リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    待遇

    [画像:3fd06af3-s.jpg]


    1: 鉄チーズ烏 ★ 2017/05/05 22:08:34.70 ID:CAP_USER.net
     非正規労働者が5年を超えて勤務すると正社員と同様に定年まで働けるようになる「無期転換ルール」について、非正規の85.7%が制度の存在や内容を知らないことが5日、人材サービス会社アイデム(東京)の調査で分かった。このルールは非正規の雇用安定を目的に来年4月に始まるが、当事者に十分浸透していない実態が浮き彫りになった。

     アイデムの担当者は「企業が周知に取り組むことも大事だが、働く人は自ら申し込まないと権利を行使できない。積極的に情報収集すべきだ」と指摘した。

     ルールは2013年4月施行の改正労働契約法に盛り込まれた。非正規労働者は同じ会社で契約更新が繰り返されて通算5年を超えた場合、本人の申し込みに基づき正社員と同じ契約更新の必要がない「無期雇用」として働けるようになる。一般的には企業の中核を担う正社員ではなく、職種や勤務地を定めた限定正社員となるケースが先行導入した企業では多い。

     調査は3月、同じ勤務先で6カ月以上働く20~40代のパートやアルバイト、契約社員の男女679人と、従業員30人以上の企業の経営者、人事総務担当者554人にインターネットで実施した。

     ルールを「知らない」と答えた非正規は58.6%で、「内容はよく分からない」は27.1%。「内容も理解している」はわずか14.3%だった。

     一方、企業側は71.7%が「内容も理解している」と回答。「内容はよく分からない」は21.5%で、残りは「知らない」と理解不足の企業も目立った。雇用している非正規への周知・説明を「すでにした」のは48.2%にとどまり、「これからする予定」は38.6%、「予定はない」も13.2%に上った。〔共同〕


    2017/5/5 20:53
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG05H30_V00C17A5000000/

    【【労働契約法】勤務5年超で無期雇用転換、非正規の8割が制度知らない【5年問題】】の続きを読む

    [画像:d551ebce-s.jpg]


    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (アウアウウー Sa08-9bCT) 2017/07/16 14:01:41.46 ID:iRxcpAERa.net
    ノンアルコールビール職場にも広がる メーカーが増産
    7月16日 13時34分

    「ノンアルコールビール」がオフィスでも休憩時間などに飲まれるようになっているとして、専用の自動販売機を設置するなど、各メーカーが生産を増やす動きが広がっています。
    このうち、サントリービールは、ノンアルコールビールだけを扱う専用の自動販売機を開発しました。

    大手各社が出しているノンアルコールビールはアルコール分を含まない清涼飲料水ですが、ビールのような味わいで、
    最近では企業のオフィスなどで昼食や休憩時間に飲む人も増えているということです。

    このため、サントリーではことし中に専用の販売機をオフィスビルなどに500台設置する計画で、ノンアルコールビールの生産も去年より増やす方針です。
    サントリービールブランド戦略部の伊戸隆二課長は「販売機を設置した会社では、
    会議が行き詰まったときに気分転換で飲むなど、ノンアルコールビールを飲む機会が広がってきている」と話しています。

    ※以下略
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170716/k10011061101000.html

    【【サントリー】ノンアルコールビール専用自販機をオフィスビルに設置へ【職場で飲め!】】の続きを読む

    [画像:fbc1dc24-s.jpg]


    1: 和三盆 ★ 2017/08/19 15:15:02.36 ID:CAP_USER9.net
    2017年8月19日 7時38分 産経新聞
     政府は18日、転職直後の労働者にも年次有給休暇を与えるよう企業に促すため、労働時間のあり方に関する企業向けの指針を今秋にも改正する方針を固めた。

     現行の労働基準法では、入社後6カ月を過ぎてから有給を与えればよいが、このことが転職意欲をそぎ、成長産業への労働力移動を妨げているとの指摘を踏まえた。

     政府が改正を検討しているのは厚生労働省の「労働時間等設定改善指針」だ。

     有給取得に向けた環境づくりや意識改革を企業に求める項目に、「有給付与の早期化を検討する」という趣旨の文言を加える。労働政策審議会(労政審)での議論を経て、9月中の公布を目指す。

     労基法で企業は入社後6カ月を過ぎた労働者に対し、有給を年10日与える義務がある。付与日数はその後、1年ごとに増え、入社6年6カ月を過ぎれば一律20日となる。企業は自主的にこのペースを上回って与えてもいい。ただ、実際には、入社後6カ月以内の労働者に有給を与えるケースは少ないという。

     政府の規制改革推進会議は、この状況が労働者の転職を足踏みさせていると指摘。勤務初日に1日の有給を与え、勤続1カ月ごとに1日ずつ増やす仕組みの導入を提言している。

     指針改正はこうした提言などを踏まえるものの、具体的な有給の付与方法は示さない方向だ。拘束力もないため、労基法そのものを改正すべきだとの声が強まる可能性もある。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13492103

