リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    待遇

    OOK161104147_TP_V


    1: ばーど ★ 2017/07/15 07:04:24.99 ID:CAP_USER9.net
    契約社員やパート・アルバイトなど期間を定めて雇用する非正規社員を、無期雇用の契約に切り替える企業が増えている。
    2018年4月から勤続年数で5年を超える非正規社員は無期雇用を申し入れできるようになり、対象は400万人以上に上る。

    18年4月を待たずに無期雇用を認めることで有能な人材を囲い込む動きが加速してきた。

    13年4月に施行された改正労働契約法に基づき、企業は無期雇用を希望…(続きは会員登録をしてお読みいただけます)

    配信2017/7/14 2:21
    日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18859070U7A710C1MM8000/

    ★1が立った時間 2017/07/14(金) 07:20:39.94
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1499984439/
    【【労働契約法】非正規→無期雇用に切り替える企業増加 有能な人材をつなぎ留め】の続きを読む

    PAK85_sumahoman20141123104549_TP_V
    1: ノチラ ★ 2017/07/10 22:07:20.78 ID:CAP_USER.net
    毎月末の金曜日の仕事を早く切り上げるプレミアムフライデー。朝日新聞社が8、9日に実施した全国世論調査(電話)で、期待された個人消費の盛り上がりについて尋ねると、「効果をあげていない」が76%で、「あげている」はわずか11%だった。

     職業別では、事務・技術職層の85%、製造・サービス従事者層の83%が「効果をあげていない」と答え、主婦層の72%などと比べ、より冷ややかな目を向けていた。

     この官民挙げた取り組みは2月に始まったばかり。今後について聞くと、「やめた方がよい」が49%で、「続けた方がよい」32%より多かった。年代別では18~29歳だけは「続けた方がよい」が53%と多数派だったが、30代以上のすべての年代で「やめた方がよい」の方が多かった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00000091-asahi-soci
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170710-00000091-asahi-000-3-view.jpg
    【プレミアムフライデー「効果なし」76% 朝日世論調査】の続きを読む

    P1030288-Edit_TP_V
    1: ノチラ ★ 2017/07/12 14:58:00.51 ID:CAP_USER.net
    大手広告会社「電通」が労働基準法違反の罪で略式起訴されたことから、経済産業省は来月10日までの1か月間、電通がPRイベントなどの入札に参加できなくする措置をとったと発表しました。
    電通をめぐってはおととし、新入社員だった高橋まつりさん(24)が過労のため自殺し、東京地方検察庁は法人としての「電通」を労働基準法違反の罪で略式起訴しました。

    これを受けて経済産業省は内部のルールにもとづき、11日から来月10日までの1か月間、電通が経済産業省のPRイベントや市場調査などの事業の入札に参加できなくする措置をとりました。これによって電通は新たな事業契約を結ぶことができなくなります。

    経済産業省は「社会的な影響を考慮して今回の措置を決めた。これまでに契約した事業については変わりはないが期間中、新たな契約を結ぶことはない」としています。

    電通に対しては農林水産省や国土交通省も同様の措置を検討しているということです。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170712/k10011055291000.html
    【電通を1か月間の新規契約停止に 労基法違反で経産省】の続きを読む

    SEPsts_TP_V
    1: ノチラ ★ 2017/07/12 14:59:46.96 ID:CAP_USER.net
    働いた時間ではなく、成果で年収が決まるいわゆる「残業代ゼロ」制度の導入をめぐり政府が、年間104日以上の休日の確保を義務づける方針であることが明らかになった。

     「残業代ゼロ」制度は、年収1075万円以上で高度な専門知識を持つ人を対象とするもの。政府は2015年、この制度の導入を柱とする、労働基準法改正案を国会に提出しているが、野党や労働組合の全国組織「連合」は、「長時間労働を助長しかねない」と反発していた。

     そのため政府は、年間104日以上の休日の確保を企業に義務づけることや、一般的な営業職を明確に対象外とすることなど修正する方向で調整を進めている。

     「連合」の神津会長が週内にも安倍首相と協議する予定で、政府は秋の臨時国会で成立を目指す方針。
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170711-00000053-nnn-pol
    【年間休日104日以上義務へ「残業代ゼロ」制度】の続きを読む

