リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    転職活動

    [画像:74f32a7f-s.jpg]


    1: 安倍晋三 2017/06/10 19:35:25.15 ID:UQmXKFE/.net
    とりあえず俺が知ってるものだけ評価した。
    ちなみに俺は基本情報(FE)、J検2級、J検SE認定は持ってる(FEは今年4月の試験に合格した)。

    【S】最難関。医師、司法試験、公認会計士と比較できるレベル。
    ITストラテジスト システムアーキテクト プロジェクトマネージャ ITサービスマネージャ システム監査技術者

    【A】超難関
    情報処理安全確保支援士 情報セキュリティスペシャリスト ネットワークスペシャリスト データベーススペシャリスト エンベデッドシステムスペシャリスト 中小企業診断士
    オラクルマスター(プラチナ) シスコ技術者認定(CCNP) PMP

    【B】だいぶ難関
    応用情報技術者 ソフトウェア開発技術者 第一種情報処理技術者
    Linux技術者認定(LPICレベル3) オラクル(ゴールド) シスコ技術者認定(CCNA)

    【C】やや難関
    基本情報技術者(FE) 第二種情報処理技術者
    昔のJ検1級 サーティファイ情報処理技術者能力認定試験1級 C言語プログラミング1級
    マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP上位資格) LPICレベル2 オラクル(シルバー)

    【D】やや簡単
    情報セキュリティマネジメント ITパスポート
    情報検定(今のJ検1級) J検SE認定 J検PG認定 サーティファイ2級 MCP基本資格 LPICレベル1 オラクル(ブロンズ)

    【E】簡単
    J検2級 J検基本スキル
    サーティファイ3級 MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

    【F】超簡単。運転免許レベル。
    J検3級

    【【Iパス】IT資格の難易度ランキング【基本情報】】の続きを読む

    [画像:3aad362c-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/11/18 01:28:33.94 ID:CAP_USER.net
     国内の人手不足感が高まる中、技術者の転職市場も活況を呈している。技術者にとって、転職は大きなキャリアアップの手段だ。自分に合った転職先を見つけられれば、収入だけでなく、労働条件ややりがいなど、より良い環境を得られる可能性がある。

     しかし意欲はあっても、そもそも転職の具体的な方法が分からない人も多いだろう。人材サービスを手掛ける日経HRのキャリア事業部 メディア営業部の松本恭子マネジャーに、技術者における「転職の超基本」を聞いた。

    転職に興味を抱いたとき、まず、何から始めればよいでしょうか。

     まずは情報収集ですね。技術者の中にも、「今すぐではないが、いずれ転職したい。そのために情報を集めておきたい」という方は少なくないでしょう。

    情報収集の方法として最も手軽なのは、転職サイトです。転職サイトには、様々な企業からの求人情報が掲載されています。転職サイトでは、公開されている求人情報を検索できます。どんな職種に求人が出されているのか、年収や勤務時間などの条件はどうか、といったことを手軽に調べられます。

     登録だけしておいて「スカウト」を待つこともできます。自分の職歴などを登録しておくと、興味を持った企業から、自分に合いそうな求人情報が届きます。これがスカウトです。自分でアクションを起こさなくても、「自分にはどんな求人が来るのか」がつかめます。求人の中身や数を基に、自分の市場価値を推測できるわけです。

    併せて、転職の仲介役である「転職エージェント」からアプローチがあります。多くの場合、転職エージェントからはまず面談の案内が来ます。エージェントに会って、自分の過去の経験や保有資格、転職に対して求めているものなどを直接話します。エージェントは面談で得た情報を基に、その人に合う求人を紹介します。

     転職サイト以外では、転職フェアに出かけるのも一つの方法です。人材を求めている様々な企業が1箇所に集まるイベントで、技術者を対象にしたフェアも複数あります。企業の担当者と直接話ができますし、その企業の雰囲気も何となくつかめます。ただ、人口集中地域で開催されることが多いため、地方在住者にとっては交通費や宿泊費がかかるのが難点です。

