リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    2018年01月

    PAK141221020I9A5047_TP_V


    1: ノチラ ★ 2018/01/18 13:58:55.77 ID:CAP_USER.net
    デフレ脱却に向けて賃金引き上げの動きがどこまで広がるかが焦点になる中、金融サービス大手のオリックスは、ことし4月からすべての社員を対象に、毎月の基本給を1万円引き上げ、平均で3%余りに相当する賃上げを行うと発表しました。

    発表によりますと、オリックスは、ことし4月からグループ会社を含めたおよそ1万人のすべての社員を対象に、毎月の基本給を1万円引き上げます。

    定期昇給分を含めると、20代から30代の若い世代の社員にとっては5%を上回る賃金の引き上げとなり、全体の平均でもおよそ3.3%の賃上げになるということです。

    また、残業の削減など働き方改革に取り組む意欲を高めてもらうため、語学学校やスポーツジムなどで使える独自のポイント制度を導入し、すべての社員に年間6万円分を支給します。

    働き方改革は、会社の生産性の向上につながる一方、社員の間に時間外手当が減ることへの懸念もあることから、この制度によって前向きな取り組みを促したい考えです。

    金融業界では、大和証券グループ本社がすべての社員を対象に3%を上回る賃上げを行う方針を固めていて、大手企業の春闘が本格的に始まるのを前に、賃上げに踏み切る動きが相次いでいます。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180117/k10011292161000.html

    【オリックス 全社員対象に基本給1万円引き上げへ】の続きを読む

    PAK85_oyakudachisimasu20140830_TP_V (1)


    1: 名無しさん@引く手あまた 2017/10/28 18:00:24.49 ID:dfTejomi0.net
    パワハラが無いって会社もあるけど
    あるって会社もあって基準が分からないが他の会社みてると行ってる内容が内容が似てるから日本全体?
    公には話さないのもおしろいが。

    労働基準監督署に通報して効き目あるのかないのか隠せるかも気になる

    【【怒鳴】職場のパワハラはどの程度が普通?【殴】 】の続きを読む

    cc0160153058-thumb-autox1600-26211


    1: 名無し募集中。。。 2018/01/21 10:43:59.25 ID:???
    例えばゴルフ用品小売市場は2016年に3712億円から2030年には1969億円とほぼ半減。

    ゴルフ場市場規模も7396億円から3744億円とこちらもほぼ半減という予測。

    https://news.nifty.com/article/magazine/12208-20180121-205466/

    【ゴルフ業界「2030年には市場規模が半減する。ゴルフ離れが止まらない」】の続きを読む

    PAK86_kuzureochiru20140713_TP_V


    1: 名無しさん@涙目です。 ID:???
    4月にスタートする薬価制度の抜本改革も逆風となり、製薬業界に寒風が吹きすさぶ。本誌の取材により、抜本改革と前後して、
    メガファーマの日本法人で大量のリストラが断行されることが分かった。
    国内製薬各社も近年、人員を絞っており、今後一段と整理が進む可能性が高い。(「週刊ダイヤモンド」編集部 土本匡孝)

     「業界の将来見通しがさらに暗くなったタイミングで、早速の大量カットだな」

     製薬会社の営業担当であるMR(医薬情報担当者)たちは現場である医療機関で顔を合わせると、そんな話題で持ち切りだ。メガファーマ(巨大製薬会社)である米メルクの日本法人、
    MSDで大量の早期退職者が出ると2017年末に判明すると、あっという間に業界内にうわさが広まった。

     MSDは16年売上高で米ファイザー、スイス・ロシュ、スイス・ノバルティスに続く世界4位のメガファーマ。日本でも売上高トップ10に入る。17年初めには、
    小野薬品工業の画期的ながん免疫治療剤「オプジーボ」と同様に、免疫チェックポイントを阻害する仕組みを持つ「キイトルーダ」を発売して注目を集めた。

     同じ会社が年末にも注目を集めた発端は、昨年10月中旬に行われた早期退職募集にある。

     MSDは「組織に関することで一切公表しない」とするが、同社関係者によると、会社が大義名分に掲げたのは生産性の向上。
    国内の同業他社と比べても、グローバルのメルクと比べても、「1人当たりの稼ぎが少ない」ことが理由であると会社側は説明した。要は「人員がだぶついている」のだ。

    以下ソース


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180117-00155776-diamond-bus_all

