リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    2018年04月

    CCC9V9A9993_TP_V (1)


    1: ムヒタ ★ 2018/04/05(木) 16:48:32.90 ID:CAP_USER
    個人の暮らし向きについて「ゆとりがなくなってきた」と感じる人が増えていることが日銀の調査でわかりました。

    日銀は、全国の個人に対して3か月ごとに景気の実感などを聞いていて、今回は、ことし2月から先月上旬までに2000人余りから回答を得ました。

    それによりますと、足元の物価について「かなり上がった」、「少し上がった」という回答が合わせて73%余りとなり、前回の調査より6ポイント余り上昇しました。

    また、暮らし向きについては「ゆとりが出てきた」とする割合から「ゆとりがなくなってきた」とする割合を差し引いた値がマイナス35.3ポイントと、前回の調査より1.6ポイント低下しました。

    これについて日銀は、天候不順の影響による野菜価格の高騰やガソリン価格が高い水準で推移したことなどが背景にあると見ています。

    景気が緩やかに回復しているとされる中でも、個人の生活実感が悪化しているという声が増えていることが浮き彫りになり、日銀は「春闘の賃上げが反映される次回以降の調査を注視したい」としています。
    4月5日 16時18分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180405/k10011391911000.html

    引用元: ・【社会】暮らし向き「ゆとりなくなってきた」増加


    【【社会】暮らし向き「ゆとりなくなってきた」増加 】の続きを読む

    AL201_nomikai1320140830185950_TP_V


    1: ノチラ ★ 2018/03/29(木) 22:27:31.09 ID:CAP_USER
    電通の中本祥一代表取締役は29日開いた定時株主総会で、2017年春の新卒採用の際、面接官によるセクハラ発言があったのかとの株主の質問に対し、「調査中。発言内容を精査した上、懲戒に該当するなら厳正に処分する」と述べた。

     中本代表取締役はさらに、「(現段階では)セクハラと取られかねない発言があったことを否定できない。(事実なら)不適切な発言を申し訳なく思う」と語った。

     面接でのセクハラ発言は、電通の新入社員で過労自殺した高橋まつりさんの遺族代理人の弁護士が今年1月、明らかにした。面接官が女子学生に「女を武器にしている」「スカートが短い」などと発言したという情報が寄せられたという。

     弁護士によると、面接の席で高橋さんの事件の見解を問う発言や、自殺の原因が過重労働ではないと受け取れるような発言も、複数の役員から出た。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000099-jij-bus_all

    引用元: ・【企業】電通 面接セクハラ「調査中」


    【電通 面接セクハラ「調査中」】の続きを読む

    PAK85_oyakudachisimasu20140830_TP_V


    1: ノチラ ★ 2018/04/13(金) 16:38:02.88 ID:CAP_USER
    日本能率協会は4月12日、「2018年度 新入社員意識調査(速報)」の結果を発表した。調査期間は2018年3月29日~4月6日、調査対象は同協会が提供する新入社員向け公開教育セミナー参加者、有効回答は352人。

    実力・成果主義志向が6割超
    今の気持ちを漢字1文字で表してもらったところ「新」(28人)、「挑」(24人)、「努」(12人)がトップ3にランクインした。

    実力・成果主義の職場を望むか、年功主義の職場を望むか尋ねたところ、「実力・成果主義(どちらかというと含む)」と答えた割合は65%。一方、プライベートを優先したいか、仕事を優先したいかとの問いに対しては、「プライベート(どちらかというと含む)」との回答が75.8%を占めた。

    https://news.mynavi.jp/article/20180413-616156/images/001.jpg

    理想的だと思う上司や先輩を聞くと、「部下の意見・要望を傾聴する上司・先輩」が33.5%、「仕事について丁寧な指導をする上司・先輩」が33.2%、「部下の意見・要望に対し、動いてくれる上司・先輩」が29.0%の順となった。

    仕事をしていく上での不安は、「上司・同僚との人間関係」が最も多く39.8%。次いで「仕事に対する自分の能力・スキル」「ビジネスマナーや常識」が同率の36.6%で続いた。

    将来の育児と仕事についての自分自身の考えを質問したところ、「仕事を続けたい」が50.9%、「続けられる環境があれば続けたい」が38.9%と、約9割が仕事を続けたいと回答。また女性の81.9%が仕事を続けたいと考えていたのに対し、妻に仕事を続けてほしい男性は51.8%にとどまった。
    https://news.mynavi.jp/article/20180413-616156/