    PAK85_oyakudachisimasu20140830_TP_V
    1: ノチラ ★ 2017/07/10 14:36:08.81 ID:CAP_USER.net
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170707005327_comm.jpg
    オフィスで終業時刻に音楽を流し、帰宅を促す試みが広がりつつある。お店が閉店まぎわに「蛍の光」のメロディーを流すのと同じ手法だ。長時間労働を減らす「働き方改革」は、待ったなしの課題。はたして効果はあるのだろうか。

     東京・新宿のオフィスビルに入居する三井ホーム本社。社員約100人が机を並べるフロア。ゆったりとしたピアノ曲が流れる。

     午後6時に突然、映画「ロッキー」のテーマ曲に切り替わった。終業時刻を告げる合図だ。

     社員が次々と立ち上がり、「私は7時までかかります」「私はこれで帰ります」。机を接する同じ班で順番に宣言していく。残業が長くなりそうな社員には、上司がアドバイスしたり、周りが手伝いを申し出たりして、早く帰宅できるよう協力し合う。

     オフィスで決まった時間帯に音楽を流す取り組みは、総務、経理、人事などの部署で2014年10月から始めた。社員のリラックスや、メリハリをつけて働いてもらうのが狙いだった。最後が「ロッキー」なのは、勇壮な曲調で「残りの仕事もがんばろう!」と奮い立たせるためだ。残業は「減ってくれたらよい」ぐらいの期待感だった。

     昨年10月に対象部署の勤務時間を調べたところ、「意外な効果の大きさに仰天した」(人事部の町山誠人事グループ長)。取り組みを始めて残業時間の合計が2~3割ほど減った。

     総務部の加藤卓郎さん(34)は「音楽が区切りになってだらだらと職場に残らなくなり、帰りやすい雰囲気になった。帰宅は2時間ぐらい早くなった」と喜ぶ。経理部の若林敏行さん(35)は「常に『ロッキー』から逆算して段取りなどを考えるようになった」。オフィス外でも「ロッキー」を聞くと無意識に「仕事は何が残っているか」と考え出すという。

     流す音楽は、USENが企業向…
    http://www.asahi.com/articles/ASK774HGHK77ULFA00W.html
    【驚きの残業対策!帰りの合図は「ロッキー」】の続きを読む

    00_PP23_PP_TP_V (1)


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/13 23:18:41.81 ID:V88Yow4Ba.net
    ◆建築板金工及び現場代理人として業務に従事
    ・一般住宅や工場などの鉄板の屋根や壁の板金工事
     ・各種リフォーム
     ・雨とい、雪止、融雪ヒーター取り付け
     ・各種ステンレス工事(ダクト、流し廻り)
     ・太陽光発電システム設置工事
          ※高所での作業が可能な方※
    必要な経験等
    建築板金経験3年以上
    月給
    a 基本給(月額平均)又は時間額
    200,000円~290,000円
    b 定額的に支払われる手当
    住 宅手当 10,000円~10,000円
    a + b
    210,000円~300,000円
    c その他の手当等付記事項
    建築板金技能士2級
            5,000円
    建築板金技能士1級
            10,000円
    施工管理技士2級
            10,000円
    賞与
    あり
    休日
    日 他 
    週休二日
    なし
    年末年始
    年間休日数
    56日
    【なんやこれ!!年間休日56日の求人wwwww】の続きを読む

    AL1025_meganedoya20140830145913_TP_V


    1: ノチラ ★ 2017/07/03 11:47:35.28 ID:CAP_USER.net
    こんな社員が実在するという話を見聞きしたことはないだろうか。

     プログラムを一度も書いたことのないSE。
     戦略作成はコンサルタント頼みの経営企画部員。
     文章をまったく書かない編集者。
     教育制度の企画運営を全部外注する教育担当者。
     代理店のインセンティブ(奨励金)プログラムを作るだけの営業本部員。

    残念なことにこれは笑い話などではなく、大企業のあちらこちらでお目にかかる現象である。すでに、大企業の社員は見事なまでに外注頼みになっているのだ。

    中略
    短時間で付加価値を生む「働き方改革」ではなく単なる「時短」で外注先にしわ寄せ

     さらに、ここにきて、働き方改革である。業務の無駄が省かれ、データの効果的な利用などで時間効率性や創造性が高まり、より高く売れる商品が生まれれば、あるべき姿の「働き方改革」となるが、実際にはほとんどが単なる「時短」だ。労働時間がそのまま制約条件になるから、時間内に処理しきれない仕事は、いままで以上に外注に回る。「私はこれ以上残業できないので、(外注の)○○さんよろしくーー」と、大企業が時短した分の仕事が下請け企業に移転するだけである。

