リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    待遇

    LIG86_yutorisedainikirerujyousi_TP_V


    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/03/14(水) 05:47:18.151 ID:Nkn05ciB0
    おまえ以外の人間が担当したらみんな定時に終わってんだけど

    定時に終わる業務であっても効率が悪くトロトロして勝手に残業多くしてるだけなのを
    終わりの時間守れって文句言われても困るんだが

    引用元: ・ブらっく人材 「終わりの時間守れ!定時に帰らせろ!」 企業 「いやおまえの業務、普通にやったら定時に終わるんだけど」



    【ブラック人材「定時に帰らせろ!」企業 「普通にやったら定時に終わるんだけど」 】の続きを読む

    BL008-cyottomatteyo20140810_TP_V (1)

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/03/14(水) 01:59:49.751 ID:C6vYu2eNM
    上司「東京転勤」

    五年目俺「お前ぶっ飛ばすぞ(はい)」

    引用元: ・上司「異動」 2年目俺「はい」上司2「東京転勤」 半年後俺「はい」 上司3「広島転勤」 四年目俺「はい」

    【短期間の転勤が繰り返されて怒り心頭www】の続きを読む

    GREEN_NO20140125_TP_V



    1: ノチラ ★ 2018/03/05(月) 20:08:35.32 ID:CAP_USER
    「特定労働者派遣(特定派遣)事業」制度が、およそ半年後の2018年9月29日に廃止となる。この変化は中小のITベンダーを直撃する。中小ITベンダーが大手ITベンダーやユーザー企業にIT技術者を派遣する際、本制度を利用する場合が多いからだ。厚生労働省の発表資料によると、2016年6月1日時点の情報処理・通信技術者の派遣労働者は12万5237人。その過半を占める6万7199人が特定派遣だ。

     もともと、派遣制度には2種類があった。1つは一般労働者派遣(一般派遣)で、登録した労働者を派遣する。一般派遣は開業の条件が厳しいうえ、労働局の許可を取得する必要がある。多くの読者がイメージする「派遣会社」はこちらだろう。

     もう1つの派遣の形態が特定派遣で、派遣会社が事実上期間の定めなく雇用(常用雇用)する労働者を派遣する。事業開始の条件が緩く、労働局に届け出るだけで開業できた。中小ITベンダーに都合のよい制度であり、多く利用されてきた。半面、行政の監視が不十分で、派遣されるIT技術者がスキルアップできない、使い捨てにされてしまうといった問題も起こっていた。

     派遣労働の問題が積み重なり、2015年に労働者派遣法の改正が決定。改正の1つとして特定派遣の廃止が決まった。改正法は施行済み。現在は移行措置として特定派遣事業を継続可能だが、9月末には完全廃止となる。特定派遣事業を中心にしていた中小ITベンダーは、許可制の労働者派遣(従来の一般派遣)に切り替えるか、IT技術者派遣事業を取りやめるかのどちらかを選択しなければならない。

    関連記事:[1]特定労働者派遣廃止の衝撃
    関連記事:派遣事業者の激減は不可避?特定労働者派遣廃止で業界再編待ったなし
     派遣会社の動向に詳しいマッチングッドの齋藤康輔代表取締役は「特定派遣を事業の柱にしていた中小ITベンダーは市場による選別にさらされる。強みとなる特徴を持っているITベンダー以外には、いばらの道が待っているのではないか」と話す。
    以下ソース
    http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00119/

    引用元: ・【IT】半年後に迫る特定派遣の廃止、中小ITベンダーにはいばらの道

    【半年後に迫る特定派遣の廃止、中小ITベンダーに待ち受けている現実】の続きを読む

    CCC9V9A9997_TP_V


    1: ノチラ ★ 2018/02/12(月) 02:43:04.50 ID:CAP_USER
    東京都に住んでいる会社員(独身)です。現在、年収約600万円で、毎月だいたい30万円ぐらいの支出があります。これまで預貯金をしてこなかったため、同世代と比較してあまりに少ないことに悩んでいます(100万円程度)。最近、10万円程度は貯蓄に回しているものの、投資はどこから始めればいいのか、また、どうすれば10年後に同世代平均と同じくらいの預貯金額になれるのか知りたいです。
    (31歳 未婚 男性)

