リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

  • Twitter
  • RSS

    待遇

    PAK_OO0I9A4245_TP_V


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24 13:38:18.985 ID:7Z+sEapH0.net
    お互い同じレベルの大学の学部卒なのになんでだよ
    【なんで年収が低い!!!!!俺中小企業勤続10年<大企業勤続2年の従兄弟】の続きを読む

    PAK85_ookawapeace20131223_TP_V


    1: Godbless You ★ 2017/01/05 21:33:44.92 ID:CAP_USER9.net
    近年、「性格」と「長寿」の相関関係を巡っては、世界中で数多くの研究成果が報告されている。
    中でも画期的とされたのが2011年に米国で発表された「長寿プロジェクト(The Longevity Project)」である。
    この研究が注目されたのは、大規模な対象者集団を幼年期から晩年までの長きにわたって追いかけた「80年追跡研究」だったからだ。

    精神科医で岡田クリニック院長・岡田尊司氏が説明する。

    「始まりは第一次世界大戦後の1921年に遡ります。スタンフォード大学の心理学者、ルイス・ターマン教授が10歳前後の児童1528人を対象に性格や成育環境に関するデータを集め、その後30年にわたり彼らと面談を重ねていました。
    この調査は1956年にターマン氏が79歳で死去すると中断しますが、30年以上経ってからカリフォルニア大学の長寿学者ハワード・フリードマン教授が残されていた資料に着目し、70歳前後になっていた対象者を改めて訪ねて調査を再開したのです」

    フリードマン氏は生存者の健康状態や死亡者の死亡診断書を調べ、ターマン氏の記録にあった対象者の性格などとの相関関係を統計的に分析した。
    疫学研究の領域で、このような大規模かつ長期の研究が行なわれたのは世界で初めてだったため、大きな話題を呼んだのだ。

    ■「陽気な人」より「真面目な人」が長生きする

    ターマン氏とフリードマン氏の研究で「長生き」とされた性格は、意外にも「真面目」というものだった。
    前出・岡田氏が解説する。

    「幼年期から大人になった後まで一貫して『慎重な努力家』だった人、つまり真面目な人が最も長寿だったのです。
    これに対して慎重さに欠けた人が最も短命で、途中で性格が変わった人がその中間です。
    真面目な人は慎重だから健康を守るために深酒や喫煙を避け、車に乗ればシートベルトを締め忘れることがない。
    だから死亡リスクが小さくなると考えられます」

    これには遺伝的な要素も関係しているようだ。

    「真面目タイプの人は、衝動的な行動を抑える神経伝達物質のセロトニンの働きが活発になる遺伝子を有しており、それにより危険を避けられるのではないかとも考えられます」(岡田氏)

    “楽天家は長生き”という通説を覆す結果だったのである。

    ■営業マンより研究者の方が長生きできる

    “孤高の研究者タイプ”と“社交的な営業マンタイプ”ではどちらが長生きするのか。
    一般的には社交的な人ほど健康的に見られがちだ。

    ターマン氏は社交性を示す行動パターンが対極的な「科学者」と「ビジネスマン」という2つの職業を比較していたが、フリードマン氏が改めて「寿命」という指標で分析してみると意外な結果が出た。
    対象集団のなかで、科学者は4分の3が70歳を超える年齢まで生きたが、ビジネスマンなど非科学者では、3分の2しか70歳まで生きられなかった。

    「科学者は、交際範囲は狭くとも自分の興味ある分野で主体的に人と関わる。
    これに対して仕事のために自分の本音を押し殺していることも多い営業マンは、ストレスがたまりやすいからだと考えられます」(岡田氏)

    http://www.news-postseven.com/archives/20170105_480712.html?PAGE=1
    http://www.news-postseven.com/archives/20170105_480712.html?PAGE=2
    【性格と寿命の相関研究…「社交的な営業マン」より「孤高の研究者」、「楽天家」より「真面目な人」の方が長生きという結果】の続きを読む

    MIYADSC_5956_TP_V



    1: 名無し検定1級さん 2016/07/02 19:24:49.58 ID:Pxl9sAd2.net
    前スレ
    【下剋上】底辺が資格等をとって這い上がるスレPart3 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/lic/1455621147/
    【【下剋上】底辺が資格等をとって這い上がるスレ】の続きを読む

    N811_unadarerusarari-man-thumb-autox1600-14744
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2017/05/17 22:51:58.72 ID:CAP_USER.net
     イオンの関連会社で警備業の「イオンディライトセキュリティ」(大阪市)の男性社員(52)が宿直の仮眠は労働時間にあたるなどとして、未払い残業代などの支払いを求めた訴訟の判決が17日、千葉地裁であった。小浜浩庸裁判長は「労働からの解放が保証されているとは言えない」として、原告の請求をほぼ認め、未払い残業代と付加金の計約180万円を支払うよう同社に命じた。