     短期的に大変なのは、その仕事を請ける外注先だが、長期的に困るのは、大企業の社員たちのほうである。自分で手を動かさず、細部を知らず、ポンチ絵(机上のプラン)を描くことを基幹業務と思いこみ、無理なコストダウンの要請と、納期と計数だけを眺めている仕事を続けていても、何も身につかない。

     今後、情報技術が発展し、指示系列がオープンになると、情報の非対称性が崩れる。すると、本当に付加価値を構築しているのは、どのプレーヤーなのかがさらに明確に分かるようになる。先人たちの構築したブランドを利用して搾取してきた大企業とその社員は確実に苦境に陥る。

     そればかりではない、企業は意識的に次代を担う経営者、幹部候補を育てていかねばならない。そしてそのために必要なトレーニングは、決して紙の上で行えるものではない。

     その会社の持つ業務の全部門とはいわないまでも、少なくともある部門の全行程を管理した経験や、実際に手を動かし、人と折衝し、多くの失敗を乗り越えるという実務に費やした時間がものを言う。仕事の絶対量が少なすぎると、考える材料が乏しいまま偉くなってしまい、業界全体、会社全体、一連の業務全体を踏まえた意思決定ができなくなる。

     かくのごとく、外注に次ぐ外注で、企業はわざわざ当初は優秀だったはずの人材をスポイルしながら、一方では机上で他社事例を学ぶ幹部候補生の訓練には力を入れているのである。なんという皮肉であろうか。

     もちろん幹部候補生だけの話ではない。こんなことを続けている大企業はやがて優位性を失い、社員も別の会社に転職しなければならない状況に追い込まれることになるだろう。そのとき、外注先に仕事の割り振りをしていただけの社員には、市場価値のあるスキルなど何もない。真の意味での「働き方改革」を伴わない、さらなる外注化の進展は、大企業のサラリーマンの人生を悲惨なものに追い込むだろう。
    http://diamond.jp/articles/-/133938
    【残業減らす為に外注が急増→大企業社員の劣化が止まらない】の続きを読む

    AL202syazai520140830164224_TP_V


    1: 就職戦線異状名無しさん 2016/10/25 12:07:24.04 ID:qCczLStV.net
    最近の企業はこのテーマをずっと堂々巡りしている
    僕が思うに残業を減らすことや労働時間を減らすことは今の日本のシステムだとかなり難しいことだと思うし、必ずしもそれがいい影響を与えるわけではないと感じる
    まず戦後の日本を思い出してほしい、高度経済成長・モーレツ社員と比喩されていたころの日本は明るい方向へと向かい日本は輝きを放っていた、パワハラやセクハラなんて今に比べると身近でなかった時代である
    ところがバブルがはじけ日本は急激に闇の時代へ突入した、この頃から労働時間と待遇の悪さへの不平や不満が強くなり始めた
    そして、2000年代にはニートなどの言葉が流行して、本格的に日本は冬の時代へと突入した
    そんななかで日本は今、労働時間を減らし健康的に働こうという考えにとらわれはじめ、労働時間も減らそうとしている
    一見聞こえはいいが、負担がかかるのは誰だろう?犠牲になる人は必ず出てくる、みんながみんな幸せなんてありえない
    例えば教師である、教師は生徒の進路と人生を預かる若くして名ばかり管理職のような職業だ
    教師の残業時間を減らしたらどうなるだろうか結果は火を見るより明らかである、定時で帰る教師、部活も全く見ない教師、そんな教師は生徒は誰も信用しないし先生とはいえないだろう
    企業もぶち当たったことのない問題であるし、この問題は社会全体で本当にしっかり考えなければならない問題であるだろう
    【残業しない・労働時間削減は本当に良いことなのか?】の続きを読む

    tsuruetoushi5_TP_V



    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/06 04:42:29.994 ID:SxhY+UFa0.net
    基本給202,100円 (月間127時間分の深夜みなし手当30,000円、営業手当10,000円含む)
    ※127時間を超えた時間外労働については追加支給
    【【みなし残業】ワタミの大卒新卒向けの求人がヤバすぎワロタwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    BL008-cyottomatteyo20140810_TP_V


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/04 06:55:38.551 ID:uGUc6Yxx0.net
    なぜこうも違うのか
    【ホワイト企業「残業するのは無能」 ブラック企業「早く帰る奴は無能」】の続きを読む

    このページのトップヘ