    【製薬業界のMRの1割がリストラ対象!社会保障費が高騰で今後更に増える模様】の続きを読む

    ZOM93_nekutaidanshi20140503_TP_V


    1: 名無しさん必死だな 2017/11/20 10:21:37.98 ID:uHe0afkR0.net
    【ゲーム業界】働きやすい会社ランキング2位はソニー スマホゲーム企業も多数ランクイン
    ttps://netallica.yahoo.co.jp/news/20171120-70996658-careercn
    キャリコネニュースでは、約100万人が登録する国内有数の転職口コミサイト「キャリコネ」のデータから
    業界別で「働きやすい会社ランキング2017年下半期版」を作成した。
    今回は大手ゲーム(ソフト&ハード)のランキングだ。

    対象は2016年10月1日~2017年9月30日の期間に評価が10件以上寄せられた企業の中から、
    ゲーム関連企業を比較した。ゲーム市場規模は2016年まで7年連続で増加し過去最高を更新している。
    ただ「プレイステーション4」や「ニンテンドースイッチ」などが好調なものの、家庭用ゲームは縮小傾向。
    急成長したスマホゲームでもソニーや任天堂が新規加入するなど、競争激化と成熟化が鮮明になっている。

    1.日本マイクロソフト
    2.ソニー
    3.任天堂
    4.グリー
    5.バンダイナムコエンターテインメント
    6.ディー・エヌ・エー
    7.スクウェアエ・エニックス
    8.カプコン
    9.ドワンゴ
    10.セガゲームス

    【ゲーム業界ホワイト企業ランキング「1位MS、2位ソニー、3位任天堂」】の続きを読む

    OOK863_neccyusyou_TP_V


    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/21 17:17:17.500 ID:H/Xh60M/0.net
    助けてくれ
    上司にいじめられる夢ばっかみる
    実際いじめられてるし
    【社会人一年目なんだけど毎日仕事の悪夢見るんだがwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    LIG_h_agenttokeiwomiru_TP_V


    1: 名無しさん@涙目です。 ID:???
    ●ランキング第5位:有効求人倍率4.73倍「家庭生活支援サービスの職業」

    家庭生活支援サービスの職業の有効求人倍率は4.73倍。新規求人倍率は6.5倍。そもそも求人と求職者数の絶対数がそれほど多くないため、
    今回の数値だけで語るのは難しいですが、家庭生活支援という産業は働き方が変わってくればさらにニーズも変化してくるでしょう。

    ●ランキング第4位:有効求人倍率5.25倍「医師、薬剤師等」

    医師、薬剤師等の有効求人倍率は5.25倍。新規求人倍率は8.67倍となっています。医師や薬剤師不足というのは地域差もあるとは言われますが、
    全体で見ると求人に対して求職者は不足しているということが言えます。

    ●ランキング第3位:有効求人倍率5.35倍「建設・土木・測量技術者」

    建設・土木・測量技術者の有効求人倍率は5.35倍。新規求人倍率は8.30倍と足元の需給もさらにタイトになっていると言えます。東京オリンピックなども
    予定されており、インフラの老朽化対策、新規ビル建設などの需要もあるのでしょうか。

    ●ランキング第2位:有効求人倍率7.73倍「保安の職業」

    保安の職業も重要性は増すばかりですが、その需要増に対して求職者が少ない職業と言えるでしょう。新規求人倍率も9.25倍もあり、
    足元のひっ迫感も増しているということが言えます。

    ●ランキング第1位:有効求人倍率はなんと9.62倍!「建設躯体工事の職業」

    建設・採掘の職業全体の有効求人倍率は4.15倍ですが、その中でも建設躯体工事の有効求人倍率は9.62倍となっています。
    加えて新規求人倍率は12.08倍。1人の求職者に対し、12件の求人があるということになります。

    http://www.toushin-1.jp/articles/-/4384

    【求職者必見! 人手が最も足りていない職業ランキングのトップ5 】の続きを読む

    YUUKI150321200I9A4368_TP_V


    1: ノチラ ★ 2018/01/12 13:01:48.05 ID:CAP_USER.net
    <諸外国と比較すると、日本の子育て世代は子を持つ比率の所得格差が大きい。現実問題として子育てが「ぜいたく」になっている社会>

    「結婚・出産なんてぜいたくだ」。藤田孝典氏の名著『貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち』(講談社現代新書)の帯には、こんなフレーズが出てくる。

    いささか過激だが、現実を言い当てている面もあるだろう。正社員になって、結婚して、子どもを産んで、家を建てて......。以前の世代が「当たり前」にたどってきたライフコースは、現在では成立しにくくなっている。若者の貧困化が進むなかで、結婚して子を持つことは、一部の層にしかできない「ぜいたく」になっているのではないか。