    30代の平均貯金額は589万円、他方で貯金ゼロも多い
    「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成29年)」によると、30代の平均貯金額は589万円です。ただし、背の順のように金融資産が少ない人から並べて世の中の人の真ん中の数字である中央値で見ると83万円に。調査に回答をした30代単身世帯の約4割が貯金ゼロなので中央値は低くなるのです。他方で多額の金額を持っている人もいるので平均で見ると金額が押し上げられます。

    ちなみに、20代の平均は142万円(中央値ゼロ)、40代の平均は936万円(中央値30万円)、50代の平均は1342万円(中央値130万円)、60代の平均は1835万円(中央値300万円)でした。

    相談者は30代の中央値よりは高いですが、平均値にはいっていないので平均を目指すと良いでしょう。例えば、10年後に40代の平均である936万円を目指すなら、10年間であと836万円を貯める必要があります。年間約84万円ですね。月々7万円、あるいはボーナスで24万円、月々5万円貯めるという方法でも良いでしょう。大きな目標は小さく分解をすると達成しやすくなります。

    天引き貯金をして自動で貯める
    貯金がなかなかできないという人はまずは利回りを気にせずにまずは貯金の仕組みを作ることが大切です。

    私がおすすめする貯金の方法は「自動」でお金を貯めていく方法です。給料をもらったら真っ先に自動積み立てにし、具体的には普通預金から毎月一定の金額を定期預金に預け入れる「積立定期預金」や、勤務先の「財形貯蓄」「社内預金」「確定拠出年金(401K)」などを活用します。投資をしたいという人は「つみたてNISA」でももちろんOKです。

    上手に貯金するための大切なポイントは、自由に引き出せる普通預金にお金を全額置いて置かないということです。目の前にお金があるとついつい使ってしまいがちですし、お金があるのに使えないとストレスにもなりかねません。

    そこで例えば、給料の30万円が銀行口座に入金されたら、真っ先に5万円を定期預金の口座に自動的に移動させる仕組みを作り、25万円で生活をしてみましょう。このとき、5万円はないものと考えるのが貯金を成功させるコツです。

    貯金額の目安としては、扶養家族のいない独身の間は貯めどきなので、手取り給与の25%(30万円の場合7万5,000円)を積み立てできれば優秀ですが、手取り月収の10%程度から始めてみるのと無理がありません。余裕がないという人の場合は、月1万円からでもよいのでまずは始めてみることが大切です。

    資産運用をするのも有利
    銀行預金でももちろん目標金額を達成できるなら良いです。しかし、資産運用をすることでお金を殖やしていく可能性を高めることができます。

    「72の法則」というものがあり、預けた元本(元手)を金利によって2倍にするには、どれだけの年数がかかるのかを知ることができます。計算方法は簡単で、72を金利(複利)で割れば2倍になるまでのおよその年数が分かります。

    例 年利(複利)3%の場合:72÷3=24

    つまり、3%複利で運用すれば、24年で元金と利息の合計が元金の2倍になることが分かります。

    初心者におすすめできる金融商品に「投資信託」があります。投資信託は、複数の企業の銘柄が組み入れられたパッケージ商品です。つまり、個別企業のニュースを日々追い続ける必要がありません。

    TOPIX(東証株価指数)やダウ工業株30種平均に連動するような投資信託もあるので、新聞などで指数をチェックしやすいですし、投資信託を利用することにより、日本にいながらも簡単に国際分散投資が可能になります。

    ただし、投資をすれば、資産が増えるかもしれないけど減るリスクもあります。できる限り安全に運用するには、リスクのある商品は小額で始めること、株式と債券などに分散をすることが大切になります。現在では、投資信託も月100円程度から積み立てられる場合もあります。勉強も兼ねて最初は少額で試してみるのも手だと思います。
    https://moneyforward.com/media/life/51507/

    引用元: ・【経済】貯金100万円の31歳が10年後、平均貯金額に追いつくには

    【貯金100万円の31歳が10年後、平均貯金額に追いつくには!? 】の続きを読む

    PAK141221020I9A5047_TP_V


    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/03/08(木) 18:51:10.31 ID:CAP_USER
     2018年春季労使交渉の主要テーマである働き方改革で、残業削減など長時間労働の是正が焦点となってきた。電機の主要労組は年内の残業上限年720時間の実現を求めた。19年4月の施行を目指す政府の残業規制を先取りする。残業削減は社員の所得が減る可能性もある。個人消費への悪影響を防ぐには、働き方改革と賃上げを合わせた議論が重要となる。