    【【政府】転職直後の労働者に有給給付の指針改定】の続きを読む

    [画像:83277d71-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/09/12 21:19:27.25 ID:CAP_USER.net
    システム開発を事業としてウェブサイトに記載している企業の中には、実際には到底システム開発の会社とは言えず、その実態はほとんど派遣企業である場合があります。しかも本当の派遣企業ではなく、実態は派遣なのに契約形態は請負契約や準委任契約としている偽装請負という違法行為を行っている企業が大量に生息しているというのが今のIT業界の実態です。

    他業界からするとIT業界の客先常駐は派遣契約で行われていると思ってしまっている方が結構いらっしゃるようですが現実は違います。きちんとした派遣契約でエンジニアが派遣されるケースの方がレアケースで、多くの場合は偽装請負が行われているという状況です。

    これは将来エンジニアを目指す学生や、システム開発を発注したいと思っている企業にとっては害悪でしかありません。普通のシステム開発会社で働くことを目指す学生に誤解を与えないためにも、実態がシステム開発会社ではないのに開発会社を名乗るべきではありませんし、普通のシステム開発会社に発注したい企業に誤解を与えないためにも、こうした会社はシステム開発の会社を名乗るべきではありません。

    これまでもちょくちょく客先常駐の特徴はブログで書いてきたのですが、まとまった記事として書いたことはなかったことと、学生や顧客企業がこうした企業に騙されないようにするためにも、実態がシステム開発会社ではないにも関わらず、表向きは開発会社を名乗っている企業の見分け方をまとめてみました。

    協力会社(ビジネスパートナー)を募集している

    人売りを稼業としている企業はエンジニアを人身売買のように右から左に流します。その結果として業界構造としては多重下請け構造が当たり前となっています。
    http://axia.co.jp/wp-content/uploads/2017/04/16105234/079e1cf1a615b9813abd87a4bc3ef716-1-e1497577954167.jpg

    エンジニアを他社に派遣するわけですから本来であれば派遣契約が結ばれるべきですが、正式な派遣契約だと多重下請けが法律で禁止されてますから多重下請け構造は成立しません。彼らが派遣契約の形を取らずに偽装請負を行う理由の一つです。派遣法で禁止された多重派遣が常態化しており、中間マージンの搾取が横行し、まさにやりたい放題の状態です。

    こうした企業にとってはいかに案件の情報とエンジニアの情報をかき集めてきてマッチングさせるかという点が肝ですので、常に横のつながりを拡大しようとしています。というよりもどれだけ横のつながりを拡大させることができるかが全てと言っても良いでしょう。

    横のつながりを拡大させるためにSESを行っている企業では、多くの場合会社のウェブサイトに「協力会社(ビジネスパートナー)募集」の記載があります。このページを見て彼らはお互いに問い合わせをして横のつながりを作るのです。

    SES企業でなくても協力会社を募集していることはありますので、協力会社を募集していたからといってそれだけでSES企業確定というわけではありませんが、SES企業であればほぼ確実に協力会社(ビジネスパートナー)の募集を行っていると考えて良いでしょう。

    取引先が同業者ばかり

    社員数の割にオフィス規模が小さい

    勤務場所が「東京23区」となっている

    勤務時間が「客先に準ずる」となっている

    月1回の帰社日をアピールしている

    飲み会や社員旅行の写真ばかりで仕事風景の写真がない

    飲み会の写真の人達の服装が全員スーツ

    http://axia.co.jp/2017-09-12

    【ドナドナIT派遣企業(SES・客先常駐)の見分け方】の続きを読む

    [画像:e6f01aa0-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/09/17 03:10:59.69 ID:CAP_USER.net
    ファミリーマートは直営や系列のコンビニエンスストアで、パートやアルバイトの店員が自らが所属するのとは別の店舗でも働けるようにする。短期間の人手を求める店舗の情報を他店舗の店員に紹介して引き合わせる仕組みを立ち上げる。都内の直営約40店、店員約100人を対象に実験を始めた。人手不足を解消する取り組みの一環として2018年度をめどに、1万8千ある国内の全店での適用を目指す。

     「5日後の午前に2時間だ…
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ16H3P_W7A910C1MM8000/

    【【コンビニ】ファミマ店舗間で店員「シェア」【人手不足】】の続きを読む

    [画像:c922231c-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/09/15 22:19:15.21 ID:CAP_USER.net
     伊藤忠商事は15日、毎週金曜日にスニーカーを取り入れた服装を推奨する「スニーカー・デー」を始めた。6月に始めたカジュアルな服装を勧める「脱スーツ・デー」の一環。仕事中に足元のおしゃれも自由に楽しめるようにして、社員が柔軟な発想でアイデアを出しあえる職場を目指す。

     同日、東京・青山の本社にスタイリストを呼んでスニーカーを取り入れた着こなしの指南会を開いたほか、販売会も開いた。9月末まで展開するスニーカーに続き、10月には他のアイテムでも同様のイベントを展開する。
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HX5_V10C17A9TJ1000/

    【伊藤忠がスニーカーデー 脱スーツに続き、柔軟な発想促す】の続きを読む

    [画像:3ce4adea-s.jpg]


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/23 15:04:33 ID:yNQ
    これ凄すぎだろ
    マジで革命ものの発想だよな

    【youtuberヒカル「優秀な高卒を大企業に就職させる人材派遣会社を作る」】の続きを読む

    このページのトップヘ