    日本では少子化が進んでいるが、この問題は「子を持てる(持てない)のは誰か?」という視点で見なければならない。子育て世代を経済力のレベルでグループ化し、子がいる人の比率を比較すると、身も蓋もない現実が露わになる。

    経済協力開発機構(OECD)の成人学力調査「PIAAC 2012」では、対象者の年収や子の有無が調査されている。日本の30~40代男性を見ると、子がいる人の割合は6割だ。データが分かる25カ国の中では、イタリアに次いで低い。

    この数値は、年収によって大きな差異が生じている。年収が国民全体の下位25%未満、中間、上位25%以上の3つのグループに分けて、子がいる人の比率を計算してみる。<表1>は、国ごとの一覧表だ。アメリカとドイツは年齢をたずねていないので、分析対象に含めていない。
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/2018/01/11/maita180111-chart01.jpg

    日本をみると、下位25%未満の低所得層が32.7%、中間層が48.5%、上位25%以上の高所得層が76.4%と、直線的な傾向になっている。

    他の多くの国でもそうだが、この傾斜が最も急なのは日本だ。それは、高所得層で子のいる比率が低所得層の何倍かという格差倍率(右端の数字)から知ることができる。日本は2.3倍で、他を圧倒している。リトアニアやスロベニアでは、階層格差がほとんどない。スロベニアでは高所得層より低所得層の方が高いくらいだ。国民皆平等の共産主義の名残だろうか。

    日本は、経済力と結婚・出産の関連が最も強い社会、藤田氏が言う「結婚・出産なんてぜいたく」の度合いが最も高い社会のようだ。

    さらに、日本の低所得の中年男性の子がいる比率は32.7%と飛び抜けて低い。これは、2つの要因に分けられるだろう。(1)低収入で結婚ができない、(2)子育てにカネがかかるので出産に踏み切れない、というものだ。

    (1)は、女性が結婚相手の男性に高収入を求めることも背景にあるが、女性は結婚したり子育てしたりすると稼げなくなるので、そうならざるを得ないのが現実だ。<図1>は、正社員の既婚者・未婚者の年収カーブを男女で分けて見たものだ。
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/2018/01/11/maita180111-chart02.jpg

    男性では未婚者より既婚者が高いが、女性は逆になっている。未婚者のカーブは男女でほぼ同じだが、既婚者では差が大きい。結婚がキャリアに及ぼすインパクトは、男女で全く正反対に作用していることが分かる。

    男女の収入格差の是正や、保育所の増設など、女性の社会進出を促す条件を整える対策が必要とされている。

    (2)については言わずもがなだ。日本の教育費は非常に高く、通常のコースでも、子を大学まで出すのに1000万円以上の費用がかかる。子を持てるかどうかが、経済力とリンクするのは当然だ。

    「結婚・出産なんてぜいたく」。こういう社会は、いかにもおかしい。「貧乏人の子だくさん」という言葉があったように、日本も戦後初期の頃まではそうではなかった。自営業や家族従業が多く、子は労働力と位置付けられ、今とは違い高校・大学進学率も低く、教育費もかからなかった。

    生活環境が変化した現在では、当然のように国の支援が必要となる。教育の無償化は、子育て世帯の教育費(支出)の軽減策だが、その一方で子育て世帯の収入を増やす施策も欠かせない。児童手当のような支給型に加え、夫婦二馬力で稼げるようにする政策だ。

    その一つが保育所の増設(保育士の待遇改善)だが、昨年末に公表された「新しい経済政策パッケージ」を見ると、この部分は蔑ろにされている。保育士の月収を3000円程度上げるだけでは、「焼け石に水」でしかない。
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/01/post-9286_1.php

    【今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?】の続きを読む

    PAK141221020I9A5047_TP_V


    1: ノチラ ★ 2018/01/14 01:19:40.25 ID:CAP_USER.net
    大学入試センター試験が13日始まり、本格的な受験シーズンが幕を開けた。ここ数年、理系学部に比べて文系の人気が高まる「文高理低」の傾向が続いており、特に経済、経営など社会科学系の人気が高い。景気回復で学生の就職状況が改善していることなどが要因とみられるが、大学側が文系学部の入学定員を増やす動きは鈍く、競争率が高まりそうだ。

     13日朝、東京都文京区の東京大本郷キャンパスでは多くの受験生が午前8時の開…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25659150T10C18A1CC0000/

    【文系人気 一段と 景気回復で就職楽観?】の続きを読む

    このページのトップヘ