リーマンの転職ちゃんねる

就職・転職に関わるお役立ち情報や、サラリーマン生活における職場・待遇・人間模様、企業情報等に特化した2ちゃんまとめサイトです。働く皆さんの役に立つ情報をお届けします!

    2017年06月

    MAX87_burankodekodoku20140531_TP_V
    1: 名無しさん@引く手あまた 2012/12/01 01:28:01.60 ID:SFZ3kxLy0.net
    早期退職やら再就職支援とか
    様々な情報ありましたら
    書き込んで下され。
    リクルート、パソナのサービス受けている方からの話も希望します
    【【転職先】シャープ社員の再就職、転職サロン【ある?】】の続きを読む

    ZOM93_nekutaidanshi20140503_TP_V
    1: ののの ★ 2017/05/31 14:03:36.07 ID:CAP_USER.net
    http://style.nikkei.com/article/DGXMZO16216550R10C17A5000000?channel=DF060420172333

    ファッションコンサルタント / 評論家 黒部和夫
    2017/5/31

    https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2Fcontent%2Fpic%2F20170531%2F96958A9F889DE3E4E0E3E4E7E7E2E3E3E2E7E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXZZO1621657011052017000000-PB1-40.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&ixlib=php-1.1.0&w=630&s=1b9a4ba30dd82895c153c5657bcd1ded
    イタリアファッション界の著名人、リーノ・イエルッツィさん(左)と筆者
     人の第一印象は最初の5秒程度で決まると言われています。この短い瞬間にできることといえば、(1)口角を上げた笑顔、(2)元気な挨拶、(3)身に着けている服装、くらいでしょう。

     またアメリカの心理学者、アルバート・メラビアン氏の研究によると、人の印象が影響を受ける比率は、(1)視覚情報(外見、表情)55%、(2)聴覚情報(話し方、声の大きさ)38%、(3)言語情報(話しの内容)7%――という結果でした。実際の話しの中身ではなく、外見やしゃべり方が9割以上の影響を与えているのです。まさに「人は見かけによる」といえるでしょう。

     私がアパレル会社に勤めていた当時、出張先のアメリカでのぞいた書店では、すでに1980年代から、ビジネスで成功するためのハウツー本が多く店頭に並んでいました。仕事のできるビジネスエリートやキャリアウーマンは当然、戦略的に服装に気を配るべきである――という意識が当時から非常に高かったのです。日本の書店でも近年、「外見力」「パーソナルスタイリング」というテーマの本が目につくようになりました。

     パーソナルスタイリングサービスも相次いで登場しています。これはファッションの購入時にスタイリストが同行して個々にアドバイスする新しいビジネスです。ヘアスタイルやグルーミングもトータルに見てくれるものや、自宅のワードローブチェックをしてくれるものなど、非常に進化をしています。東京・銀座に4月20日開業して話題を呼んでいる商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」にある上顧客のためのプレミアムラウンジ「LOUNGE SIX」でも、パーソナルスタイリングのサービスを提供しています。

    https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2Fcontent%2Fpic%2F20170531%2F96958A9F889DE3E4E0E3E4E7E7E2E3E3E2E7E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXZZO1621658011052017000000-PN1-40.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&ixlib=php-1.1.0&w=378&s=47ea89ba11e23cfceec3834b580e2c8d
    筆者も愛用するラボ・シリーズの男性用スキンケア用品
     男性用スキンケアでも「LAB SERIES(ラボ シリーズ)」の「マックスLS Vセラム」のように高額でも肌にハリを与える効果をうたう美容液が注目されています。女性に比べて男性の皮膚は厚く皮脂も多いのが特徴で、男性に特化した商品開発が進んでいるのです。

     「外見力」とは文字通り、見かけや服装の印象を向上させる力のことをいいます。企業間大競争時代を迎え、社員の営業力向上のために「外見力」の研修や社内セミナーの開催も増えています。国際的な仕事の舞台でも有力な「ノンバーバル(非言語)コミュニケーション」として重要性を増しています。顧客様の好感 → 共感 → 信頼 →リピート に結び付けるスパイラルは、あらゆる企業に共通する目標なのです。

    ■「外見力」を高めれば、楽しい人生が待っている

     また異性にも好感を持たれた方が人生を楽しめるのは当然のことでしょう。イタリアの男性はこの点で徹底していると思います。仕事でもプライベートでも「外見力」の向上はライバルに勝つ強力な味方になってくれるのです。

     ではどのようにすれば「外見力」は向上するのでしょうか?