    表に出ていない求人情報も実は多い

    時間や場所を問わず転職情報を探すなら転職サイトが便利ということですね。利用者登録をしなくても、求人情報を検索できるサイトもありますよね。

     あります。でも、実は転職サイトに公開されている情報は、全体の求人のうちの一部に過ぎないのです。実際は、非公開の求人情報が大多数です。

     より多くの求人を探したければ、やはりサイトに自分の情報を登録する必要があります。その情報をエージェントが見て、「この人は」と思う人に非公開の求人情報を案内するのです。

    エージェントはどんな情報を見るのでしょうか。

     特に注目するのは、これまでの職歴や、その中で身に付いたスキルです。例えばITエンジニアなら、扱えるプログラミング言語や開発環境、経験したプロジェクトの中身や規模、プロジェクトの中のどんな工程に携わったのか、といったことですね。建設系なら、資格情報は必須です。
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/111400519/111400001/

    【技術者の転職は、一体何から始めるべきなのか】の続きを読む

    [画像:1bd4431a-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/11/20 19:29:19.07 ID:CAP_USER.net
    経営について学ぼうと思うとき、多くの人が「MBA」を思い浮かべることでしょう。しかし、「中小企業診断士」の学習内容が「MBA」に近いことをご存じでしょうか。2つとも「経営」について学ぶことは共通しているのですが、どのような違いがあるのかについて今回は解説します。

    学習内容は近いが、違いはさまざま

    MBAは「Master of Business Administration(経営学修士)」の略称であり、ビジネススクールを修了したときに授与される学位です。経営全体の知識を習得した証しとされます。

    一方、中小企業診断士は日本で唯一の経営コンサルタントの国家資格です。資格試験の勉強を通じ、経営全般を体系的に学ぶことができます。

    資格取得者の特徴としては、MBAは商社や金融、大手メーカーなどの社員が社費でMBAを取得するケースが多く見られ、一方、中小企業診断士は自ら経営に興味を持つ方が多いという傾向があります。

    勉強内容は、MBAが大企業の経営全般について学ぶことが多いのに対し、中小企業診断士は中小企業の経営全般に特化した内容を学びます。とはいえ、経営の根幹は企業の大小を問わず同じなので、どちらも経済学や人事管理、マーケティング、財務・会計など、「経営」に関する幅広い知識を学べます。

    しかし、学び方には大きな違いがあります。MBAは、通学形式がほとんどであり、過去の企業実例を講義に取り入れながらディスカッションなどで知識を深めていくケーススタディ方式がほとんどであるのに対し、中小企業診断士の勉強は、多くの場合、1人での座学になります。

    そもそも中小企業診断士の受験生は、仕事の傍ら勉強に励む方が圧倒的多数なため、夜や朝の空いた時間に1人孤独にテキストや問題集に取り組むスタイルになってしまうのです。予備校に通わず、独学で勉強する人が多いのも中小企業診断士の特徴です。

    費用面では中小企業診断士が圧倒的に安く、予備校を利用した場合でも20万~40万円ほど、完全に独学の場合にはテキストや参考書代のみの負担になります。一方、MBAは国立でも100万円ほど、私立になれば数百万円、海外に行く場合には数千万円と大きく費用が異なってきます。

    MBAを選ばず中小企業診断士の道を選ぶ人の中には、「金銭面」の問題を抱える方がいるのも事実です。しかし、どちらの道を選ぶかにより「人脈」が異なってきますので、長期的に見てどちらに経済合理性があるかはその人次第と言えます。

    難易度は単純比較できない

    また、MBAと中小企業診断士の難易度を比べる人がいますが、簡単に比べることはできません。「卒業」までの過程が大きく異なるためです。

    MBAは、選抜試験を突破したとしても、卒業要件の壁があり、単位取得の過程で挫折してしまう人が少なくありません。私の知り合いにも、仕事との両立の兼ね合いや、家庭の事情により中退を選んだ人が少なからずいます。また何より、国内から海外まで大学によってレベルはさまざまであるため、MBAと一言で言っても、難易度の差が生じてきます。