     判決によると、男性は2011年に入社し、都内や千葉市のスーパーで警備の仕事をしてきた。千葉市の店で働いていた13年1月~8月には24時間勤務で、30分の休憩時間と4時間半の仮眠時間があった。

     原告側は「仮眠時間でも制服を脱がず、異常があった際はすぐに対応できる状態を保ったままの仮眠で、業務から解放されなかった」と主張。小浜裁判長は「仮眠時間や休憩時間も労働から解放されているとは言えない」と指摘した。

     男性は残業代支払いを求めた後に出された別の部署への異動命令についても、不当な配置転換だなどとして慰謝料500万円を求めていたが、千葉地裁は「異動は業務上必要があったと認められる」として、請求を棄却した。

     閉廷後、会見した男性は「同じような労働環境で働いている同僚がいる。今回の判決が、警備業界の就労環境の向上につながれば」と話した。同社は「判決の内容を精査し、適切な対応をしたい」とコメントした。(滝口信之)


    5/17(水) 19:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000077-asahi-soci
    【警備員に朗報!?「仮眠も労働時間」イオン関連会社に残業代支払い命令】の続きを読む

    N695_ichimanensatu_TP_V



    社会人になってから、退職をするまでにもらうお給料ってどれくらいだろう?誰しも一度は考えたことはあるのではないでしょうか?下の図は、業界別に見た生涯年収データです。

    2015081602

    上位10番目および、下位10番目までを除いたとしても、上位と下位の差は、7,548万円です。もちろん仕事を選ぶ基準は、人それぞれであり、お金だけではないと思います。ただ、考えてみてください。いずれ結婚して子供ができて、そして子供が成長し、やがて巣立っていきます。そういった中で、7,548万円があれば、ある程度の家を建てることができます。また良い車に乗ることができます。子供によい教育を施すことができます。やりがいを考えて就職しても、年齢が増すにつれて、だんだんとお金の大切さに気付いたりします。




    では、今度は学歴ごとの生涯年収について考えてみましょう。

    thumbnail2 (1)


    大学を卒業した場合と、高校を卒業した場合では、4,000~5,000万程度の違いが出てきます。学生生活を送っていると、将来の幸せや生活設計など、まるで考えず、今この時を精いっぱい生きているので、この生涯年収の差に気付きません。また分っていても重要度を理解できません。あとで後悔するんですね。また、企業の規模によっても、生涯年収が違ってきます。入る会社も重要です。


    つぎに職種ごとの生涯年収について、考えてみましょう。

    2015081604

     ここでも職種格差が存在します。年収の高い職種ほど、専門性が高く、またその職種につくまでに高度な教育や、学歴を必要とします。年収が低い職種は、誰でも就くことができる職種です。お金という観点で考えた場合は、あえて年収の低い職種を狙うのは間違いです。その仕事をやっていると、この上ない幸せを感じることができるのであれば、別ですが。


    ★ポイント
    学歴×入社企業の規模×入社企業の業界×職種=生涯年収の格差です。


    就職活動している学生は、お金だけではないと言えども、この事実はしっかりと整理しておくべきです。また転職活動をしている方も、この事実をしっかりと認識した上で、転職先をターゲッティングする必要があると思います。若い時期に這いつくばって、就職・転職活動を頑張ることが、長い目で見た時、大きな差を生んできます。

    なんて、この頑張る方法・戦略がなんとなくわかってくるのは、年齢を重ねてからなんですが。。。

    当たり前のことなんですが、

    ①まずは、この事実と向き合い、しっかり受け入れること
    ②じゃあ、どの業界・職種をターゲットにするか?決めること
    ③そのターゲットと、今の自分との間にあるギャップは何か?
    ④そのギャップをどううめていくか?

    をきちんと戦略的に考えて、キャリアを積み重ねていかないと、40歳を超えると、もう詰んでしまうんですね。

    やりがいは大切です。しかし、お金を稼ぎつつ、やりがいも感じられたら一番いいですよね。という、人材コンサルタントである私の若干の後悔を語らせていただきました。今の仕事にはやりがいも感じ満足していますが、もう少し別の方法がなかったか?と考えることがあります。

    なので、後悔のない最良の選択ができるよう、早い段階で有益な情報をキャッチアップして、戦略的にキャリア形成をしていってくださいね。

    150711389552_TP_V


    2: 40代メタボ 2016/08/11 17:09:15.56 ID:S+2VYNMI.net
    ここ数年健康診断で毎年引っかかってる40代のメタボおやじです。
    要観察から検査検査になるようになりました。
    主に肝機能のとこで毎年ひっかかってます。
    【【健康診断】40代メタボなサラリーマンの挑戦【怖い】】の続きを読む



    1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/04/30 18:29:37.36 ID:P9pI0ElI.net
    なんであとは死にゆく老いぼれどもに金を渡さにゃならん??
    【【常識】社会人になったら実家にお金入れなきゃいけないん??【相場】】の続きを読む

    このページのトップヘ