    引用元: ・【社会】新入社員、8割弱が「仕事よりプライベートを優先」


    【新入社員、8割弱が「仕事よりプライベートを優先」】の続きを読む

    TC9V9A4149_TP_V


    1: ノチラ ★ 2018/03/31(土) 14:14:50.79 ID:CAP_USER
    旅先で休暇を楽しみながら仕事もこなす――。仕事(ワーク)と休暇(バケーション)を組み合わせた「ワーケーション」が広がり始めた。休暇先での仕事を認めて確実に長期休暇を取りやすくするのが狙いだ。自治体が観光客に“職場”をレンタルするなど受け皿づくりも進む。新たな働き方として定着するか。

    ■帰省中に会議

     「休暇先から仕事に対応できて助かった」。日本航空人財戦略部の中丸亜珠香さん(38)は2017年8月、…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28845820R30C18A3CC0000/

    引用元: ・【社会】旅先で仕事「ワーケーション」認めます 長期休暇促す


    【旅先で仕事「ワーケーション」認めます 長期休暇促す】の続きを読む

    BL008-cyottomatteyo20140810_TP_V (1)


    1: ムヒタ ★ 2018/03/30(金) 07:47:59.70 ID:CAP_USER
    奈良県生駒市は、市役所内での受動喫煙を防ごうと職員が喫煙した場合、体内から有害物質が出続けているとされる45分間は、エレベーターの利用を禁止するなどの対策を4月から始めることになりました。

    奈良県生駒市は、5年ほど前から、市役所の庁舎内を全面禁煙とし、屋外に喫煙所を設けるなど、受動喫煙による健康被害の防止に取り組んでいます。しかし、職員の中から、「さらに対策を強化してほしい」との提案が出されたということで、市は、4月1日から新たな対策を始めることになり、29日、周知を呼びかけるポスターを掲示しました。

    新たな対策は、市の全職員が対象で、▼喫煙後も45分間は、体内から有害物質が出続けるという研究結果に基づき、この間のエレベーターの利用を禁止するほか、▼勤務中は、昼休みを除いて禁煙とするなどとしています。罰則はなく、職員一人ひとりの良識に委ねるということです。

    生駒市人事課の田中良成課長は「たばこを吸う人も吸わない人も気持ちよく過ごせるように職員も努力するので、市役所を訪れる市民の皆さんにも協力をお願いしたいです」と話しています。

    県内では、奈良市でも喫煙後は、エレベーターの利用を避けるよう職員に周知する取り組みを行っています。
    03月29日 17時49分
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/2053397221.html

    引用元: ・【喫煙】喫煙後にエレベーター利用禁止へ


    【【受動喫煙防止】喫煙後にエレベーター利用禁止へ【働き方改革】】の続きを読む

    PAK_OO0I9A4245_TP_V


    1: ノチラ ★ 2018/04/13(金) 20:25:17.33 ID:CAP_USER
    人材派遣会社の従業員とその家族約50万人が加入している「人材派遣健康保険組合」が、早ければ今年度中にも解散する方向で検討に入ったことが分かった。高齢者医療を支えるための負担が重く、保険料が上昇しているためだ。解散すると加入者は中小企業向けの全国健康保険協会(協会けんぽ)に移るが、保険料率などの加入条件は悪化する公算が大きい。

     すでに加盟企業に解散方針の伝達を始めた。引き金となったのは高齢者医療を…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29369050T10C18A4MM8000/

    引用元: ・【保険】人材派遣健保、解散を検討 加入者50万人 高齢者向け負担重く


    【【はけんけんぽ】人材派遣健保、解散を検討 加入者50万人 高齢者向け負担重く】の続きを読む

    ELFADSC02949-thumb-autox1600-29785


    1: ムヒタ ★ 2018/03/25(日) 03:41:54.75 ID:CAP_USER
    すかいらーくはファミリーレストランなど傘下の約3千店で、約10万人いるパートやアルバイトの店員が所属とは別の店舗で働ける仕組みを立ち上げる。情報を共有するためIT(情報技術)システムに約100億円を投資。人手不足が深刻になる中、人的資源を効率よく活用する。接客業務をほぼ統一し、他店舗勤務の時給を上乗せするなど人員の融通を前提にした経営にカジを切る。

    外食は慢性的な人手不足が続き、各社は時給など待…
    2018/3/25 1:12
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28550330U8A320C1EA2000/