    他方、中小企業診断士には入学や単位などの通過点はなく、「試験合格」の一点が突破口です。勉強もある程度自分のペースで進めることができますので、単位に追われることもありません(「試験日」というお尻はありますが)。ただし、経営コンサルタントとして唯一の国家資格であるだけあって、合格率は4%前後と難関です。
    以下ソース
    http://toyokeizai.net/articles/-/197868

    【【資格】「MBA」と「中小企業診断士」、使えるのはどっち?】の続きを読む

    no title


    1: 名無しさん@引く手あまた 2016/04/09 11:16:54.38 ID:g3LZNNUH0.net
    【メーカー】(大手)土日祝・GW、夏季各9日前後・年末年始6日前後 (年休129日前後)
           (中小)日祝・隔週土・年末年始、GW、夏季各5日前後 (年休102日前後)
    【金融】土日祝・年末年始12/31~1/3・年1回9日連休 (年休130日)
    【公務員(特別職除く)】土日祝・年末年始5日前後・夏季9日前後(年休132日前後)
    【不動産】水曜+隔週平日1日・年末年始、GW、夏季各4日程度 (年休90日程度)
    【小売店員系】完全シフト制または平日で週1~2日 (年休52~104日)


    【【転職】絶対に土日休みだけは譲れない!!】の続きを読む

    [画像:01bbbc78-s.jpg]


    1: ノチラ ★ 2017/11/02 15:26:39.64 ID:CAP_USER.net
    これからのキャリア形成では、なにが正解なのか。マーケティング戦略アドバイザーの永井孝尚さんは「『あなたという商品』の価値を高める方法を考えるべき」といいます。永井さんの知人に「お金さえもらえばいい」といって、受け身の仕事を続けてきた55歳の男性がいます。49歳で子会社に転籍。給与減を補うために転職を志しましたが、まったくうまくいきません。どこで間違ったのか。教訓とあわせてお伝えしましょう――。
    「もっと要領よくやればいいじゃないか……」
    今どきのキャリアをどう考えたらいいのか。失敗から学ぶことはたくさんあります。今回は「仕事ではお金をもらえばいい」と割り切ってきた55歳の現在を紹介しましょう。落合タクミ(仮名)が新卒入社したのは、中堅メーカーC社でした。「上司に従っていれば、失敗しても上司の責任。自分でわざわざリスクを取る必要はない」が彼の持論です。だから仕事で自発的に提案をすることはほとんどありませんでした。常に受け身で仕事をしていたのです。

    彼は上司の言うことには忠実だったので、上司のウケはとてもよいものでした。入社後の10年間は高度成長期の最後の時代です。自発的に考えなくても、仕事は次々と向こうからやってきました。

    一方、職場の中に今風に言えば「意識高い系」の同僚・山田がいました。落合から見ると山田はイタい男にしか見えません。「山田さんはストイックだなぁ(笑)」と揶揄した感じでちゃかすことも多く、本音では(仕事なんかに本気になって……)とイラッとしていました。

    (山田みたいに頑張って新しい提案しても、余計な仕事を抱えるだけだし、給料なんてほとんど変わらない。わざわざ失敗して後ろ指をさされるリスクが増えるだけだし、周りにいるオレたちの仕事も増えるし、はっきり言って迷惑なんだよ。もっと要領よくやればいいじゃないか……)

    昇進も給与も、基本的に年功序列の時代です。新しい提案をして失敗しようものなら、責任問題にもなります。それならば、上司の指示通りに受け身で動いて、できるかぎりリスクを取らない方がはるかに賢い選択。仕事なんてお金がもらえればじゅうぶん。それが落合の考え方でした。

    転職斡旋会社には登録したが…
    そして現在。彼は55歳になっていました。

    49歳のときに積み増しの退職金をもらい子会社に転籍して、すでに6年が経過していました。仕事は元いた親会社への派遣です。元勤務先である親会社で、会社裏口の受付窓口応対をしています。給与は親会社にいたときから半減していました。一方で、新入社員時代にバカにしていた同期の「意識高い系男」の山田は、親会社で本部長として活躍しています。