     難しくはないのですが、いくつかの知識やスキルを身に付ける必要があります。

     まず手っ取り早く効果が極めて高いのが正しいサイズのスーツを身に着けることです。ビジネスパーソンにとってスーツは鎧(よろい)であって、本来男性を最も魅力的に見せるアイテムだと私は思います。

    (続きはソースで)
    【【メラビアンの法則】ライバルに勝つ「外見力」を身につけろ!】の続きを読む

    jifgjoerghnfh_TP_V
    1: ノチラ ★ 2017/05/13 11:45:39.08 ID:CAP_USER.net
    上司の誘いを断ると、人事評価や昇進・昇格に影響するのか。医療機器メーカーの人事部長は「もう出世に影響を与えることはない」と話すが、大手銀行の人事担当者は「飲み会参加は鉄則」と語る――。

    医療機器メーカーの人事部長はこう語る。

    「かつては上司に誘われれば忠犬のようにつきあうことで上司の覚えがめでたくなり、“情実人事”で課長になる人もいました。でも今ではライン課長になれるのは3割、しかも仕事の成果を出さなければ無理です。飲みにつきあって心証をよくしても出世できる時代ではない。また、最近は女性社員を含めて子育てなどで終業後の時間が制約される社員も増えていますし、参加する、しないで評価が出世に影響を与えることはなくなっています」

    よって現在は飲み会を断っても特に問題はないという雰囲気があるようだが、社風や業種、所属部門などが変われば、飲み会の重要性が増すケースもある。

    ▼「部下の人事評価は、当然、酒席での観察を含む」
    ある大手銀行の人事担当者は、部署での飲み会参加は「鉄則だ」と語る。

    「部・課長から誘われたらよほどの事情がない限り、昔も今も参加は必須です。参加しないと部長から『彼はどうしたのかね』と必ず聞かれますし、一種の“おつとめ”みたいなものです。日頃部下と話す機会のない上役にとっては情報収集の場でもあり、酒の席での話題には目を光らせています。部下の発言や態度はけっこうチェックしていますし、人事評価には業績評価以外に行動評価がありますが、酒席での観察も入っているのは間違いないでしょう」

    世間では飲み会への参加強要はパワーハラスメントではないかとの意見もあるが、大手銀行では「飲み会=仕事」というのが暗黙の了解のようだ。

    そつがなくバランス感覚の優れた人が昇進する銀行では減点評価が主流。ふだんの仕事内容は当然のことながら、酒席も一切気を抜けない。無論、飲み会拒否はマイナス評価でしかないのだ。
    http://president.jp/articles/-/22052
    【飲み会拒否は出世に影響するか?酒席で部下の人事を話す上司】の続きを読む

    NSfreee151108078895_TP_V


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25 05:16:41.637 ID:???
    怖くてっていうかめんどくさくて
    【ニート「働き先さえあれば働くのに!」←これ真理だよな “面接”が怖いから前に進めないだけでやる気はある】の続きを読む



    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/08 08:28:41.184 ID:0oSZ4cVg0.net
    http://imgur.com/HwgTFb2.jpg http://imgur.com/1K2My20.jpg
    【やる気満々?隣の営業車の中がおかしいwwwwwwwww】の続きを読む

    PAK12_10naname_TP_V
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/16 23:25:12 ID:f4G
    最近は過剰なサービスのせいで客が調子乗りすぎやし、それで精神を病んでしまう人が増えすぎや
    【【競争】過剰な顧客サービスを辞めろ!その人件費を賃金に回せ!】の続きを読む

    TSUCH160130520I9A6560_TP_V


    1: ののの ★ 2017/05/15 12:15:12.11 ID:CAP_USER.net
    有名大学を出て大手企業に就職し、管理職候補として期待される女性たちが、泣きながら働いている。
    「できないというのはイヤだった。できるかもしれない、と思いたかった」