    引用元: ・【小売】すかいらーく、パート10万人をシェア 人手不足対応


    【【小売】すかいらーく、パート10万人をシェア 人手不足対応 】の続きを読む

    LGTM_dandast17_TP_V


    1: 名も無き被検体774号+ (ワッチョイWW 93b4-Yu/e) 2018/04/01(日) 17:47:02.54 ID:a1W8JJ5t0
    こんなに人を憎いと思ったことは初めてだし
    いい奴を憎んでる自分が嫌だ

    引用元: ・職場の同期がいい奴なんだけどしばきたいほど憎い


    【職場の同期がいい奴なんだけどしばきたいほど憎い 】の続きを読む

    KITUEN84510I9A8938_TP_V


    1: ノチラ ★ 2018/03/26(月) 19:45:25.03 ID:CAP_USER
    「また席外してるよ」――。タバコ休憩への苛立ちに気づいている喫煙者はどれだけいるのだろうか。やっと戻ってきたかと思うと、タバコの匂いを漂わせ、嫌煙家の怒りをさらに買っている。

    喫煙者を採用しないことを掲げる星野リゾートは企業サイトに

    「『なぜニコチン依存症の社員だけを企業は優遇するのか』とアルコール依存症の社員が主張したら、従業員食堂の横に社員用のバーを設置するのでしょうか」

    と書いている。星野リゾートだけでなく、テルモやロート製薬なども非喫煙者であることを採用条件にあげているが、採用はおろか会社全体でタバコを禁止している企業はまだまだ少ない。(文:ツマミ具依)

    「チョコ休憩とかマッサージ休憩とか欲しいわ」

    先日、ガールズちゃんねるで「タバコ休憩に腹が立ちます」というスレッドに多くの不満が綴られていた。トピ主は、繁忙期なのにも関わらず20分もタバコ休憩に行く社員がいることに激怒し、同じ給与であることにも非常に腹が立っているとのこと。

    「スマホ休憩行ってきまーす!なんて絶対通用しないのに」
    「タバコという嗜好品が仕事中でも許されるなら、チョコ休憩とかマッサージ休憩とか欲しいわ」
    「喫煙者にタバコ休憩を許すなら、非喫煙者にも同じだけ自由時間を与えるべきだよね!」

    タバコを嗜むかは人によるので不公平だと感じても「だったら私もタバコ休憩する!」というわけにもいかない。それが非喫煙者のストレスをさらに大きくする。もし「非喫煙者向けの休憩」もあれば多少不満は和らぐのかもしれない。

    「前の職場、おじさんとかはタバコ休憩とかするし、んじゃ私もって感じでコーヒー休憩したりしてた 」
    「上司がそんな感じだから私もトイレいく度10分くらい個室で携帯いじってるわw ある意味楽」

    「非喫煙者向けの休憩」として、タバコ休憩を逆手に取り、各々が別の理由をつけて休憩をとっている人もいるようだ。だが、タバコ休憩の代わりに休憩ができるような職場環境ばかりではないだろう。

    「タバコは休憩とみなされるけど、おやつ食べてるとサボってると言われる 」
    「なんでタバコ休憩は堂々といけて、トイレ休憩は冷たく見られるのだろう?」

    つまるところ、怒りの根源は「なぜタバコなら許されるのか」という点である。前述の星野リゾートがアルコールに置き換えたように、タバコだけが見過ごされている矛盾を解く人はスレッドに見当たらなかった。タバコが特別扱いされることが同じ職場で働く人間という中で不平等感を生んでいるのだ。

    非喫煙者にも休憩タイムを別途設ければ解決か
    「私が働いてる所は、昼休憩の他にタバコ吸う人も吸わない人も等しく午前、午後10分づつ休憩あるよ。その前は1時間毎に1回10分~20分煙草吸いに行く爺どもがゴロゴロいたから改善されて良かったよ」
    「私の職場は昼休みと別に10分休憩あります。 ほとんどの人が喫煙者なのでみんなその時間を一服と言ってますが、非喫煙者も皆同じく10分休憩するので何の不満もありません」

    解決策として休憩を平等に与えているという例がわずかにあった。タバコを嫌う人にとっての理想は完全禁煙かもしれないが、いきなりそれをやるのは難しい。ならば、タバコを吸いたい人もそうでない人も平等に休憩時間を設けることが現実的な解決方法といえるかもしれない。
    https://news.careerconnection.jp/?p=51941

    引用元: ・【社会】喫煙者のタバコ休憩に「不平等」と怒りの声 「スマホ休憩行ってきまーす!なんて絶対通用しない」


    【喫煙者のタバコ休憩に「不平等」と怒りの声 「スマホ休憩行ってきまーす!なんて絶対通用しない」】の続きを読む

    このページのトップヘ