    落合の目下の悩みは、5年後の60歳でやってくる定年退職です。年金支給は65歳から。年金支給まで5年間、生活費をどうやって工面すればいいのか? 彼は思い悩み、転職斡旋会社に登録しました。

    ある日、転職斡旋会社からC社と同じ業界の中小企業社長と面接がセットされました。2代目社長は30代前半で落合より20歳以上も年下です。転職斡旋会社からは「小さい会社だが成長中で将来性がある」と紹介されました。「成長中の会社ならば給与がいい仕事があるかもしれない」と、彼は淡い期待を持ち面接にのぞみました。

    「言われたことならできる」という人はいらない
    社長「はじめまして。ご足労いただきありがとうございます。お時間もないのでさっそく面接に入らせてください。落合さんはC社さんにおられたんですよね。当社ではどんなことができると考えていますか?」
    本人「言われたことは何でもできます。仕事ですから」
    社長「……落合さん、言われたとおりにやるだけなら、うちに仕事はありません。単純な仕事ならばITやAIを使えばスピードも人間よりも速く、正確で、しかも低コストです。コンビニでも無人レジが登場している時代ですよ」
    本人「……そうですね……」
    社長「当社はまだまだ零細企業ですが、これからは世界で戦えるように大きくしていきたいと考えています。そのためにITやAIなどの先端技術をフル活用していきます。私たちが欲しい人材は、ITやAIで代替できない、AIを仕事の武器として活用できる人材です。『言われたことならできる』という人を抱える余裕は当社にはありません。ご理解ください。お互いにこのまま話を続けても時間のムダだと思います」

    最近、落合と話をする機会がありました。面接でのやり取りで若社長が言った言葉に思い悩んでいるようでした。彼は私にこうぶちまけました。「そもそも仕事は言われたことをやってお金をもらうものじゃないのか!? なんでこうなるんだ……」。
    以下ソース
    http://president.jp/articles/-/22798

    【"意識高い系"をバカにしてきた50代の末路】の続きを読む

    [画像:4adf8a8e-s.jpg]


    1: Ergo proxy◆FdDsU0B5ivx5 2015/03/17 21:56:48 ID:JMH

    「志望理由なんてあるわけねーよ」にネット反論 「そんな簡単な捏造もできん奴に何ができる?」

    キャリコネニュースが3月7日の記事で、「志望理由がない女子大生の悩み」について
    取り上げたところ、読者から大きな反響が寄せられた。この記事内では、志望動機を
    持ち合わせていないために、就活が憂鬱でならないと語る女子大生に共感する意見が比較的多かった。

    これに対し、配信先のニコニコニュースでは1400件近いユニークなコメントが集まっている。
    女子大生への批判がかなりの割合を占めたが、日本の就活の実態を嘆くものなどイマドキの
    就活生の悩みに共感する声もあった。

    ■「生きるため・食うためが第一の動機」だけど

    志望理由が思いつかない女子大生に共感する人たちからは、「すっごい同意」「ほんとそれだよな」
    「本気で共感できる記事」という声があがった。また、「生きるために働かなければならないだけ」
    であり、会社が喜ぶような熱い志望理由など思いつかないという人もいた。

    (中略)

    【「志望理由なんてあるわけねーよ」→簡単な捏造もできん奴に何ができる?】の続きを読む

    PAK93_tonarigakininarucyoushinki20140322_TP_V


    1: 非公開@個人情報保護のため 2017/01/15 21:22:21.94 ID:???
    地方公務員だったけど辞めて求職中。
    辞めた理由は夢があったから追いかけていたが、その夢も途絶えて最近は自分は何がやりたいのか分からなくなってるw
    同じようなひとはいる?
    ちなみに女
    【公務員辞めて求職中だけどやりたいことがわからないワロタ】の続きを読む

    このページのトップヘ