    2017/05/15 06:01 Akiko Kobayashi  小林明子 BuzzFeed News Editor, Japan

    ひとり自宅にこもり、会社にあてて、遺書を書いた。
    「会社は何も悪くありません」
    大手マスコミに勤めるAさん(25)は当時の心境を、こう振り返る。
    「自分は正しいのに会社が悪いと思っていたら、転職できるはずなんです。でも、逆の気持ちでした。
    他の人ならきっとうまくやるのに、私に欠陥があってダメになったんだから、こんな私はどの会社に行ってもダメだ。そう思っていました」
    こんなはずじゃなかった
    私立の中高一貫校から、有名私立大学に進学。高校の時からの夢だったメディアの仕事に就くことができた。
    入社前から人脈を広げ、さまざまなツールを使えるように訓練し、努力してきたつもりだった。
    「おこがましいのですが、入社した時、同期の中では一番、私が仕事できるはずだ!と思っていました。それが......」
    配属された部署では、それらの努力や能力は「価値がない」「生意気」と見なされた
    。時代遅れのアナログ文化。PCで作った資料は、手書きで作り直しさせられた。

    https://img.buzzfeed.com/buzzfeed-static/static/2017-05/12/4/asset/buzzfeed-prod-fastlane-03/sub-buzz-22572-1494578017-3.jpg?downsize=715:*&output-format=auto&output-quality=auto
    Aさんは資料をすべて手書きで作り、会議で人数分コピーして配っていた。

    眠らないよう「瞑想」する
    午前9時から日付が変わるまで働くのが当たり前。撮影がある日は、午前2時にいったん帰宅してシャワーを浴びると、
    眠りこんでしまわないように「瞑想」だけし、午前4時に自宅を出て撮影に向かう。その足で午前9時に会社に直行した。
    「新人は苦労してなんぼ、という考え方がはびこっていました。雑用も多く、上司の飲み物の好みを覚えたり、
    安くておいしい弁当を手配したりすることだけはうまくなりました」
    マイペースそうだった同期の男性がうまくやっていたり、ベンチャーに就職した同級生がさっそく責任ある仕事を任せられたりしているのを見ると、焦りが募った。
    「私だけが活躍できていない」
    朝、起きられなくなった。疲れるとすぐ頭痛がした。それでも、休めなかった。休みたくなかった。だって、みんなはつぶれていないから。
    会社案内に載せる「社員から就活生へのメッセージ」を書いていたとき、手が止まって一文字も書けなくなった。入りたくてたまらなかった会社なのに、人に薦めることができない。泣きながら人事部に電話し、初めて休職について相談した。「突然、会社に行けなくなると周りに迷惑をかけてしまうと申し訳ない」と思っていた。
    「親には言えませんでした。中学受験でそこそこいいところに行かせてもらったから、『いい大学、いい会社に入ったうちの子ってエリート、
    私の子育ては間違っていなかった』ってきっと思ってる。私がこけると、親は自分の人生を否定してしまうなって」
    Aさんは悩んでいたとき、あるTwitterの投稿を自分と重ねて見ていた。仕事の負荷や長時間労働、上司の心ない発言が綴られていた。
    2015年12月に過労自殺をした高橋まつりさん(当時24歳)の投稿だった。高橋さんは東京大学卒、大手広告代理店・電通に入社して1年目だった。
    立ち止まったことがない
    メーカーの営業職だったころ適応障害で休職した経験がある別の女性Bさん(28)は言う。
    「休職して、人生で初めて立ち止まることができたと思えたんです。中学受験からずっと勉強をしてきて、一度も休んだ感覚がなかったから」
    「当時は、本気で仕事をするなら恋愛なんてしていられない、と彼氏をつくることさえ自分に禁じていました。そしてプツッと糸が切れたようになりました」
    有名大学を卒業し、大手企業に就職して、管理職候補として有望視される、いわゆる「ハイスペック」な女性たちがなぜ、これほどまでに追い詰められてしまうのか。…

    https://www.buzzfeed.com/akikokobayashi/ganbarisuginaide
    【死ぬまで頑張らなくていい!産業医が語る「あの政策」の裏側】の続きを読む

    N745_odoroitagoyousunodansei_TP_V


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/28 00:24:17.20 ID:QtYmpQRo0.net
    社内システムに不具合あってもわかりません
    発注した業者に確認してみます

    お前何のためにいるんや(呆れ)
    【【ホワイト】社内SEとかいうガチの給料泥棒wwww【まったり】】の続きを読む

    このページのトップヘ