素早く食べられる食べきりサイズであることが重要になる。

     また、机の上には仕事で使うパソコンや書類など、さまざまなものが置いてある。キーボードに液体などがこぼれれば機器が壊れてしまう可能性もあるし、重要な書類にしみをつけてしまうと大ごとになる。そこで、机や手を汚さないお菓子が鉄則になる。自分の席で弁当を食べることが禁じられている職場もあるが、それも同じ理由だ。

     音やにおいがしないお菓子を選ぶのは、周辺への気配り。自分は仕事が一段落していても、周辺の人は仕事に集中している最中かもしれない。そんな時に、バリバリと音を立てて包装紙を破ったり、ポリポリと音を立ててお菓子を食べたり、甘ったるいにおいが漂ったりすれば、集中力を削ぐなど、仕事の妨げになる可能性があるからだ。

     「オフィスグリコをスタートした20年ほど前は、そもそも自分の席でモノを食べるという文化があまりありませんでした。そのため職場のマナーという観点に加えて、できるかぎり罪悪感なく、ひっそり食べていただくことに気をつけました。近年は、働き方も多様化し、お菓子を食べることについての抵抗感は薄れてきたような気がします」(藤尾氏)

    【会社でのお土産の菓子配りにもマナーがある】の続きを読む

    このページのトップヘ