     長時間労働の是正を巡っては、政府が国会で審議中の働き方改革関連法案に…

    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

    2018/3/8 18:00
    日本経済新聞 電子版
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27867010Y8A300C1MM8000/

    引用元: ・【日経スクープ】さらば残業 労組「上限年720時間」相次ぎ要求

    【さらば残業!?労組「上限年720時間」相次ぎ要求 】の続きを読む

    OOK3S0320140322153050_TP_V


    1: ノチラ ★ 2018/02/24 22:55:44.21 ID:CAP_USER.net
    会社員の給与所得控除縮小などを柱とする2018年度税制改正関連法案の国会審議が始まった。子育て世帯でない高額所得者の税負担はさらに増すが、じつは相次ぐ社会保険料引き上げなどで会社員の可処分所得はこの10年、増えるどころか減少している。日本経済の活力を保つには、消費の担い手でもある会社員への過度な負担のしわ寄せを避け、稼ぐ意欲を高めることが欠かせない。

     「過去20年間の日本の可処分所得の伸びはほぼ…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27364010U8A220C1EA3000/
    【税や社会保険料負担増分のしわ寄せ会社員へ】の続きを読む

    GREEN_NO20140125_TP_V

    1: ムヒタ ★ 2018/02/21 02:56:50.44 ID:CAP_USER.net
    勤務先で働き方改革が行われている中間管理職のうち、36%が「プレミアムフライデーやノー残業デーに早く帰るために、他の日に残業をしたことがある」――サイボウズが2月20日、そんな調査結果を発表した。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1802/20/kf_yasumi_02.jpg

    中間管理職の42%が、勤務先でノー残業デー、残業時間制限など働き方改革が「始まった」と答えたが、そのうち70%は「会社・部署の業務効率は上がっていない」と回答。業務効率が上がっていないために業務時間削減のしわ寄せが発生し、“名ばかりの改革”となっている企業も少なくないようだ。

    働き方改革により、業務時間を削減するために「部下の残業を肩代わりした」(19%)、「上司からの圧力を感じる」(21%)という人もいた。働き方を巡り、上司と部下の意見の「板挟み」になっていると感じる人は55%を占めた。

    一方、勤務先が働き方改革を実施していない人のうち、「板挟み」になっていると感じる人は16%と、39%の差が出た。サイボウズは、働き方改革が板挟みになる人を増やしていると分析する。

    労働時間を削減するために必要と思うことは、「業務効率の改善」と「意識改革」(88%)が同率でトップだった。業務効率の改善には、78%が「作業を効率化できるツールの導入が必要」と答えた。

    調査は1月30~31日、ネット上で20~50代の中間管理職男女(1年以内に転職していない人)500人を対象に実施した。

    2018年02月20日 17時58分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/20/news112.html

    【「ノー残業デーのため、他の日に残業」 “働き方改革”にジレンマ サイボウズ調査】の続きを読む

    suzu201606080I9A6765_1_TP_V


    1: みつを ★ 2018/01/28 00:21:26.28 ID:CAP_USER9.net
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180127/k10011304961000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_056

    1月27日 11時39分
    「働き方改革」について、NHKが主要な企業100社を対象に調査したところ、多くの企業で長時間労働を是正する取り組みが進む一方、残業代が減ることに配慮してボーナスの増額などの対応を検討している企業は7社にとどまりました。

    NHKは、先月から今月中旬にかけて製造業やサービス業など主要な企業100社を対象に「働き方改革」についてのアンケート調査を行いました。

    それによりますと、長時間労働の是正や有給休暇の取得促進に関する数値目標が「ある」と答えた企業は、82社に上りました。

    長時間労働を是正するための具体策を複数回答で尋ねたところ、残業をする前に上司への申請を必要とする「残業の事前申告制」を設けている企業が58社に上りました。

    また、夕方以降は会議だけでなく、電話やメールのやり取りも禁止しているという回答も寄せられました。

    その一方で、残業代が減少し、従業員の収入が目減りすることへの対応を聞いたところ、ボーナスの増額や手当の創設といった対応を検討すると答えた企業は7社にとどまり、対応を「考えていない」という企業が72社に上りました。

    経団連は、残業代の減少が個人消費に悪影響を与えるおそれがあるとして、ことしの春闘で対策を呼びかけていて、労使交渉で焦点の1つとなりそうです。

    【【働き方改革】 残業代減る分の対応は? 主要100社に聞きました。】の続きを読む

    このページのトップヘ